PHOTOGRAPH >>>  

 

2度目の緊急事態宣言が1ヶ月延長されました。我慢の時間が続きます…。レッスンはオンラインのみ対応しています。

2月1日(AmpliTube5 Ver.5〜Diezel VH4をチェック〜)

IKマルチメディア「AmpliTube 5」の試奏レビュー第5弾。今回は新規搭載されたギターアンプ、ディーゼル VH4 をベースにした「VHandcraft 4」をピックアップ。4チャンネル仕様のアンプのサウンドの特徴やツマミをいじっての音質変化などをギタリスト/ミュージックトレーナーの井桁学が解説。

ディーゼルの100Wハイゲインアンプ、VH4をベースにした新しいギターアンプVHandcraft4。4チャンネル仕様のギターアンプで、GAIN/VOLUME/3バンドEQのツマミを搭載。マスターセクションにはマスターボリュームに加えてプレゼンス、DEEPツマミはVH4の持つ低音再生能力をフルに生かすことができる低域コントロールが可能。

AmpliTube5 Ver.5〜Diezel VH4をチェック〜【井桁学のギターワークショップVol.99】

2月2日(チャンネルストリップ)

節分。午前中からジムでフリーウエイトからのエアロとマーシャルでフィニッシュ。午後からスタジオワーク。ミックス作業。今回はチャンネルストリップを使用。T-RackSのBritish Channel。

2月3日(緊急事態宣言延長)

昨日の夜に発表がありましたが、3月7日までの延長が決まりました。

午前中ジムへ。
夕方から撮影。久しぶりのプレイ系のHowToもの。

2月4日(コンプレッサー)

昼から予約した病院へ。去年の10月の人間ドック以来なのだが、そのときの健康診断結果をもって内科へ出向く。また別の専門病院を紹介され更なる診察を受けることになった。終わって、池袋のジムへ。2週間ぶりにコンディショニングトレーニング。終わって、税務署へ。戻って、スタジオワーク。ミックス作業で必要なコンプレッサー。

2月5日(THE YELLOW MONKEYのバンド30周年記念のライブ・アルバム『Live Loud』)

THE YELLOW MONKEYのバンド30周年記念のライブ・アルバム『Live Loud』 。2019年12月28日のナゴヤドーム、2020年2月11日の京セラドーム、そして、11月3日の東京ドームからの全48曲79テイクからファン投票をもとに収録曲を決定。
この初回盤のDisc2はTHE YELLOW MONKEYのライブには欠かせない重要な役割を担う楽曲と、さらに2017年ヤフオク!ドーム公演からの音源がボーナストラックとして収録されている。

『SO ALIVE』以来20年ぶりのライヴ・アルバム。昔はよくライブレポートや取材もしていたなぁ…。再結成の時はさいたまスーパーアリーナまで観に行ったっけ。

2月6日(カッティング中級編vol.5〜II-Vのカッティングパターンを考えるVer.3)

ギターカッティング中級編の第5弾は、II-Vのカッティングパターンを考えるVer.3。
ギタリスト井桁学は、II-Vのカッティングパターンをどう考えて弾いているのか?
前回の中級編vol.4で紹介した「Drop of 2nd」からのアイディア、コードボイシングの応用、トップノートの動きなどをを演奏しながら解説しています。

2月7日(最後のマラソン大会)

去年の今頃はマラソンしていたんだよなぁ…。マスクしないで走ることがあんなラクなことだったなんてね…。

2月8日(MixBox&YOASOBI)

疲労が残る月曜。今日はカラダを休める日とする。

レッスン用のスコアやトラックづくり。そして、夕方、MixBoxの試奏を撮影。

2月9日(チャンネルストリップ)

まだカラダの疲れが残ってるなー。2日ぶりにジムへ。

午後からスタジオワーク。ミックス作業でチャンネルストリップを使用。

チャンネルストリップとはコンソールから1CH丸ごと主要機能を抜き出した機材のこと。マイクプリアンプ、イコライザーやコンプレッサー、ノイズゲートなどを含むミキサー(ミキシングコンソール)のチャンネルのことを指します。

2月10日(ギターカッティング中級編vol.6〜II-Vをどう弾くか Ver.4)

ギターカッティング中級編の第6弾は、II-Vのカッティングパターンを考えるVer.4。
前回のVer.3 の続きで、ギタリスト井桁学は、II-Vのカッティングパターンをどう考えて弾くのかを解説しています。
自分だったら、どのあたりのポジションで、どういったパターンを作って、どう発展させていくのかを演奏しながら解説。
ギターカッティング中級編vol.6〜II-Vをどう弾くか Ver.4 presented by ギターカッティングの鬼&ギタリストのための楽典
【井桁学のギターワークショップYouTube編 Vol.101】

2月11日(American Vintage)

MixBoxにあるAmerican Vintage。1968年に生産が開始されたFender Twin Reverb Silverfaceで、スプリングリバーブが含まれ、2x12インチのJ.B.Lansingスピーカーが装備されていたモデルをベースにして作られたアンプ。クリーンといえば、フェンダーですよね。

2月12日(MixBoxでギタートラックメイキング)
MixBoxで使ったプリセット。これもYouTubeで試奏レビューやります。 Funk Dirty。 使われているモジュールは、Ambience、Tube Lead、EQ-PG、Distortion、Channel Strip、Model670。
2月13日(予告動画アップ from Instagram)
本日、Instagramにて予告動画アップ。
Official髭男dism「Laughter」のアルペジオ。
来週YouTubeにアップ予定です。
このワイドストレッチかなりきつかったなぁ…。
いろんな演奏の仕方を紹介しています。
19分超えのロングバージョンです。
2月14日(昼飲みからのバル飲み)

今日はオフ。暖かいから、デパートの屋上で昼飲み。

その後、昨日営業再開した近所の行きつけのバルへ。


意外と休業しているところもあって、まだ年明け行けていない馴染みの店は多い。

外飲みって結構難しいですよね。
17時ぐらいに店に入らないと19時ラストオーダーだからゆっくりもできないし。

2月15日(雨からの虹)

雨の朝。今日はずっと雨のようだ。王子から帰ってきたときも雨だったけど、駅に降り立つとまさかの晴れ。そして、虹。

2月後半。未だ緊急事態宣延長しています。なかなか外に食事もできないほどの我慢の時間が続きます…。個人レッスンはオンラインのみ対応しています。

2月16日(Official髭男dism「Laughter」〜コピーシリーズ〜)

コピーシリーズの第5弾は、映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』主題歌のOfficial髭男dism「Laughter」のイントロやAメロで使われるアルペジオをトライ。
ワイドストレッチによるコードフォームから、より弾きやすいコードフォーム、さらにもっと簡単な弾き方などを、ギタリスト/ミュージックトレーナーの井桁学が解説。
今回は時間が長くなっていますので、チャプターを参考に少しずつ見てください。

Official髭男dism「Laughter」〜コピーシリーズ〜【井桁学のギターワークショップYouTube編Vol.102】

2月17日(MixBoxのモジュールを使う)

ミックス作業でスタジオ缶詰。

NEVE1081とUREI1176のモデリングでサウンドトリートメント。
500モジュールは扱いやすくていいなぁ…。ミックスにはトラックやバスにMixBox1つ立ち上げるだけで、自在に操れる。
かなり使っていますが、これはレコーディングには手放せないです。

 

2月18日(EQ81 from mixbox)

昨日からずっとスタジオにこもる日々。ミックス作業には、チャンネルストリップが不可欠。このチャンネルストリップのEQ81。NEVE1081をベースにしたと思われるモデル。オールドニーブのチャンネルストリップにはコンプがないのが特徴。

2月19日(試奏シリーズ「MixBox」)

今回の試奏レビューは、チャンネルストリッププラグイン「MixBox」。
IK MultimediaのT-RackS、AmpliTube、SampleTankで実績のある70種類のプロセッサーを8スロットのバーチャルラックに並べて使うことのできる、いわゆる全部入りプラグイン。SSLやNEVE、API、LA-2Aや1176など、業界御用達のアナログ機材のモデリングプロセッサーが揃うとともに、ディストーションやテープサチュレーションといったアンプ由来のプロセッサーなど、ミックスで使われるプロセッサーは、MixBoxの中にほとんど収録されているので、これ1つでミックスを完結することが可能です。

MixBox試奏レビューVer.1【井桁学のギターワークショップVol.103】

2月20日(タスカム UH-7000)

最近プレイバック用のオーディオインターフェースに使っているのが、HDIA回路搭載マイクプリアンプ/USBオーディオインターフェース「UH-7000 」。

タスカムのオーディオインターフェースで、とてもいい音で、確か、2014年ぐらいから使っているのかな…。でも、もうディスコンなんですよね、残念。製品に関しては、以下。WEBより引用。

高いオーディオパフォーマンスを誇るHDIAマイクプリアンプ搭載。マイクプリアンプ/ADDAとしても活用できる24bit/192kHz USBオーディオインターフェース。『UH-7000』は、低ノイズ、高音質を徹底的に追求したプロフェッショナルグレードのマイクプリアンプ/オーディオインターフェースです。
DAW制作環境において4IN/4OUTのインターフェースとして使用できるのはもちろんのこと、単体マイクプリアンプ/ADDAコンバーターとしても活用することができます。
低ノイズ、高音質のハードウェアを目指し、新規設計のHDIAマイクプリアンプを搭載。
EIN-128dBu、S/N比117dB、歪率0.0009%以下など、ハイレベルなオーディオパフォーマンスを実現しました。

2月21日(暖かい日曜日だけどね。)

暖かい日。外に出たいのはやまやまなんだけど…。午前中からギター弾きまくり。来週レコーディングする曲のリハ。そして、今後のレッスン関連のオケや譜面を書いての浄書までと合間にやってみる。

レコーディングで必ず使うのが、ギター/ベース用のプリアンプ/DIペダルのZ-TONE Buffer Boost。もちろん、サウンドメイクのためにリハでも使います。

このZ-TONE Buffer Boostは、インピーダンスを連続的に調整するZ-Tone、JFET/PUREスイッチ、アクティブ/パッシブ・ピックアップ・セレクタなどAXE I/O譲りの機能に加え、バッファー、ブースト機能を搭載しています。これ1度使っちゃうと手放せないいんですよね。

2月22日(ギターカッティング中級編vol.7〜II-Vをどう弾くのかVer.5)

今回のギター講座はギターカッティング中級編の続きです。
II-Vのコード進行を弾く時、どういうパターンを弾くのか?
ギタリスト井桁学のアプローチ方法を解説するシリーズの続きです。
音楽理論や演奏についての専門用語が出てきますが、ギターを弾いている人は一緒に、そうでないひとは流し見してください。
以下、内容です。

ギターカッティング中級編の第7弾は、II-Vのカッティングパターンを考えるVer.5。
前回のVer.4 の続きで、ギタリスト井桁学は、II-Vのカッティングパターンを自分ならどう考えて弾くのかを解説しています。
内容は中級編です。コード構成音やテンションノートなどの音楽理論を理解している前提で内容を進めています。
ギターカッティング中級編vol.7〜II-Vをどう弾くのかVer.5【井桁学のギターワークショップYouTube編Vol.104】

2月23日(Instagramに予告動画アップ)

祝日・天皇誕生日。やはり昨日のジムのダメージがあり筋肉痛。

天気もいいし、外に出たいところだけど、今日は一日中スタジオに籠る。外にも出ずに。レコーディング準備やミックス作業やたまりにたまっている作業に集中。

インスタに予告動画をアップしました。

2月24日(ソルダーノ SLO-100)

今日もスタジワーク。

ギターアンプのソルダーノのSLO-100がIKマルチメディアから無料ダウンロードとなった。

すでに使っている私ですが、リードプレイには定評のあるハイゲインアンプです。

2月25日(MODEL670)

ビンテージ・ロックサウンドを支えてきた伝説のコンプレッサー「Fairchild 670」をベースとしたモデル「MODEL 670」。
「Fairchild 670」といえば、バストラックや2mixのバスコンプとして使われることの多いコンプ。ミックスの最後やマスタリングの最終コンプとして使われることが多いものです。

2月26日(MixBox 試奏レビュー Ver.2~YOASOBI Ver.7 for Recording Vol.3(プリセット編1))

IKマルチメディア「MixBox」の試奏シリーズ第2弾。今回は、YOASOBI「夜に駆ける」のギターのライントラックにかけてみる。ギターアンプやコンプ、チャンネルストリプなど、ギター用のプリセットからピックアップして、エフェクトのツマミをいじって音色変化を感じる試奏レビューをギタリスト/ミュージックトレーナーの井桁学が解説。。

今回のギター用のプリセットの「American Vintage Clean」をピックアップ。使われているモジュールは、「Compressor」「American Vintage」「Channel Strip」の3つ。
コンプとギターアンプとチャンネルストリップをいじりながら音の効果や変化をチェック。オリジナルのYOASOBI「夜に駆ける」のギタートラックのようなざらいつたサチュレーションサウンドを作っています。
今回はモニタースピーカーからの録音で音をチェックしながら、コメントをしながらのレビュー。
最後には、録音した音での音色変化もチェックできます。

2月27日(3度目の正直のスパルタンレース@沖縄)

今日は沖縄初のスパルタンレースです。

当初は、2020年3月28日,29日開催予定で、私は28日のSUPERにエントリー。レースは11月28日に延期し、そして再延期となっての本日、2021年2月27日開催。

私は、今回不参加。レースに対してのモチベーションがどうしても上がらず。
いろんなレース、笑顔で参加できる気持ちになるまではエントリーは自粛かなぁ…。
でも、いつでも行けるようにトレーニングは欠かしませんよー。

写真は昔のドイツ村でのスパルタンレースSUPER。
今の気持ちは、このInverted wallを飛び立ったあとのように、前へ、前へ、ダッシュしたい気分なのさ!

2月28日(今月のお酒たち)

    2021年1月 2020年12月 2020年11月
2020年10月 2020年9月 2020年8月 2020年7月 2020年6月
2020年5月 2020年4月 2020年3月 2020年2月 2020年1月
    HOME>>>    
2019年DIARY

2018年DIARY

2014年DIARY
2013年DIARY
2012年DIARY
2011年DIARY
OLD DIARY>>>