PHOTOGRAPH >>>  

もう12月。今年は1年が一番早かったですね。去年よりも大変な1年でした。少しずつエンタメも復活。クリスマスの約束も2年ぶりに再開されました。

12月1日(TV収録「小田和正・クリスマスの約束2021」)

「クリスマスの約束2021」TV収録@舞浜アンフィシアター。

クリ約は、2年ぶりの開催。前回は横須賀でした。

久々のアンフィシアター。吉田拓郎さんと桜井和寿さんがゲスト出演した2013年のクリスマスの約束以来の場所。あの時の、拓郎さんと小田さんの歌は今も鮮明に覚えている。

小田さんのライブは、9月の横浜のイベント以来。

1曲目から泣いてしまった.
沁みるなぁ、歌詞と声が。

今回も素晴らしいライブでした。
TBSでの放送が楽しみです。

12月2日(AmpliTube X-VIBE Ver.7 〜PHASER〜AmpliTube X-GEAR 試奏レビュー Vol.8)

モジュレーションのマルチエフェクターX-VIBEのフェイザーのファクトリープリセットを紹介。今回はPHAZER CL、FOX(FOXX Foot Phaser)とSTONE(Electro-Harmonix Small Stone)のファクトリープリセットを6つ紹介。ギタリスト/ミュージックトレーナーの井桁学が16ビートのコードカッティングを演奏し、そのプレイにエフェクトのオンオフやツマミ操作でサウンド変化を紹介。

AmpliTube X-VIBE Ver.7 〜PHASER〜AmpliTube X-GEAR 試奏レビュー Vol.8【井桁学のギターワークショップYouTube編Vol.148 】

12月3日(小田和正さんのファンクラブ会報「PRESS」)

小田和正さんのファンクラブ会報「PRESS」最新号2021 Nov 25 Vol.373

取材・執筆した、SUPER BEAVERのインタビュー記事が掲載されています。

「え、なんで?」って意外に思う方も多いと思うので、
リードより以下を抜粋。


日本テレビ「MUSIC BLOOD」にて、影響の受けた楽曲としてオフコース「言葉にできない」を取り上げ、ロックアレンジでカバーした、SUPER BEAVER。

福岡の夏フェス「NUMBER SHOT 2021」に出演して、小田和正のライブを初鑑賞&初対面。そして、そのイベントでは本人よりも先に「言葉にできない」をカバー。
小田への思いや熱量が人一倍高いボーカル渋谷龍太と、自然に小田の音楽を聴いてきた他のメンバーたち。そんな彼らからみた小田和正の音楽との出会いや魅力について語っていただいた。


残念ながら会員の方しか読めないファンクラブ会報なのですが、
愛あるゆえのカバーと、小田さんの楽曲へのリスペクトを深々と感じたインタビューでした。

1時間の取材でしたが、ほぼノーカットで原稿にしています。
楽しいインタビューでした。

「あなた」という言葉でつないだ縁…。

素敵ですね。
つながっていくって。

12月4日(みゆな「奇術」)

みゆな「奇術」
11.24 配信リリース

注目している天才シンガーソングライター。ドキッとするワードが深い意味として刺さってきます。

本人曰く…
「相手にいくら愛を注いでいても相手に届いていなければその行動は愛を注いでた"つもり"だった」というもどかしさについて歌っています。

YouTubeにMVアップされています。

12月5日(Reol「Boy」)

Reol「Boy」11.24配信リリース
12月15日(水)にリリースするminiAL『第六感』よりリードトラック「Boy」の先行配信が開始。
このシンガーソングライターは去年本当にすごいと思ったなぁ…。ヒットした「第六感」のインパクトもあったけど、リズム感といい天才シンガー

12月6日(YOASOBIワンマンライブ「NICE TO MEET YOU」)

YOASOBIが武道館ワンマンライブ「NICE TO MEET YOU」。

これまで開催したライブ「KEEP OUT THEATER」「SING YOUR WORLD」はいずれも配信ライブとなっており、今回の「NICE TO MEET YOU」はYOASOBI自身初の有観客ライブとなる。


ステージがビジョンになっていて、曲によってはプロジェクションマッピングになったりする、観たこともないステージセット。
そしてどの曲も知っている楽曲ばかりでした。

そして、こちらは12/1発売の2nd EP「THE BOOK 2」

1. 「ツバメ」(YOASOBI with ミドリ−ズ)
(NHK・子ども向けSDGs番組シリーズ『ひろがれ!いろとりどり』テーマソング)
2. 「三原色」
(NTTドコモ「ahamo」CMソング)
3. 「大正浪漫」
(NTTドコモ「Quadratic Playground」コラボレーション楽曲)
4. 「もう少しだけ」
(フジテレビ『めざましテレビ』テーマソング)
5. 「優しい彗星」
(TVアニメ『BEASTARS』第2期エンディングテーマ)
6. 「怪物」
(TVアニメ『BEASTARS』第2期オープニングテーマ)
7. 「もしも命が描けたら」
(舞台『もしも命が描けたら』テーマソング)
8. 「ラブレター」
(TOKYO FM/JFN『日本郵便 SUNDAY'S POST』レターソングプロジェクト楽曲)

12月7日(長屋晴子 from 緑黄色社会)

今日は緑黄色社会のボーカル・長屋晴子さんの取材。こちらアナウンスは来年になりそうです。

来年、リョクシャカはニューアルバム発売(2022.1.26Release)です。
ということで、音源をいただいたので聴いてみます。
前作を超えるアルバムだそうです!

12月8日(神保彰)

世界で最も有名な日本人ドラマーの神保彰さんにインタビュー。
5年ぶりに再会。プライベートスタジオの取材で神保さんのご自宅を伺った以来だし、2ショット撮ってもらった唯一のドラマーだったりする。

80年にカシオペアでデビュー以来、90年のJIMSAKU、“ドラム・トリガー・システム”を使ってメロディやアンサンブルを一人で叩き出す、ワンマンオーケストラなど、世界的トップドラマーとしてあまりにも有名です。その超絶技巧のテクニックと温かい人柄で、世界中で活動している神保彰さんの31枚目と32枚目となるソロアルバムが2021.12.22に2作同時発売。今回、ソロアルバムについて話を聞きました。

31thアルバム『SORA』は、AORフィーリングなアルバム。ネイザン・イースト(Vo&Ba)、パトリース・ラッシェン(Vo.Pf)、ジェフ・ローバー(Pf&Key)、フレディー・ワシントン(Ba)らが参加。

32thアルバム『アメアガリ』は、自身のドラムとプログラミングによるソロアルバム。神保彰のライフワークともいうべきドラムという楽器の可能性に多角的に革新的にチャレンジした作品。

本日できたというサンプル盤をいただきました。
こちらの情報は発売日の12/22にアナウンスできそうです。

神保さん、今年(2021年)に5枚のソロアルバムを発売というから驚き。
その3枚『28 NY BLue』『29 NY Red』『30 TOKYO Yellow』の3枚もいただきました。

そして、個人的に、今年のフュージョンアルバムNo.1だと思っているJIMSAKU『JIMSAKU BEYOND』もいただきました。
いやぁ、一気に神保彰ワールドになってしまいました。

さて、原稿まとめなくっちゃ…。

12月9日(Penthouse「Living Room-EP」)

Penthouse「Living Room-EP」
11月24日に配信リリース
このバンドも前に何曲か紹介したけど、結構好きなんだよなぁ…。
合わせて、同作からリード楽曲「Change the world」が先行配信された。
ビクターエンタテインメント移籍第1弾。
今年5月にリリースしiTunesのR&B/ソウルランキング1位を獲得した楽曲「...恋に落ちたら」をはじめ、9月に配信リリースされた「Jukebox Driver」、そしてPenthouseが結成され2019年6月にリリースされた1stシングル「Fireplace」を新たに再録したバージョン「Fireplace (Re-recorded)」も収録。先行配信された「Change the world」と未発表音源2曲も追加された計6曲収録のEP作品となる。

12月10日(中野サンプラザ)

観客100%。

角松敏生さんの全国ツアーの東京公演。ソールドアウト2Days初日にお邪魔しました。

耳も心も癒される音楽。
4リズム、4ホーン、4コーラス。
40周年を締めくくる毎年恒例の中野サンプラザ。
角松さん、来年のことついに観客に公言しちゃいましたね。
知っていたこととは言え、宣言することで自ら追いこむ姿勢に感動。
来年、再来年とインタビューが楽しみです。

TOSHIKI KADOMATSU Performance 2021
Reverberation of the 40th Anniversary & Ring in the new season

12月11日(AmpliTube MESA/Boogie 2)

先日リリースされた、メサ・ブギーのギターアンプを使わせていただけることになったので、早速インストール。
Mesa Engineering公認コレクションの第2弾となるAmpliTube MESA/Boogie 2には、
新しいアンプ4種類『MESA/Boogie California Tweed』、『MESA/Boogie Triple Crown TC-100』、『MESA/Boogie Mark V』、『MESA/Boogie Mark IIC+』、新しいキャビネット5種類は、『1×12 California Tweed』、『2×12 California Tweed』、『2×12 RoadKing』、『4×12 RoadKing Black』、『4×12 RoadKing Vintage』。

MESA/Boogie California Tweed、Triple Crown TC-100 ヘッド、Mark V、Mark IIC+という4種のアンプ、5種のキャビネット・モデルが収録。

初代AmpliTube MESA/Boogieのリアルさはすごかったからなぁ。個人的にはMark IIIとMark IV,Dual Rectifier、Triple Rectifierの4台で十分なのですが、また新たなモデルが登場ということで、試奏するのが楽しみです。

来週のレコーディングで使ってみようかなぁ。

12月12日(優里「ドライフラワー」Ver.5~コピーシリーズVol.6)

ギタリスト中級者のための優里「ドライフラワー」のAメロコード進行でのアルペジオパターンのアプローチ方法を解説。
コードボイシングにおけるトップノート(一番高い音)やボトムノート(一番低い音)といった専門的な音楽用語も増えていきます。
コードを押さえるポジションも解説していますが、タブ譜はなくコードの度数関係の解説など、音楽理論を知った人向けに解説していますので、初心者の方は、プレイのポジションを覚えて、どういうコードボイシングをするのかをなんとなく見ていただければと思います。初心者や初級者は。以前のバックナンバーのVer.1~Ver.4を御覧ください。
優里「ドライフラワー」Ver.5~コピーシリーズVol.6 【井桁学のギターワークショップYouTube編Vol.149】

12月13日(『ケツノポリス12』)

2021年3月にベストアルバム『ケツノパラダイス』を発売し4月から連続デジタルリリースをしているケツメイシ
約3年ぶりとなるオリジナルアルバム『ケツノポリス12』が12月1日発売。

ケツメイシに会ったのは、2001年のデビューシングルの時。とっても細かく深く考えてリリックを作っているのが印象的でした。

今回も「小さな幸せ」の歌詞は泣けますね…。

12月15日(King Gnuライブ@代々木)

King Gnu全国アリーナツアー『King Gnu Live Tour 2021 AW』のセミファイナルへ。

満員御礼。
久しぶりの爆音。
CDよりもいいライブを体感したのって、いつぶりだろう。
サポートミュージシャンを入れずに4人でやっているってことがすごい。
新時代の最強バンド。

12月15日(スキマスイッチ『Bitter Coffee』)

スキマスイッチ『Bitter Coffee』
11月24日発売
“今、メンバーが作りたいもの"をテーマに、スキマスイッチの魅力であるシニカルな世界観や、今までにない挑戦的な楽曲を収録したアルバム。こういう曲もいいよねぇ…。

12月後半。師走らしいようやく忙しくなってきた感じの後半。5年ぶりぐらいに会う人達と24年ぶりに観る人たち。

12月16日(プレゼントのAASの拡張音源SOLIDS)

毎年恒例のAASからのプレゼント。今回はSOLIDAという音源にした。101のプリセットが収録されている。

THE 101 PRESETS OF SOLIDS
Basses
* Precision Orgbass
* Transient Bass
Kicks and Percussions
* Synthwave Kick
* Melodic Tymbale
* Steam Monster
* The Gong Show
* Tympanica
Keys and Organs
* Faux Lo Piano
* Harpiano
* Reedvibes
* Rhodesian
* Cave Organ
* Distant Drawbars
* Grabbing Hands
* Them & Us
Mallets, Bells, and Chimes
* Bellarina
* Echo Toy
* Mellow Island
* Millerrific
* NOFX
* Additive Bell
* Beautiful Clattering
* Carillon
* Churchtower
* Clavierbell
* Organic Bell
* Tuned Symbols
* Fauxecho Chime
* Sylvan Chime
Leads and Pads
* Analog Layering
* Chuggin Metal
* Dirty Mouth
* Marina
* Air LAX
* Crystalline Breath
* Ephemeral Pad
* Internal Motion
* Pad Layer
* Phased Strings
* Polyhumana
* Sacred Pad
* Shimmershine
* Squarepad
* Thinalog
Arpeggios, Layers, Rhythms, and Sequences
* 12 String Dulcimer
* Abbey Arpeggiator
* Analog Dulcimer
* Cathedral
* Dreamtime
* Film & TV Ready
* Haunting of the Bells
* Lullappeggio
* Mallet Space
* Morning After
* Rainforest Chase
* Rubberpeggio
* S&H Mode
* Solid Bass 100
* Unipeggio
* Vintage Anapluck
* Wolfen Hunger
* Punctuator
* Hybridizer
* Wobblebongo
* Big Ol' Bass
* Future House Bass
* Hausbass
* House Organ
* Major Rhythm
* Scatterpluck
* Sixteen Rhythm
Guitars and Plucks
* Edge Mutes
* Guitar Intro
* Nuance
* Chamber Performance
* Graj Mahal
* Mac's Pluck
* Pizzicato
* Psycherock
* Squareverb
* Tykopluk
Strings
* Rich and Thin
* Stringsynth
* Stringvox
Textures
* Airy Swell
* Ambient Generator
* Beam Me Up Pad
* Butterflutter
* Federation Orchestra
* Granular Methodologies
* Harmonic Waves
* Mysterious Occurence
* Sonariffic
* The Mangler
* Whispering Winds
Choirs
* Choir, yep.
* Symplesoft
Brass and Winds
* Majestic Horn
* Melancholia
* Steps Ahead
* Zarrarr

12月17日(アリシア・キーズ『KEYS』)

アリシア・キーズ『KEYS』12月10日デジタル/ストリーミングRelease。2020年9月にリリースされた『Alicia』に続き2作連続でのセルフ・タイトル。今作には1つの楽曲に対し<オリジナルズver.>と<アンロックドver.>の2種類の音源が対をなして収録。

12月18日(神保彰 32thアルバム『アメアガリ』)

神保彰
32thアルバム『アメアガリ』
2021.12.22発売

神保さん、2作同時リリース。
自身のドラムとプログラミングによるソロアルバム。テクノミュージック志向楽曲で、神保彰のライフワークともいうべきドラムという楽器の可能性に多角的に革新的にチャレンジした作品。

ポリリズムというか、リズムの拍の中にグルーブがコラージュされているので、とても難しいし、ドラマーはコピーしたくなるだろうなぁ。

12月19日(AmpliTube X-GEAR Software Version試奏レビュー Vol.9~X-DRIVE Ver.1)

今回は歪みのマルチエフェクターであるAmpliTube X-DIRVEにフォーカスします。オーバードライブやディストーション、ファズなど16種類の歪みエフェクトが搭載されたモデル。今回はディストーションのエフェクト5つをピックアップし、ギタリスト/ミュージックトレーナーの井桁学が試奏しながら解説。

AmpliTube X-GEAR Software Version試奏レビュー Vol.9~X-DRIVE Ver.1 【井桁学のギターワークショップYouTube編Vol.150】

12月20日(FREEDOM STUDIO )

大久保のレコーディングスタジオ、フリーダムスタジオへ。一度閉鎖して、いまはFREEDOM STUDIO INFINITYという。

12月21日(5年ぶりにCharさんと)

5年ぶりにCharさんと。

マスク姿の私でも覚えていてくれてました。
記憶が正しければ、2002年ぐらいから毎度取材していましたからね。

今年はデビュー45周年。とはいえ中学生の頃からスタジオミュージシャンやってたはずなので、プロミュージシャンとしては50周年。

前回は2016年にCharさん自宅の地下スタジオで撮影したのですが、それ以来ということで記念に撮った写真。

相変わらずのCharさんで、いろいろ話もできて楽しかった。写真撮ったときと帰りの時に、私だいぶイジられましたたけどね?

この内容は来年アナウンスかなぁ…。

12月22日(神保彰さんインタビュー記事)

神保彰さんのインタビュー記事がBillboard JapanのWEBにアップされました。

31枚目と32枚目となるソロアルバムを2作同時発売。
なんと今年5枚目となるソロアルバム。そしてJIMSAKUも今年なので、なんと6枚?
アルバムですよ!
聞いたことない、そんな数のリリース。
創作意欲と作曲能力が凄すぎる。

12月23日(神保彰 31thアルバム『SORA』)


神保彰
31thアルバム『SORA』
2021.12.22発売

世界的トップドラマーの神保さん。
カシオペアからずっと聴いています。
AORフィーリングなアルバム。
ネイザン・イーストもベースとボーカルで参加しています。

12月24日(クリスマスの約束2021)

『クリスマスの約束2021』

2001年に放送を開始し、今年21年目となる 『クリスマスの約束』。
2年ぶり19回目となる今年は、熊木杏里、清水翔太、JUJU、スキマスイッチ (大橋卓弥、常田真太郎)、長屋晴子 (緑黄色社会)、根本要 (STARDUST REVUE)、水野良樹 (いきものがかり)、矢井田 瞳、和田唱 (TRICERATOPS) らがゲスト出演。

私自身、小田さんとはこの表紙の2001年のアコースティックギターマガジンでの3時間を超えるインタビューから関わっているので、私もクリ約と同じで、気がつくともう21年目。

その後も音楽雑誌やフリーペーパー、WEBなどでアルバムやライブ、機材レポート、そして小田さんのファンクラブ会報など担当してきました。

そして、この番組は確か第2回目の2002年から会場で観させていただいています。

進行中の〆切の最終確認もあって、原稿片手にリアルタイムで観る。

ライブで体験しましたけど、放送を見て感動がよみがえる。

素晴らしいハーモニーのコーラスワーク。歌詞で感じる想いとメッセージ。

音楽の素晴らしさをただただ噛みしめる。

つながっていくことは希望なんだ。

12月25日(L'Arc〜en〜Ciel『30th L'Anniversary TOUR』@東京・国立代々木競技場第一体育館)

L’Arc〜en〜Ciel「30th L'Anniversary TOUR」
ファイナル公演の国立代々木競技場第一体育館4Daysのセミファイナルのライブレポートへ。

久しぶりにロイヤルボックス席。

関係者にもプレゼントされたバットマラカスライト。7色に変わって、コレを振ることで音がして拍手の代わりになるもの。

「30th L'Anniversary TOUR」はL'Arc-en-Cielの結成30周年を記念し、9月から行われているアリーナツアーは、全国8ヵ所19公演。セミファイナルとファイナルとなる25日と26日は、全国各地の映画館でLIVE VIEWINGもしている。

L’Arc〜en〜Cielって、1997年12月23日に東京ドームでやった“L’Arc〜en〜Ciel1997 REINCARNATION”以来。って24年前か(驚)。1997年2月から活動停止して、yukihiroがサポートドラマーとして参加し、「虹」を発売してが大ヒット。そのあと復活ライブを行った、バンド初の東京ドームでした。

VAMPSやgeek sleep sheep、ソロなどは何度か観たけど、L'Arc〜en〜Cielは久しぶりすぎる。
でもヒット曲が多いから、知っている曲ばかり。

年明け〆切だけど、今日ある程度ギターにフォーカスしたレポートを書かないと忘れちゃうから。
こちらは来年アナウンスします。

12月26日(B’z『FRIENDS III』)

B’z『FRIENDS III』
12.8 Release


25年ぶりのコンセプトアルバムシリーズ第3弾。

B’zもかなり長く仕事していました。
今でも記憶に残っているライブは、静岡県浜松市の渚園での台風で土砂降りのライブ。
2003年のB’z15周年の記念日にやったライブ。機材取材で入って、その後ライブレポートしたけど、もうカッパ来ていても関係ない土砂降り。帰りは渋谷についたの朝だったもんなぁ…。

12月27日(Reol『第六感』)

Reol『第六感』12/15リリース。BOAT RACE 2020」イメージソング「第六感」は、東京ゲゲゲイをゲストボーカルに迎えたMV versionの「第六感 feat.東京ゲゲゲイ」を初音源化。さらに、フジテレビ系TVアニメ 「デジモンアドベンチャー:」エンディング主題歌の「Q?」、現在放送中のアニメ「MUTEKING THE Dancing HERO」挿入歌の「Ms.CONTROL」、スマホアプリゲーム「白夜極光」テーマソングの「白夜」に加え、完全書き下ろし新曲である「ミュータント」、「Nd60」、「Boy」の全7曲を収録。
こちらも天才シンガーソングライター。

12月28日(mpliTube X-GEAR Software Version試奏レビュー Vol.10~X-DRIVE Ver.2)

年内最後のYouTubeアップです。

今回は歪みのマルチエフェクター、X-DRIVEのツマミについての解説。X-DRIVEには細かい設定ができるツマミ、4ページほどあります。それらのツマミの紹介とX-DRIVEの試奏の感想をギタリスト/ミュージックトレーナーの井桁学が解説。

AmpliTube X-GEAR Software Version試奏レビュー Vol.10~X-DRIVE Ver.2 【井桁学のギターワークショップYouTube編Vol.151】

 

12月29日(川崎鷹也『カレンダー』)

今日はジムが最終営業日。ということで、いつもの五反田とヨガを受けに喜多見へ。

その後、立川でギタリストとサシ飲み。すっかり写真とるの忘れた(笑)。

大ヒット曲「魔法の絨毯」で大注目のシンガーソングライター・川崎鷹也!初のメジャーオリジナルアルバム『カレンダー』を12/15にリリース。

「カ1レンダー」は、川崎が「魔法の絨毯」を書き下ろしてから約4年ぶりに書かれた自身のリアルラブソング。ギター1本の弾き語りで十分音楽を伝えられるほど、めっちゃギターうまい。

12月30日(マイル修行で福岡へ)

5年ぶりに福岡へ。一昨日決まったマイル修行。

早めに空港に行って、ラウンジでビールや焼酎などを飲みながら。

最後に仕事のメールを終わらせて、今日から1月2日までの4日間はパソコンを開かないことにした。

そんな4日間だけの正月休み。

12月31日(福岡2日目)

ホテルをチェックアウトして、ランチはウルフギャングへ。

昨日弾丸で福岡に来て、温泉でリフレッシュして、博多の料理を食べて。
朝風呂からのキャナルシティにきてランチ。

テーブル担当の方が親切な人だったので、いろいろオーダーをカスタマイズできてよかった。量が多いからね、ここは。

そして、正月用の買い物を阪急でして、空港へ。年内最後は鍼とマッサージで体のメンテナンス。


    2021年11月 2021年10月 2021年9月
2021年8月 2021年7月 2021年6月 2021年5月 2021年4月
2021年3月 2021年2月 2021年1月 2020年12月 2020年11月
2020年10月 2020年9月 2020年8月 2020年7月 2020年6月
2020年5月 2020年4月 2020年3月 2020年2月 2020年1月
    HOME>>>    
2019年DIARY

2018年DIARY

2014年DIARY
2013年DIARY
2012年DIARY
2011年DIARY
OLD DIARY>>>