気がつけばもう2月。1月後半に突然発症した病も完治して、元気にジムでフリーウエイトやランニング三昧。週2の禁酒も恒例になってきた2017年。

2月1日(Fender Collection 2)

午前中からパスポート更新のため池袋サンシャインシティの東京都パスポートセンターまで。横で撮影したの写真が2枚で2300円というのに驚いた。来週交付予定。そのままジムへ。筋肉痛だが軽めにウエイトトレーニングとマーシャルアーツ。

午後から池袋事務所にてレッスン。個人レッスンと通信レッスン@メール&Skype。

ギターレコーディングはFender Collection2でサウンドメイキングを解説。クランチとオーバードライブ。オケ中で立つギターサウンドのセッティングを解説。このFender Collection2は、アンプタイプ7種類。ヴィンテージ・ツィード・アンプ5タイプ(’57 Custom Twin-Amp、’57 Custom Pro-Amp、’57 Custom Deluxe、’57 Custom Champ、’57 Bandmaster)と’53 Bassmanオリジナル・モデル、’65 Super Reverb。個人的にTwin Ampと Bandmasterがお気に入りだ。

2月2日(iRig HD 2の試奏記事)

筋肉痛で動けない朝。昨日の筋トレがキツかったから胸、腕、肩など上半身がボロボロ。

午前中から役所にて申請していたマイナンバーカードを受け取りに行く。昨年、国際免許をとったときに撮った写真が1枚余っていたので、申し込んだもの。ようやく準備ができましたとのことで、役所へ。コンビニで各種証明書がとれるのがメリットのようだ。

その後、池袋事務所にてレッスン。今日はホーンとストリングスアレンジで4時間ほど。

IK MULTIMEDIAさんのFacebookとTwitterにて、iRig HD 2の試奏記事について紹介されています。Mac Book(12inch)とiRig HD 2。USB-Cでの接続で試奏しました。

2月3日(MAN WITH A MISSIONのシングル)

節分。2月に入ってから右足首に痛みがあり、数日サポーターと湿布がかかせない。この前は左足首だったが、ここ最近ケガが多くなってきているので注意。午前中からジムで入念なストレッチのあとTRXとバイクとランのカーディオメインの軽めのトレーニング。

午後は個人レッスンと通信レッスン。ところで現在レッスン生の依頼でチェックしているのがMAN WITH A MISSIONのニューシングル『Dead End in Tokyo』。綾野剛主演映画『新宿スワンII』の主題歌。米ロックバンド「フォール・アウト・ボーイ」のボーカル、パトリック・スタンプをプロデューサーに迎えて制作された楽曲。
MAN WITH A MISSIONはすべてチェックしているので音は分かるのだが、今回のシングルのギターサウンドメイクについて解説する予定。

2月4日(MODO BASS)

右足首の痛みが残る朝。朝からジムでTRXとバイクとスイム。ようやくプール復活。でもランはできそうにないので、久々のバイアスロントレーニングだが、泳ぎはリハビリ程度。あまりにも疲れたため寝てしまうほど。夜は新年会の鍋パーティーで友人宅へ。
先月からオケ作りなどで使っているベース音源のMODO BASS。とにかく音がよくて、サンプラーとは違って軽いのがうれしいところ。あとはパームミュートやノイズなど実際にベースを弾いたことがある人ならわかるタッチ感が表現できるので、今やベース音源といえばこれを使っている。

2月5日(10年前のイーグルスのラストアルバム)

昨日は友人宅で日本酒を飲み過ぎてすっかり寝てしまった。気がつくと5時。むくっと起きて、タクシーに乗らずに40分も歩いて帰宅。寒さの中、お酒は抜けていったようが気がした。家で寝てから12時に起きると、二日酔いがひどい。ずっと横になったまま食事もとれず、VAAMで脱水症状予防しながら、ただただ休む…そんな人生の休日。もちろん禁酒の日だ。さて、今週の個人レッスンでギターサウンドメイクとプレイでのアナライズをしたのは今から10年前のアルバム、イーグルスの『Long Road Out of Eden』。28 年ぶりのフルスタジオアルバムとなった作品であり、結果、イーグルスのラストアルバムとなった作品。『The Long Run』以来28年振りに発表され大きな話題になった、2枚組大作にしてグレン・フライが参加した最終作。全米・全英で1位を獲得し、全世界で1000万枚以上のセールスを記録した作品です。このWEBでも近々紹介いたします。

2月6日(ZOOM UAC-2試奏記事アップ)

朝5時起き。朝風呂に入ってVAAMを飲みながら汗を流す。丸一日食事をしていなかったので、最初はプロテインから。7時からWEB関連のアップをいくつか。
今日アップしたのは、USB3.0のオーディオインターフェイスのZOOM UAC-2。2015年から使っているインターフェイス。し、「iCloud」にアップデートしてiOSデバイス上のGarage Bandに取り込める。その後、さらにトラックを追加し(「iPhone」や「iPad」を使ってスタジオ以外で録音した音など)、プロジェクトに統合してから、MacパソコンのLogic Pro Xに戻すことが可能になった。

2月7日(iOSバージョンのGarage Band ver.2.2)

午前中にWEB関連アップ、DIARYとレッスンでのテキストとして使ったオススメCDをアップ。昼からジムでウエイト→ラン→TRX→ランと、2時間のいつものトレーニング。午後から通信レッスン(メール&Skype)。DAWでの打ち込みやギター/ボーカルレコーディング、ラフミックスまでの解説。

先月、NAMM 2017の時期にあわせて、Logic Pro XとGarageBandがアップデート。ということで、iPhone7Plusで使用している、iOSのGarageBandが2.2のアップデート。

 Logic X 10.2 で搭載されたシンセサイザー Alchemy が Touch Instrument として登場。Alchemyには、EDM/Hip-Hop/インディー/ロック/ポップなどさまざまなジャンルに合うよう、Appleがデザインした150以上のサウンドパッチが用意。さらに録音機能も強化され、複数回録音後にそれぞれのテイクを再生して気に入ったテイクに切り換えられる「マルチテイク録音」に対応。Audio Recorderも再設計され、ワンタップで適用できるボーカルエフェクト、ピッチ補正、ディストーション、ディレイなどのスタジオエフェクトを備える。ミックス部分では、Visual EQを含むオーディオプロセッシングツールの新コレクションや、サードパーティ製のAudio Unitプラグインエフェクトに対応した。以下、WEBより。

・演奏や録音に使える新しいAlchemy Touch Instrument。150種類を超えるシンセサイザーパッチが用意されています*
・サウンドブラウザのデザインを一新。Touch Instrumentやパッチをすばやく見つけることができます
・新しいAudio Recorderで音声や楽器のサウンドを取り込み、ピッチ補正、ディストーション、ディレイなどのスタジオクラスのエフェクトを適用できます
・Visual EQ、Bitcrusher、Overdriveなどの新しいミキシングエフェクトが使えます
・Audio Unit機能拡張を使って他社製のエフェクトを追加できます**
・マルチテイク録音を使って任意のソングセクションに複数回録音し、気に入ったものを選ぶことができます
・お好きな鍵盤楽器からコードストリップを演奏できます
・内蔵ノートパッドで、コメントや歌詞のアイデアを曲に追加できます
・iPhoneまたはiPadからiCloudを経由して、Logic Pro Xプロジェクトに新規トラックをリモートで追加できます

2月8日(AppleのLogic Pro X ver.10.3)

午前中からジムで週一のトレーニング。4時間。午後から個人レッスンとアーティストレッスン。今回はMac Book ProとLogic Pro Xを使って。今日は禁酒。帯状疱疹が出てから、休肝日を週2とっている。 

昨日のGarageBandと同じく、先月のNAMM 2017にあわせて、米Appleは1月18日、iOS用DAW「GarageBand 2.2 for iOS」、Mac OS用DAW「Logic Pro X 10.3」を公開した。以下、WEBより。

Logic Pro X 10.3では、新MacBook Proが搭載する「Touch Bar」に対応。

Touch Bar以外の新機能としては、iOS端末からLogicのセッションへ新規トラックを追加可能となった。共有オプションからLogicのプロジェクトをGarageBandと互換性のあるバージョンとしてiCloudにアップロードしておくことで、iOSデバイスで開いて作業が可能となり、アイディアがひらめいた時にいつでも新規トラックを追加できる。プロジェクトはiCloudに再度保存しておけば、Macで元のLogicのプロジェクトを開いた際にiOSデバイスで加えた変更が自動的に反映される。

そのほか、任意のトラックにあるリージョンや編集部分を組み合わせて複数のプレイリストを作成し、それらを切り換えることができる「代替トラック(オルタナティブトラック)」機能が搭載され、アイディアを試したりいくつかのバージョンを評価したりすることが容易となった。

Logic内蔵またはサードパーティ製プラグインエフェクトを自由に組み合わせ、選択した単一または複数のオーディオリージョンに適用できる「選択ベース処理」機能も追加されている。

またサミングエンジンが64-bitとなり、192の追加バスと、本格的なステレオパン機能を備え、ステレオ信号の個別制御が可能となった。

2月9日(IK MULTIMEDIAのiRig Nano Amp)

先日試奏した超小型ギターアンプのIKマルチメディアのiRig Nano Ampの記事を私のWEBにアップしました。

さらに本日発売のSOUND DESIGNER誌にも試奏記事が掲載されています。
以下、WEBより。

iRig Nano Ampは、バッテリ駆動の超小型マイクロ・ギター・アンプです。ヘッドフォン出力端子も装備しており、ヘッドフォンを使った深夜の練習にも便利です。スピーカー出力端子に外部スピーカー・キャビネットを接続し、最大4×12インチまでのキャビネットを駆動することも可能です。さらに、iRig Nano Ampが、他のどのマイクロ・アンプよりも汎用性が高い製品と言えるのは、iOS対応のiRigアナログ・インターフェイス機能を備えているからです。付属のTRRSケーブルでiPhoneやiPadを接続し、AmpliTubeアプリで自由度の高いギター・サウンドをお楽しみいただけます。

2月10日(IK MULTIMEDIA)

金曜日。午前中からジムで軽めのトレーニング。

午後から、池袋事務所にて新たなプロジェクトの音楽制作を始める。

夕方から渋谷のスタジオへ。アーティストレッスン後、時間が1時間空いたので、献血。渋谷ハチ公前献血ルームへ。

終わって渋谷のCDショップへ。コアラモード.のイベントを見に行く。

ところで、IKマルチメディアのFacebookとTwitterでレビューの告知がされました。

2月11日(スキマスイッチ『re:Action』とコアラモード.『COALAMODE.』)

祝日。体が疲れているようで、ジムは休む。

午前中から池袋事務所にて、個人&通信レッスン用のテキスト作り。午後はスタジオでオケ録り。

スキマスイッチとコアラモード.のアルバムが届く。既に聴いている楽曲ですが、改めてCDで再生。

スキマスイッチは、奥田民生、小田和正、KAN、GRAPEVINE、澤野弘之、SPECIAL OTHERS、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、TRICERATOPS、フラワーカンパニーズ、BENNY SINGS、真心ブラザーズ、RHYMESTER、彼らが敬愛する全12組のアーティストをプロデューサーに迎え制作された、リアレンジ・リプロデュースアルバム。SOUND DESIGNER誌でインタビュー記事が掲載されているので、詳しくはそちらを見ていただければと思います。
コアラモード.は、2015年フジテレビ“ノイタミナ”アニメ「四月は君の嘘」後期オープニング・テーマ『七色シンフォニー』でメジャーデビュー。2015年ハウスカレー食品TVCMソング『Dan Dan Dan』やtvk「saku saku」2016年10月度エンディング・テーマ『雨のち晴れのちスマイリー』、2016年12月-2017年1月「NHKみんなのうた」『ママのママのママのママ』などなど盛りだくさんの内容。思えば、『Dan Dan Dan』でクリエイティブ・ナビゲーターに常田真太郎(from スキマスイッチ)を迎えたちょうどこのころからあんにゅちゃんにギターを教えることになったのですが、そのスキマもデビューからずっと見ているわけで、なんとも不思議な感覚です

2月12日(Review)

日曜日。午前中だけ仕事してから築地へ散歩。立ち寄った店で卵焼きと本鮪の握りと鰻、生うに。そのまま歩いて勝どき、月島へ。歩き疲れて東池袋で15時半からレモンサワーとホルモン。スペインバルにてチキンやアヒージョやピッツア。18時に店を出てまたむた歩いて帰宅。

今日書いたレビュー原稿はACIDMANのシングルとシナリオアートのアルバム。

シナリオアート、初めて聴きましたがすごい才能に驚き。これから注目していきたい男女ツインボーカルの3ピースバンドです。

2月13日(iZotope Neutron)

朝から新宿のジムでウエイトトレーニングとラン。

昼に錦糸町のプライベートスタジオでギタリストの青木征洋さんにレコーディングに関してのインタビュー。

夕方、池袋事務所にてギターレコーディング用のオケ作り。夜は東京へ。久しぶりの日本酒からの白ワイン。

こちらもヒゲドライバーさんに教えてもらったミキシングの革命的なプラグインNeutron。今日の青木さんでもダイナミックEQで使われていました。

Neutronは、EQ/コンプレッサー/トランジェントシェイパーなど高品質なエフェクトが搭載されたチャンネルストリップで、その最大の特徴は、トラックに合わせて最適なプラグイン設定を自動で行ってくれる「トラックアシスタント機能」。


主な特徴
・イコライザー、2つのコンプレッサー 、エキサイター、トランジェントシェイパー、リミッターを備えた複合型ミキシングツール
・楽器やトラックに応じた250もの豊富なプリセットで音作りが可能
・ボタンを押すだけで自動でトラック解析をして適切な処理をしてくれる「トラックアシスタント」機能搭載
・自動でマスキングを補正してくれる「マスキングメーター」 機能搭載

2月14日(アースクエイカーデヴァイセズ / Disaster Transport SR)

昼からジムでランとTRXとスイムで1時間半のメニュー。

事務所にて打ち合わせと昨日のギターレコーディングに関してのものをまとめ始める。夜はスタジオへ。

ディレイのアースクエイカーデヴァイセズ / Disaster Transport SR。先日、MUCCのミヤくんがいいと言っていたエフェクト。以下、WEBより。


Disaster Transport SRは、ストレートなディレイ、ストレートなリバーブ、リズミックディレイ、モジュレーションディレイ、そしてオールドスクールなテープエコーサウンドはもちろんのこと、さらに数々の名演で聞くことのできる様々なサウンドを、1台のペダルで再現できる、非常にバラエティに富んだ音を作り出すディレイペダルです。
 Disaster Transport SRは、2010年に限定モデルとして作られ、大変な話題となったGhost Disasterの待望の復活モデルであり、さらなるアップデートで進化を遂げたペダルです。
 Ghost Disasterは、EQDが誇るGhost EchoとDisaster Transport Jr.を組み合わせたモデルでしたが、この新しいDisaster Transport SRは、本物のテープエコーが持つローファイで強力な美しい揺らぎを作り出すため、ゼロから設計をやり直して作られました。
 Disaster Transport SRは、一見複雑で音作りが難しく見えるかもしれませんが、実は非常にシンプルで簡単に音色の調整が行えるペダルです。Disaster Transport SRには2つの独立したディレイを搭載しており、上段のノブでディレイAを、下段のノブでディレイBを制御します。ディレイAは600msまでのロングディレイに対応したモジュレーションディレイ、ディレイBは300msまでに対応するシンプルなディレイエフェクトです。ディレイBにはリバーブも搭載しています。
 それぞれのディレイは独立しているため、パラレル、シリーズ、シリーズ/パラレルと、自由自在な使い方に対応します。
また、ディレイAのRepeatsコントロール、そしてディレイAとBの連携を行うBleedコントロールをエクスプレッションペダルで操作することができます。

2月15日(T-RackS CS Opto Compressor)

午前中から〆切の仕事を仕上げ。

昼からジムでボクシングとウエイトとマーシャルアーツ。

午後池袋事務所にて音楽制作のためスタジオで缶詰。


IK マルチメディアからのメール。

T-RackS CS Opto Compressor(を明日まで無償プレゼントとのこと。以下、WEBより。


Opto Compressorは、ハイエンドの光学式コンプレッサーだけが成し得る、自然で極めて音楽的な「振る舞い」を、アナログ・モデリングにより、忠実に再現しています。いわゆる「コンプ臭さ」の無い、とてもマイルドなコンプレッションを行えますから、ヴォーカル・トラックに最適です。もちろん、クリーンで、歪みのないゲイン・リダクションが必要な時、どんなトラック、特にアコースティック楽器のトラックで便利にお使いいただけることでしょう。

2月後半。確定申告もスタートし、取得したマイナンバーカードが活躍。パスポートも更新して、次の更新は2027年。ちょうど10年前にタバコをやめて、今のジムに行き始めた。いろいろな節目である2017年。

2月16日(Fender Collection 2)

午前中にパスポートを受け取りにサンシャインシティへ。これから10年間使うものだ。そのまま池袋のジムへ。筋肉痛もあるので軽めのトレーニング。午後からレッスン。夕方はレコーディングモード。


Fender Collection 2は7種のアンプと7種のスピーカーキャビネットを収録している。’57 Custom Twin-Amp、’57 Custom Pro-Amp、’57 Custom Deluxe、’57 Custom Champ、’57 Bandmasterなど、古典的なヴィンテージ・ツィード・アンプに加えて、’53 Bassmanオリジナル・モデル、そして’65 Super Reverbをベースにしたモデル。コンボアンプ、ツイードアンプの生々しい音、クリーン、クランチ、ドライブサウンドといった変化が楽しめるアンプで気に入っている。7種のスピーカーキャビネットを変えることで音質幅が広くなる。今月のサブテキストとして解説いたしましたが、また来月キャビネット関連はサブテキストとして解説いたします。

2x12 ’57 Custom Twin-Amp
1x15 ’57 Custom Pro-Amp
1x12 ’57 Custom Deluxe
1x8 ’57 Custom Champ
3x10 ’57 Bandmaster
1x15 ’53 Bassman
4x10 ’65 Super Reverb

2月17日(エレクトロハーモニックス MEL9 Tape Replay Machine)

昼間は19°にもなる陽気で、風も強く、どうやら春一番が吹くようだ。

午前中からミックス作業。

一通り落ち着いたので、ジムへ。今日はカーディオメイン、バイク、ボクシング、ランニングという1時間半のメニュー。

夕方からレッスン生のオリジナル曲ミックス。SONAR PLATINUMを使ってのミックス作業。生徒さんが作ってきたラフミックをチェックして、EQやコンプのインサートエフェクトの説明、オートメーションなどを3時間。夜もスタジオワークで缶詰。今日は禁酒Day。

エレクトロハーモニックス MEL9 Tape Replay Machine。メロトロンの音が出せる人気のエフェクト。今月のサブテキストとして解説いたしました。

2月18日(Lehle Sunday Driver XLR)

土曜日。午前中からジムでスイム。レッスンコースではトライアスロンのためのレッスンが行われていて10名ぐらい参加していた。興味がとてもある。昼からSPYAIRのUZくんのプライベートスタジオへ。新譜のシングルの話とギターレコーディングについての話を1時間半たっぷりと。UZくんのスタジオへ来たのは2年ぶり。今回も変わらず、ライン録音に使用していたプリアンプ、リールのSunday Driver XLR。これに関しては個人レッスン生に来月のサブテキストで解説いたしますね。

2月19日(’57 Bandmaster@Fender Collection 2 for AmpliTube)

日曜日。今日は朝からスタジオでミックス作業。ジムも行けずにもろもろの〆切作業で缶詰。17時からのコアラモード.のインスア@池袋サンシャインアルパ新星堂。

FenderCollection2も最後の紹介となるモデル。’57 Bandmaster 26w、3×8”

ハンドワイヤードの真空管回路のヴィンテージなブルーズ・サウンドを再現しています。
豊かな表情を持つこのアンプのサウンドは、その比類無き存在感で空間を満たしてくれることでしょう。
暖かく豊かな倍音をともなったクリーン・サウンドから繊細ながらも圧倒的なドライブ・サウンドまで、あなたのギター・プレイをさらにひきたててくれることでしょう。

2月20日(Dada Life Sausage Fattener)

朝から仕事で缶詰。今日は原稿書き。8時間やって、疲れ果てたのでリフレッシュにジムでウエイトとバイクの1時間半。

 

先日の
ヒゲドライバーさんのスタジオで教えてもらったプラグイン。Dada LifeのSausage Fattener。「Sausage Fattener」は、クラブ系の極太トラックを作るために開発されたマスタリング系のプラグイン。今月のサブテキストとして解説いたしました。

2月21日(NICKY ROMERO “KICKSTART”)

今日も朝から原稿〆切。キリのいいところでジムへリフレッシュ。今日はランとTRXとスイムで1時間半。午後からレッスンで池袋事務所へ。夜はスタジオレッスン。

先月教えてもらったサイドチェインコンプが簡単にできるプラグイン、NICKY ROMERO KICKSTART。これに関しては個人レッスン生に今月のサブテキストで解説いたしました。

2月22日(タスカムUH-7000)

朝から早起きして原稿書き。今日は〆切がたくさんある。リフレッシュのため午後からジムでウエイトとカーディオで2時間のトレーニング。

本日、WEBにてプリアンプ&オーディオインターフェイスのタスカムUH-7000の試奏レビューをアップいたしました。

こちら、私がディスクトップのWindowsマシンでメインに使っているものです。とにかく音がいいんです。最初使ったとき驚きましたから。ギター録音では、ギターからDIを通してUH-7000へ接続している。とにかくプリアンプとして優秀で音がいい。さらにAD/DAコンバーターもいいのでiTunesの再生でも音の太さなどよくてとても気に入っているモデルだ。

2月23日(SoundtoysサウンドトイズのDevil-Loc)

ようやくひと段落ついた木曜日。朝から確定申告の作業に入る。年1のことなのでいろいろ忘れていたことを思い出す日でもある。とはいえ20歳から毎年恒例作業なので、さすがに慣れてはいる。今年はついにマイナンバーも記入で、カードコピーを添付もするようで、先日作ったカードのありがたみをここで知る。まずは電卓片手にアナログ作業。からのパソコンでのデジタル作業。17時閉館の豊島税務署へギリギリ提出。そのまま池袋のジムでプールでスイムとサウナと。

コンプレッサーのSoundtoysのDevil-Loc。ガッツのある音やダーティな音、歪んだ音などを容易に出せるプラグイン。


パラメーター
Crush:ゲイン・リダクション・ステージに送る信号の量を調整します。値が大きいほどコンプレッションが強くかかり、サチュレーション成分が大きくなります。
Crunch:ゲイン・リダクション後の出力ゲインを調整します。値が大きいほどアウトプット・アンプによる歪み成分が大きくなります。
Darkness:アウトプット・アンプで歪んだ信号にかかるローパス・フィルターのカットオフ周波数を調整します。
Release:リリース・タイムは入力音量に対応して変化しますが、Slow選択時は約1.7 ~ 22秒、Fast選択時は約0.85 ~ 11秒の間で動作します。

2月24日(AOM Invisible Limiter)

午前中にWEB関連。2017年度の個人レッスン&通信レッスンに関してスタッフと打ち合わせ。受講しやすくするための若干のリニューアルを予定。昼から打ち合わせで事務所へ。仕事の合間にジムでカーディオトレーニングで1時間半。バイクとボクシングとランをメインの有酸素。午後から打ち合わせでバタバタ。今日は禁酒Day。週2回の休肝日も恒例となった。

AOM Invisible Limiterは、サウンドを損なうことないリミッターで多くのクリエイターが愛用している製品。いわゆるマスタリング用のリミッター、マキシマイザーだ。これに関しては個人レッスン生に今月のサブテキストで解説いたしました。

2月25日(六代目百合)

暖かい朝。午前中からジムでウエイト、TRX、バイクのトレーニング。午後から池袋の東武百貨店へ。大鹿児島展へ。年1回、塩田酒造が来るので、毎回恒例で六代目百合を購入。今年も25度と35度を1本ずつ。夕方からレッスン関連の作業。今日も連チャンの禁酒Dayだ。

2月26日(GO! GO! GO! GUITAR 4月号)

日曜日。午前中から栃木県佐野へ。午前中にアウトレット。昼は佐野ラーメン。初めて入る亀嘉は麺が驚くほど細かったし、スープも今までの佐野ラーメンとはまた違う印象だった。午後からお見舞いのため病院へ。夜は池袋のイタリアンでシャンパンや白ワイン。明日発売のGO! GO! GUITARの見本誌が届く。今回初心者におすすめの1台としてエフェクターを1台ピックアップする企画を依頼されて執筆したもの。BOSSのBD-2Wをおすすめしました。

2月27日(アクミオーディオのMotown D.I. WB-3)

起きられないくらい体がだるい朝。調子が悪いので2度寝。1時間寝ただけでだいぶ体調も復活。午前中にWEB関連。午後はスタジオレッスンがあるため新宿へ。途中に東新宿のジム。帰りの池袋のジムへも。

アクミオーディオのMotown D.I. WB-3。ムックのミヤくんが使っ。たといっていたDI。以下、WEBより抜粋。


1960〜70年代のモータウン・ミュージックのレコーディングで使われなかったことが無いと言っても過言ではない著名なダイレクト・ボックスにインスピレーションを受けて、ACME AUDIOの”Motown D.I. WB-3”は誕生しました。オリジナルのD.I.で用いられたトランスフォーマーを忠実に再現し、1960年代と変わらない当時の音色を蘇らせています。このオリジナルサウンドの核となるトランスフォーマーを製造していた当時の技術者を探し求め、35年の時を経てモータウンのサウンドを復活させるべくAcme Audioは歩みを進めてきました。
そして完成したMotown D.I. WB-3にはオリジナルD.I.と同等のコンポーネントが用いられ、全く変わらないサウンド・キャラクターとスペックを持ち、他のダイレクト・ボックスにはないピュアな音像を特徴としています。Motown D.I.の製造はモータウンの発祥の地デトロイトで行っています。

2月28日(1月から2月のお酒)

どうやら先日の病院で風邪をもらったらしい…。なので,今日は安静にするためジムも休み、WEB作業。先月忘れていたので、1月2月の飲んだお酒達です。


  PHOTOGRAPH >>>