YouTubeでは久しぶりにコピーシリーズVol.3がアップされました。このWEBでしかアクセスできない練習用マイナスワンなども細かくアップしていますので、興味のあるかたは御覧ください。
  PHOTOGRAPH >>>  
10月1日(成分献血)

もう10月?10時から成分献血。去年の12月以来の成分献血。そっか、コロナで、なかなか行けなくて、いっても400全血献血しかできてなかった2020年。できる限り協力しなくては…。終わって、2週間後の予約をとる。

午後からジムでコンディションニングトレーニング。

事務所のスタジオにて、トラックメイク。

10月2日(YOASOBI「夜に駆ける」)

コピーシリーズ第3弾は、YOASOBI「夜に駆ける」。
Ver.1はイントロ部分のギタープレイを紹介。
指2本だけで押さえる簡単なコードフォームで初心者でも弾ける簡単な弾き方をギタリスト/ミュージックトレーナーの井桁学が解説。

このコピーシリーズは、完コピを目指すのではなく、どうやってその楽曲をバンドでコピーするのか?
どうギターアプローチするか?をバンドアレンジをベースとしてギタリスト目線でのアプローチ方法を解説しています。

Ver.1【イントロ編最初の8小節】
・コード進行を紹介
・コードフォームの紹介
・カッティングのリズムを紹介

10月3日(Instagramより)

昨日みっちりトレーニングしたから、今日は体がバッキバキ。いつも行く氷川台はやめておく。なので、午前中からYouTube編集。その後、アレンジ作業で、スタジオワークの缶詰作業。一歩も外でなかったな。

去年の今頃は世田谷区たまがわの花火大会。対岸では川崎市制記念多摩川花火大会が行われている花火大会。
去年は友達の家でバーベキューパーティをやりながら、花火鑑賞したなぁ…。

10月4日(MixBox)

午前中からジムへ。フリーウエイトからマーシャルアーツ。

午後からスタジオワーク。MixBoxを使って音作り。これいい。使いやすくて、便利。

10月5日(Review)

今日は原稿書きモードと個人レッスン&通信レッスン。

新譜レビュー。今回は、蓮沼執太フルフィル『フルフォニー|FULLPHONY』、TBS系 金曜ドラマ キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木 オリジナル・サウンドトラック、『戦国BASARA 15th Anniversary BEST』の3枚。

個人的にすごい好きだったアルバムは『キワドい2人-K2-』のサントラ。

劇伴というよりも個々の楽曲が作品として独自に成立している。エレクトーン出身の作曲家・田渕夏海さんが担当したオリジナル・サウンドトラック。劇伴というより、インスト楽曲として聞いていてとても楽しめる作品です。

10月6日(MODO DRUM)

午前〆切をあげて、ジムへ。カーディオとダンス。

午後からスタジオワークで缶詰作業。今日はリズムトラック。今回使ったのはMODO DRUM。ドラムはBFD3やAddictiveDrum2、Battery3など使っていますが、今ほとんどファーストチョイスになっているのがMODO DRUM。フィジカル・モデリングを採用したソフトウェア・ドラム音源で、従来のサンプル音源とはまた違う自然で自由自在のカスタマイズが可能となっているのが、いいところ。

10月7日(【限定公開】YOASOBI「夜に駆ける」イントロ練習)

本日WEBのみでのアドレス公開となる【限定公開】YOASOBI「夜に駆ける」イントロ練習【井桁学のギターワークショップVol.77】

限定公開のVol.77は、Vol.76で紹介した“YOASOBI「夜に駆ける」をコピーしてみたVer.1”のイントロカッティングを練習するためのマイナスワン。 テンポ90からスタートして、110、120、130とテンポアップさせて練習。 4小節弾いて、4小節マイナスワンになっていますので、一緒に合わせて弾いてみましょう!

10月8日(J.Y.Park)

J.Y.Parkのベストアルバム。オーディション・プロジェクト「Nizi Project」を日テレのスッキリで観て知ってから、Huluに入って全部観て応援してしまった。結果、1万人から選ばれた9人組のガールズグループ「NiziU」となるのだが、そのオーディションでのプロヂューサーJ.Y.Parkの先見性や人柄にすごいとなるのだが、YouTubeで見ると本人の楽曲もとてもよく、ダンスや歌、楽曲、アレンジなど、とても参考になるものが多く、CDで聞きたいなぁと思って探していたのだが、ようやく日本で発売された。やっとこれでゆっくり聴ける、楽しみ。

10月9日(久しぶりにZOOM MS-50Gで…)

昨日、撮影したのはZOOM MS-50Gの第2弾。前回がVol.50だったので、相当久しぶり(笑)。私がライブで使ったマルチエフェクターなので、どう使ったのかを解説したのですが、またまたながくなっちゃって、話だけで終わり、演奏は次回に繰越。おかしいなぁ、だいぶはしょって短くしたのに15分以上になってしまった。まぁ、サウンドメイクはレッスンの方で詳しく教えていますので、映像ではさらりと、でも長いけどね(笑)。

10月10日(YOASOBI「夜に駆ける」をコピーしてみたVer.2【イントロ編2】)

YOASOBI「夜に駆ける」をコピーしてみたVer.2【イントロ編2】~コピーシリーズVol.3
【井桁学のギターワークショップvol78】

コピーシリーズ第3弾は、YOASOBI「夜に駆ける」。
Ver.2は歌後の8小節部分、イントロ2のギタープレイを紹介。指2本だけで押さえる簡単なコードフォームで初心者でも弾ける簡単な弾き方をギタリスト/ミュージックトレーナーの井桁学が解説。
このコピーシリーズは、完コピを目指すのではなく、どうやってその楽曲をバンドでコピーするのか?どうギターアプローチするか?をバンドアレンジをベースとしてギタリスト目線でのアプローチ方法を解説しています。

10月11日(六本木CLAPS)

去年の今頃は、六本木でのライブ。前日に台風19号がきて、大変だった1日。台風一過後の翌日ながら、たくさんの人がきてくれました。感謝。

10月12日(レコーディング)

ずっとレコーディング。ほぼ缶詰状態でずっとギターレコーディング。今回使ったのは、ZOOM MS-50Gのマルチエフェクター。

10月13日(サンタナ、デビューアルバム発売50周年記念)

デビューアルバムの4chサラウンド・ミックス=クアドラフォニック盤.。

海外で1969年、日本では1970年に発売されたサンタナの記念すべきデビュー・アルバム『サンタナ』の発売50周年を記念し、世界初登場となる本作の「SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディション」

1966年から“サンタナ・ブルース・バンド”としてサンフランシスコ界隈で活動し<ウッドストック・フェスティヴァル>で披露した観客の度肝を抜く凄まじいパフォーマンスで全米に衝撃を与えたのが1969年8月16日。

その2週間後の8月30日にデビュー・アルバム『サンタナ』が発売されるやチャートを駆け上がり全米4位の大ヒットを記録。

このオリジナル盤の発売から5年後となる1974年に登場したのが4chサラウンド・ミックス=クアドラフォニック盤である。クアドラフォニックは海外で1972年から生産が開始され、サンタナの他のタイトルやジェフ・ベック、マイルス・デイヴィスなどの作品がセレクトされて日本でも発売されていたが、本作は日本未発売のままクアドラフォニック自体の生産を終えたため、ファンの間では希少盤として知られている。
オリジナル4chミックス・マスター音源を日本のソニー・ミュージックスタジオにて世界で初めてDSDマスタリングを施し、SA-CD 2chもCDも再生可能なハイブリッド・ディスクでの発売となる。CD層の方は、SA-CDの2chマスターをPCMにダイレクト変換した最新リマスター盤となっている。ラテン、アフロのリズムを縦横無尽に取り入れ、ロックの新たな地平を切り開いた野性味溢れる初期サンタナ・サウンドが、まるで聴き手を取り囲んで演奏しているような迫力の臨場感で迫り、異次元のサウンドスケープ体験へと誘う4chサラウンド・ミックス。

10月14日(SURFACE 8th Original Album『PASS THE BEAT』)

午前中から新宿でトレーニング。午後からスタジオワーク。トラックメイク作業で缶詰。昨日も今日もオンラインレッスンはできずだったなぁ…。


SURFACEのアルバムが先週発売。サンプルを送ってもらったら、過去の映像や音源まで送ってくださいました。すみません、いつもマネージャー様にはお世話になっています。聞かせていただきます。

10月15日(【限定公開】YOASOBI「夜に駆ける」イントロ編2練習用マイナスワン)

今日は本来成分献血の予約をとっていた日。なのですが、人間ドックの日程が11月から来週に変更になったため、今週の献血はキャンセルして、今月末へ再予約。午前中暇になったので、レッスン用の譜面書きや浄書、オケのリズムトラック作り。

さて、本日限定公開をアップ。
YOASOBI「夜に駆ける」イントロ編2のギターカッティングの練習用マイナスワン。
テンポ90からスタートして、110、120、130とテンポアップさせて練習。
8小節弾いて、8小節マイナスワンになっていますので、一緒に合わせて弾いてみましょう!

マルチエフェクターのZOOM MS-50G。YouTubeでは久しぶりにシリーズ再開。サウンドメイク for LIVEシリーズを前回やったのはVol.50です。パッチの作り方や私がライブで使ったセッティングなど紹介をしていますので、これからMS-50Gで音作りをしたいかたはぜひ御覧ください。
10月16日(AUDIOFLY AW33W mk2)

最近使っているイヤホンはAudioflyのAW33W mk2。
このイヤホン、聞こえて欲しい帯域がきちんと聞こえるので、気にいっている。


今まで使っていたのはソニーのもの。ハウスオブマーレーや、シュア、アップルなどたぶんイヤホンだけど10個ぐらい使い分けていたりシますが、どのイヤホンも特徴があります。歌が聴きやすいのは前提としても、高域や低域などどこが聞こえていて、どこが聞こえないのかで、好みは分かれる。

AudioflyのIn-Ear Headphoneシリーズにおけるワイヤレス・イヤホンのエントリー・モデル。
以下、WEBより抜粋。

Audioflyはオーストラリアのパースを拠点に、ブランドのファウンダーであり、現CEOのDave Thompson氏が2009年、音楽好きの仲間と一緒に立ち上げた新鋭イヤホンブランド。ギタリストとしても活躍してきたThompson氏は、自身のブランドを立ち上げる前は楽器や携帯電話、家具などのデザインと製作に10年以上携わってきた。音楽、オーディオ好きが高じて誕生した「Audiofly」のコンセプトは、ミュージシャンの奏でる音をリスペクトし、忠実に再現することという。

AF33W MK2は8時間の連続再生に対応。スポーツで使える防水保護等級IPX5準拠。今まで使っていたソニーのものよりもクリアで聞きやすく、低域もしっかり聞こえるのでリスニングとしても使いやすい。

10月17日(Instagram)

今日は午前中からスタジオワーク。レコーディング作業で一日缶詰。ギターも弾いたけど、ミックス作業でバタバタで夜まで。久しぶりにマルチエフェクターのZOOM MS-50Gを使ってみた。

10月18日(サウンドメイクfor LIVEシリーズVol.3~featuring ZOOM MS-50G Ver.2)

昨日はスタジオ缶詰だったので、今日は午前中からジムへ。フリーウエイトからのマーシャルアーツ2本やってのユニバ。戻って、YouTubeアップ。

ZOOMのマルチエフェクター、MS-50Gを使ってのライブのためのサウンドメイクの第2弾。
コスパの高いマルチエフェクター、ZOOM MS-50G1台で、さまざまなサウンドメイクが可能。今回は、自身がライブで実際どう使ったのか、そしてライブで使う音色を保存する「パッチ」の作り方やエフェクトの接続順の変更など、MS-50Gの使い方をギタリスト/ミュージックトレーナーの井桁学が解説。

10月19日(T-RackS Space Delay)

ようやく、T-RackS Space Delayをインストール。Roland RE-201 Space Echoを忠実に再現した、テープエコーのSpace Delay。以下、WEBより抜粋。


テープ・エコーは、サウンドに独特のキャラクターを加えるエフェクターとして、ミュージシャンやエンジニアに愛されてきました。その中でも、Roland RE-201 Space Echoは、テープ・エコーを語る上で外せない特別な存在です。T-RackS Space Delay は、Space Echoの暖かみのある特徴的なサウンドと扱いやすいコントロールを再現したMac / PC用のT-RackSプラグインです。

1974年にリリースされたRE-201は、3基のプレイバック・ヘッド、可変スピード・モーター、そしてスプリング・リバーブを内蔵し、プレイバック・ヘッドの組み合わせや位置を変更することで、12種類のエコー / リバーブのモードの切り替えに対応しました。

10月20日(人間ドック)

朝5時起き。
今日は朝から人間ドック。やってみてわかる自分の調子。胃カメラはキツいなぁ。約2時間半。終わって、ジムでエアロとユニバ。終わって銀座へ。

10月21日(ヴィデオ黒ミサ&生トークツアー『特別給付悪魔』)

15時から聖飢魔IIの35周年ライブを観に行く。前回は30周年か。20周年、25周年と見ていますが、今回は
聖飢魔II 地球デビュー35周年期間限定再集結「ヴィデオ黒ミサ&生トークツアー『特別給付悪魔』」

無人ライブを行いマルチ音源データを持ち込み各会場でミックスするという、ここでしか聞けないもの。

とにかく音がいい。通常のライブと同じである。

10月22日(映画試写会『十二単衣を着た悪魔』)

昨日観た映画試写会。

六本木で17時半から最終試写。
いつもは配給元の試写室に行くのだが、今回はオンラインでも視聴可能ということで、家で観ることにした。

『十二単衣を着た悪魔』

ひょんなことから「源氏物語」の世界に入り込んでしまったフリーターの青年が、陰陽師として活躍しながら成長していくというストーリー。
女優・黒木瞳の監督第2作で、内館牧子の長編小説「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」を映画化。


11月6日より東京・新宿ピカデリーほか全国で公開とのことです…。

10月23日(フリーウエイト)

最近、しっかりとフリーウエイトを始めたせいもあって、だいぶ体が変わってきた。昨日はスミスマシンでがっつりと追い込んで、今日はカーディオ中心のトレーニングだが、最初はウエイトトレーニングから。夕方から、スタジオワーク。

10月24日(サウンドメイクfor LIVEシリーズVol.4~featuring ZOOM MS-50G Ver.3)

ZOOMのマルチエフェクター、MS-50Gを使ってのライブのためのサウンドメイの第3弾。
コスパの高いマルチエフェクター、ZOOM MS-50G1台で、さまざまなサウンドメイクが可能。今回は、ライブでのパッチの作り方、ドライブサウンドを作る編です。

「MS-50G Effect Manager」を使ってのMS-50Gへの新規エフェクトの追加方法、MS-50G本体のドライブエフェクトの追加してツマミを調整するのか、意外と知られていない常識的なサウンドメイク術を、MS-50Gの使い方をギタリスト/ミュージックトレーナーの井桁学が解説。

サウンドメイクfor LIVEシリーズVol.4~featuring ZOOM MS-50G Ver.3(ドライブ編Ver.1)
【井桁学のギターワークショップVOL.81】

 

10月25日(こんぴらさん)

去年の今頃は、ライブのため香川県にいました。

香川に行けば、必ず行くのが、こんぴらさんの金刀比羅宮。
長い石段が有名で、御本宮の先にある奥社までいつも参拝。

表参道から御本宮まで石段785段
表参道から奥社まで1368段。

奥社に向かうと空気が変わるんですよね…。

初めて行った時は、真夏だったから脱水症状になりそうだっただけど…。あれから何度行っただろう。

また行きたいなぁ…。

嗚呼、旅に行きたい…

10月26日(YOASOBI「夜に駆ける」をコピーしてみたVer.3【Aメロ編】)

コピーシリーズ第3弾は、YOASOBI「夜に駆ける」。
Ver.3はAメロ部分の8小節?2の16小節を紹介。指2本だけで押さえる簡単なコードフォームで初心者でも弾ける簡単な弾き方をギタリスト/ミュージックトレーナーの井桁学が解説。
コード進行やコードフォーム、カッティングのリズムを紹介。あえて難しくしないうように譜面は必要最低限で、リズムは口ずさみながら覚えて弾いちゃいましょう。
そして応用編として初級者や中級者向けへのチャレンジメニューも用意しています。

YOASOBI「夜に駆ける」をコピーしてみたVer.3【Aメロ編】~コピーシリーズVol.3
【井桁学のギターワークショップVol.82】

10月27日(劇伴作家・田渕夏海さん)

TBSでやっていた『キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木』の音楽担当で、サントラも担当している劇伴作家の田渕夏海さんにインタビュー。

とはいってもリモートインタビュー。リアルインタビューは全然やってないなぁ…。

ということで、幼いころからエレクトーンをやって、音大卒の劇伴作家さん。劇伴っぽい曲ではなく、ポップでキャッチーなインスト曲が多いのが、田渕さんの劇伴の特長。そして、このサントラ。場所が池袋ということで、近所の私は全部見ていたこともあり、そして、レビューをやった関係もあり、取材しました。

10月28日(Z-TONE Buffer Booster 試奏レビュー第2弾撮影完了)

午前中からジムでフリーウエイトやってのヨガや骨盤トレ、BAILA BAILA。午後から昨日の取材の作業へ入る。今週になんとかまとめなくては。さて、Z-TONE Buffer Boosterの思想レビューシリーズの第2段が撮影と編集が終わりました。ちょっと間あいちゃいましたが、音の違いをチェックできるようになっております。とはいえ、来月アップになっちゃうかなぁ…。いろいろたまっているからなぁー。ごめんねー。

10月29日(成分献血)

本当は2週間前に成分献血の予約もしていたのだが、人間ドックの日程が胃カメラのスケジュールで急遽早まったため、献血は少し落ち着いてからやることにして、結果、今日になった。

10月30日(今月のお酒達)

朝からジムへ。ウエイトやってから一度帰宅。そして、またジムへ。高強度トレをやってスタジオへ。数時間ほどミックス作業を確認。夜にもう一度ジムへ。フリーウエイトやってユニバ。って今日だけで3回もチェックインしている(笑)。もどって夜から原稿書き。ということで、今月のお酒達。

10月31日(ビルボードライブ東京)

ビルボードツアーの最終日を観に、六本木のビルボード東京へ。今年のアルバムは、Billboard JAPANで取材記事書いたこともあって…。
というのは建前で、大抵観に行ってる。

今回は、ギターをフィーチャーしたシリーズ“Kadomatsu Plays The Guitar vol.4”。

TOSHIKI KADOMATSU Performance 2020“Kadomatsu Plays The Guitar vol.4”〜歌もうたうよ〜は、横浜、大阪、東京の3箇所の3年ぶりのビルボードツアー。

vol.1は2011年の30周年スペシャルライブとして、vol.2は2013年、そして2017年のvol.3はインスト・アルバム『SEA IS A LADY 2017』をリリースしたあとに行われたもの。このシリーズは大阪や東京など観させていただいています…。

やっぱり、インストを聞きながらお酒を飲んだり、食事をしたりという、ブルーノートやビルボードのようなライブレストランでのライブは最高。

終演後に角松さんにあいさつ。2ndステージのセットリスト聞いて、観たくなったけど、まぁそれはぜいたくですからね。
今度お会いするのは、12月ですね〜。と言って失礼しました。

  PHOTOGRAPH >>>  
  2020年9月 2020年8月 2020年7月 2020年6月
2020年5月 2020年4月 2020年3月 2020年2月 2020年1月
    HOME>>>    
2019年DIARY

2018年DIARY

2014年DIARY
2013年DIARY
2012年DIARY
2011年DIARY
OLD DIARY>>>