4月です。新年度です。2017年度のレッスン生のみなさん、どうぞよろしくお願いします。音楽とお酒とジムの話がメインの日記でしたが、春から秋までは神輿が入ってきたり、先月からのランニングが入ってきたりする、雑多な内容です。気楽によんでいただければと…。4月に入って、ついに外ラン復活。先月は1ヶ月100キロランでしたが、今月から150〜200キロランを目標にしたいと思います。
4月1日(Fender Deluxe for BIAS Amp&AmpliTube)

午前中からジムでトレーニング。本日の私のコンディションとしては、ゆっくり回復させるのがいいらしい。つまり、軽い運動がおすすめだという。といいながらも、運動強度限界を感じながらやらないと気が済まない私は、ウエイトもTRXといった筋トレ系もみっちりと、そしてバイクやランも心拍数を限界ギリギリの90%以上へと追い込んでいく。おかげで、体がクタクタのボロボロ。ランニングに関しては、足に痛みが出てきだしたので、気をつけたい。また走りすぎなどの運動しすぎで痛風にならないように気をつけなければ。今日から外ランがスタートする予定だったが、天気が悪いので自分の中でキャンセル。午前中のトレーニングで疲れてしまったため、もう走るのがキツい。来週は参加したい。

今回レッスンで使ったアンプはフェンダーDeluxe。BIAS AMPとFender Collection 2 for AmpliTubeを使い分ける。
BIAS AmpのTweed Lux(Fender '57 Tweed Deluxe)とFender Collection 2の’57 Custom Deluxe。

4月2日(花見)

筋肉痛の日曜。体が痛くて起き上がらない。運動のしすき、走りすぎだったんだろうと、1人納得の朝。

今日はいつものゴルフ練習もサボり。動くのが辛いほど。

桜が満開とのことで、浅草へ。毎年いく隅田公園の桜だ。まだまだ満開ではなかった。

4月3日(Alchemy from Logic Pro X)

体が重い朝。午前中からジムでカーディオメインのトレーニング。

午後からアーティストレッスンでスタジオへ。サウンドメイキングに関して。夕方は池袋事務所にて個人レッスンでギタリストと、シンガーソングライター、クリエイター達へレッスン。 使った音源はAlchemy。以下、WEBより抜粋。

サンプリングによる操作に対応する究極のシンセサイザーであるAlchemyは、Logic Pro Xで最もパワフルな音源です。3,000以上のサウンドを収めた膨大なライブラリと、探しているものにすばやく的を絞り込めるキーワードブラウザを持っています。パワフルなパフォーマンスコントロールを使えば、あなたが選んだサウンドをどこまでも追求したり、思いのままにプレイすることができます。加算、スペクトル、フォルマント、グラニュラー、バーチャルアナログなどの複数のサウンドジェネレータエンジンを持つAlchemyはモンスター級のシンセサイザーであり、同時にEXS24音源を読み込めるパワフルなサンプラーでもあります。革新的なモーフィング機能や再合成機能によって、画期的な新しい方法でサンプルを操作したり結合することができ、豊富にそろったフィルタ、モジュレーションルート、アルペジオのオプション、エフェクトが可能性を限りなく広げます。

4月4日(Empress Effects Compressor)
午後からジム。今日はゆっくり回復させるコンディションとのこと。ランを中心としたカーディオトレーニングをメインにする。終わって足の裏が痛くなってきた。終わって池袋事務所にてレコーディング。 多くのプロギタリストに使われているEmpress Effectsのcompressor 。以下、WEBより抜粋。

スタジオ・レコーディングの名機 Urei 1176 コンプ/リミッターのサウンドに大きなインスパイアを受けて開発された compressor は、従来の色付けやサウンド変化の大きすぎるペダルタイプのコンプレッサーに比較して、圧倒的に使いやすく、簡単に高いレベルのサウンドメイクを行う事が できます。

4月5日(SONAR PLATINUM)

午前中から通信レッスン。SDAW初心者の生徒さんへONAR PLATINUMの使い方。

ここ数日疲れが取れないような気がする。筋肉痛ではないが、疲労感が残っている。午後からジムへ。昨日に引き続きゆっくり回復させるコンディションとのこと。今日はバイクやマーシャルアーツ、ランといった予定していた高強度のウエイトをやめて、カーディオメインのトレーニングに変更。

4月6日(MIYAVI)
MIYAVIのインタビュー記事がWEBにアップされました。15年を振り返るインタビューです。興味のある方は是非。
4月7日(Fulltone Collection)
Fulltone Collection for AmpliTube 4を購入。Fulltone Collection は、80年代のラック・コーラス、TERC、ソリッド・ステート・テープ・エコーのSSTE、そして最早古典ともなったオーヴァードライヴ / ディストーション・ストンプ・ボックス、OCD、計3機種のギア・モデルで構成。すでに、OCDは以前い購入していたので、個人的にはコーラスとテープエコーが加わった感です。
4月8日(花見とランニングサークル)
土曜日。午後からジムでカーディオトレーニング。高強度の心拍トレーニングををしてから、その後、先週参加できなかったランニングサークルに参加。今日のランニングコースは東新宿から戸山公園〜高田馬場〜神田川までのコース。途中、戸山公園や神田川の桜を見ての心地よいランニング。明日は筋肉痛になりそうだ。
4月9日(GarageBand)
筋肉痛にはなっていなかったのでほっとした朝。昨日しっかりとリカバリーしたのと、痛かった部分に湿布を貼ったおかげでもある。雨の日曜日だが、昼から個人レッスン。Macを初めて購入した人に向けてのレッスン。GarageBandでの録音方法を解説。プリセットも多いし、ミックス作業での細かいことは上位ソフトのLogic Pro Xの方がいいですが、打ち込みやレコーディングということだけなら、GarageBandで十分である。夕方にジムへ。今日のコンディションはしっかり運動できるそうだ。そのためウエイトをきつめとマーシャルアーツ。その後のクールダウンは入念に45分ほどリカバリーする。
4月10日((SOUND DESIGNERとGo! Go! GUITAR)
月曜日。午前中からレッスン用のテキスト作り。午後からアレンジングで3時間ほどスタジオワーク。夕方からジムで入念なウォーミングアップをしてからの1時間ほどジョグと軽めのスイム。
4月11日(Empress Effects ParaEQ)
雨の火曜。午前中からジムでランニングだけ。1時間20分ほど。午後から音楽制作でスタジオワーク。Base Ball Bearの小出さんが使っていたEQが、Empress Effects ParaEQ。 今月号のサウンドデザイナー誌にも書いてあります。以下、WEBより抜粋。

史上最もスィートなギタリストのためのパーフェクトEQ
Empress Effects ParaEQは史上最もスィートなギタリストのためのパーフェクトなパラメトリックEQです。ギターサウンドを一切マスクすることなく的確なイコライジングが可能です。驚かされるのはそのコントロールの多彩さ、Qカーブが各バンド毎に3タイプ切り替えられるため圧倒的に幅広いサウンドメイクが可能です。
オーバーラップした帯域を持つギタリストのためのパーフェクトなパラメトリックEQバンドは幅広い調整を可能にしています。
またEmpress ParaEQはクリーンブースターを搭載しており、ミッドブースターやトレブルブースターとしても使用が可能です。
4月12日(夜のランクラブ)

午前中から北青山のフジパシフィックミュージックのスタジオにてエンジニアの青野光政氏。テーマはUADのプラグイン500シリーズの互換機について。

終わって昼に東新宿のジムでウエイトトレーニングだけやって事務所へ。午後から個人レッスンのテキスト作り。夜はRUN CLUBに初参加。ランニングについての指導を受ける。20時より1時間半ほど西早稲田の方の戸山公園でランニング。トレーニングしてから5kmのランのメニュー。後半雨が降ってきたのとビル風で寒いし、手はかじかんだまんま。結果、9.2km走った。マラソンへ向けての基礎作りである。帰宅したら23時過ぎなので、今日は禁酒にする

4月13日外ラン復活! 12キロ)

今日は午前中から事務所に缶詰。仕事も一段落したので、久しぶりに外ランを復活させる。昨日教えてもらったランニングの方法を試すために山手通り沿いをメインに走る。西武池袋線椎名町駅を過ぎ、東京メトロ大江戸線中井駅を過ぎて、JR東中野駅でUターン。途中、JR目白駅横の学習院大学までいってUターンして、また山手通りからの立教大学を通って池袋までいってのUターンして…、結果12キロ。止まることなく走れたのがこれまでのトレーニングの成果だろう。

4月14日(API500シリーズの実機)

午前中からレッスン用のオケ作りで打ち込み。午後からジムでランニング。今日はトレッドミルで10キロ。クールダウンはプールでウォーキング。先日のエンジニア青野氏からAPI500シリーズについて話を聞いた。こちらは来週まとめなければ…。この写真は青野さん所有の実機。

4月15日(ランニングサークルからのコアラモード.)

天気が良く暖かい土曜日。午前中はメール&Skype、両コースの通信レッスン用のテキスト作り。

午後からジムで心肺機能強化トレーニング後、ランニングサークルで1時間外ラン。神田川の桜を回るコースは見事に散っていた。今日も10キロ以上のランとなった。太ももが痛いがストレッチの時間もなく、風呂入って速攻、霞ヶ関へ。

コアラモード.のライブで東京イイノホールという初めていく場所へ。

4月末からゴールデンウィークに入ります。私はランニングとゴルフと、ライブと神輿という予定。
4月16日(外ランが気持ちいい日曜日)

暖かい日曜日。Tシャツで十分な気候だ。午後から、ユナイトのプライベートスタジオへ。ウチから近いので自転車で向かう。ギタリストのLiNさんと椎名未緒さん。DIYして吸音材を壁一面に貼ったリハスタ兼レコーディングスタジオ。彼らのアルバムはここでレコーディングされているという。

夕方、日が沈みかけたころに外ランへ。あまり時間がないので30分ほどで5キロのランで汗を流す。日頃10キロ走っているせいもあって、散歩感覚の5キロでした。

4月17日(アラン・ホールズワースの訃報)

月曜日。昨日疲れて早々寝てしまったため、4時半起き。朝から昨日のユナイトのまとめ。昨日と同様暖かい日。昼から個人&通信レッスン。午後からジムでプールだけ。夜はユニバーサルミュージックへ。THE YELLOW MONKEYのギタリストEMMAさんの取材。EMMAさんのソロ・プロジェクト、brain”schildのミニアルバムについて。


アラン・ホールズワースの訃報。ワイドストレッチ、レガートプレイ、アウトフレージングなどを確立させた孤高のギタリスト。私が初めて取材したミュージシャンである。記憶が確かなら、1993年の『Hard Hat Area』のころだった気がする。新宿のホテルで取材して、アルバムの話だけでなく、スケールの話や理論の話など聞きました。私はそのころギターマガジン誌での連載を教則本にまとめているころで、それまでプレイ特集記事の執筆しかしていなかったのだが、ヤングギターにて初めてアーティスト取材をやることになり、その最初のアーティストが個人的にとても興味のあったアラン・ホールズワースだった。このころの2ショット写真を探して見るもちょっと見つからず…。ご冥福をお祈りします。

4月18日(夜のランニングサークル)

朝は暴風雨だった関東。起きた7時には雨も止んでいたい。今日は30度越えで熱中症に注意だとニュースでやっていた。真夏日になるそうだ。そんな暖かい日にもかかわらず、午前中から夜まで缶詰でここ数日の取材記事のまとめ。合間に通信レッスン。レッスンではちょこっとだけ、アラン・ホールズワースのストレッチフレージングをウォームアップに。コンディミとオルタード、リディアン7thあたりのスケールは懐かしい…。

夜はランニングサークルへ参加。周回コース。先頭グループについていくが、あまりにも速く、最終周でたまらず失速。心拍機能が追いついていない、情けなく悔しい限り。とはいえ今までで最速スピードで7.5キロほど走ったのでクタクタのボロボロ。しかし、今の自分の限界がわかったのでこれからトレーニングしがいがある。ということで、最近走らないと気持ちが悪い。そんな体になりつつある…。もちろん今日は禁酒です。

4月19日(UADのAPI500シリーズ)
今日もいい天気の朝。起きるときに昨日の疲れも残っているが、目覚めはスッキリ。午前中から今日〆切のUADプラグインのAPI500シリーズの原稿執筆。今回はAPI 550と560、Tonelux Tilt EQ 、Helios Type 69 EQ、Maag EQ4 EQなど、API500シリーズEQを5種類のまとめ。
一段落したところでジムでウエイトとランニングとマーシャルアーツと2時間でフィニッシュ。
4月20日(AmpliTube MetalliPack)

今日は原稿〆切モード。午後は別の原稿〆切。一段落したので外ランで山手通りを南へ降りて中野坂上駅を過ぎるぐらいでUターンの10キロラン。夜はホルモン屋へ。来週閉店してしまうので、行ける時には出来るだけと自転車で向かう。キンミヤ焼酎の水割りレモンがここでの定番。この間入れたボトルを飲みながら。馴染みの店員ともあとすこし。好きな店なだけに、とても残念だ。


4/20までの1週間限定でAmpliTube MetalliPackが無償プレゼントとIKからメールが届く。AmpliTube MetalliPackは、5機種のアンプヘッド(American Lead MKIII、Jazz Amp 120、Metal Lead T、Metal Lead W、Vintage Metal Lead)、4機種のスピーカー・キャビネット(1x12 MB III、2x12 JP Jazz、4x12 Metal T 1、4x12 Modern M 1)、2機種のオーバードライブ系のストンプ・エフェクト(OverScream、PROdrive)など、計11機種のメタル系ギア・モデルを搭載。通常価格 74.99 / 75 Gear Credits相当を無償プレゼントとのこと。私はすでにこのモデルは持っているのであまり関係はないのですが、レッスン生の方にはすでに情報を共有して、次回のレッスンからこのアンプモデルでのサウンドメイキングを教えていきます。

4月21日(SONAR MAC PROTYPE)

午前中からもろもろ作業。昨日で山は越えたのだが、来週のGWはバタバタなので準備しないと。午後からジムで心肺機能強化のトレーニング。なかなか心拍が上がらなくなってきた。また一段ステップアップなのか。

先日発表されたSONARのMac版をダウンロード。SONARの最下位版である「SONAR Home Studio」を移植したもので、無料ダウンロードできる。とはいえ、MAC版のSONARの開発は中止とのこと。これでMac版は最後とのこと。

4月22日(昼のランニングサークル)

午前中からレッスン用のオケとテキスト作りをLogicで。

午後からジムで心肺機能強化トレーニングを1時間ほど。その後、外ランで1時間。なかなかスピードが出せないが、ジムとの合計でとりあえずは10キロ超え。ということで、今日と一昨日の外ラン。

4月23日(雑誌)

日曜日。午前中からレッスン用のテキスト作り。ジムへ行くか、外ランするか悩むも、あえての休むことに。オーバーワークにならないようにと。

今週読んでいた雑誌。ターザンは毎回なことなのですが、ついにマラソン関連にまで手を付けることに…。

4月24日(Golden Age ProjectのCOMP-3A)
月曜日。午前中からWEB関連での打ち合わせ。左足の母指球が痛む。昨日のストレッチのやりすぎだろうか。
午後はスタジオワークで缶詰。夜は、行きつけのホルモン屋へ。今週で終わりなので、行けるときに行かなくては…。金宮焼酎で水割りレモン。

COMP-3Aは伝説のビンテージ機器『LA-3A』を再現したコンプレッサー/レベリング・アンプです。1969年のデビュー以来、数え切れないほどのレコーディングで使用され、最も有名なコンプレッサーとして歴史に名を刻むLA-2A(真空管バージョン)と、LA-3A(ソリッド・ステート・バージョン)、その両モデルの個性的なサウンドとコンプレッション・キャラクターの核となっているのが『T4エレクトロ・オプティカル・アッテネーター』です。Golden Age ProjectのCOMP-3AはこのT4 ELOPを精巧に再現、極めて滑らかにナチュラルに入力信号に追従するコンプレッション動作を達成しています。『T4エレクトロ・オプティカル・アッテネーター』による滑らかなコンプレッション動作、アナログ感あふれるパンチ感のあるサウンドが大きな特徴です。
サウンドを重視したトランスフォーマーや、アナログ・コンポーネントを贅沢に搭載したことで、ゴージャスなアナログ・サウンドを再現しました。
またオリジナルでは背面に装備されていた、様々なスイッチやコントロールは全て前面に配置。より使いやすくアップグレードされています。青野さんモバイル的に持ち出している機材であり、値段も安くてとてもオススメとしていたのが、この製品。
4月25日(夜のランニングサークル)
午前中からレッスン用のオケ作り。LogicとSONARを使ってギターレコーディング用のリズムトラック作り。夜からジムへ。ウエイトを30分ほどやって、入念にストレッチしてからランニングサークルへ参加。戸山公園のあたりを周回。今日はだいぶ楽なランだった。もちろん、今日は禁酒。
4月26日(ランクラブ)
午前中から取材用のための音源を聴く。秦 基博さんのベストアルバム『All Time Best ハタモトヒロ』と、角松敏生さんのアルバム『SEA IS A LADY 2017』。実は先週から『SEA IS A LADY 2017』を聴きながら10キロ外ランしたり、今日もジムで昼間かるめのジョグを3キロやったときにも聴いていたりする。午後に1度ジムでウエイトとジョグをかるめにやって、もどって秦さんのアルバムはギターを弾きながらコード展開などをチェック。夜はランクラブへ参加。2度目の参加。終わってトレーナーにいろいろ練習方法を聞く。今日ももちろん禁酒。
4月27日(秦 基博インタビュー)
今日は朝から本日取材のために秦 基博『All Time Best ハタモトヒロ』を聴きながら耳コピしてメロディやコードなどソングアナライズ。通常個人レッスンでやっていることを取材用にやっている。いい曲も多く、こんな進行なのか、とかこんな転調なのか、なぜイントロがこうなっているんだろうなど、発見がたくさん。この疑問を夜本人にぶつけてくる予定。キリのいいところで外ランで6キロほど。最近走らないと気持ち悪くなってきているが、別にハマっているわけでない。と思う。夜にユニバーサルミュージックで秦 基博さんの取材。ベストアルバムと奏法やギター関連など1時間半インタビュー。GWのレポートも併せて掲載されるのですが、その雑誌は改めて告知いたします。
4月28日(ユナイトスタジオのトランス)

連日のランでお尻が筋肉痛。正しい走り方を教えてもらってフォームが良くなり、足は痛くなくなった。先日お尻を意識することや、真下に着地して足で押すことを意識したランニングこもあってか、ストレッチするとピキピキする。今日はスタジオワークで缶詰。アコギのレコーディングも。休憩で1時間だけジムでランと心肺機能トレーニング。時間がなく今日は4キロしか走れなかった。夕食は行きつけのホルモン屋の閉店でラスト、ホルモンとキンミヤ焼酎水割りレモン。

ユナイトのスタジオで使われていたアイソレーショントランスフォーマー。来月売りのサウンドデザイナーにて紹介されています。

4月29日(昼のランニングサークルとコアラモード.のライブファイナル)
午前中からジム。ランニングサークルも今日は午前中から。ランニングを終えて、事務所に戻ってレッスンのテキスト作り。夕方はコアラモード.のライブで横浜・関内小ホールへ。終わって、打ち上げ
4月30日(今月のお酒…)
今日は夕方、実家へ。東武野田線がアーバンラインという名前になっていて、さらに急行もできて驚き。昔は単線で各駅しかなくて、30分ぐらい大宮からかかっていたのが15分でつくなんて。といことで、年末以来、久しぶりに春日部に帰ってる焼き肉を食べながら芋焼酎な夜。


  PHOTOGRAPH >>>