12月です。あっという間だったとは、年々思いますが、年内は12/19の週でレッスンは終了します。年明けは1月10日からになりますので、よろしくおねがいします。今年もあともう少し、頑張りましょう。

  PHOTOGRAPH >>>  
12月1日(はじめてのアンプセッティングVol.7〜カッティングでのHigh Gainサウンド)

ヴァーチャル・アンプ・デザイナー、Positive GridのBIAS AMP 2の第6弾はHi Gainのカテゴリーからアンプをピックアップ。今回はBogner® Ecstasyをベースにした「RB 101B」をセレクト。アンプの特徴、どんなハイゲインサウンドなのか、そしてGAIN設定でのクランチやクリーン、トーンツマミの効きなど、紹介します。
はじめてのアンプセッティングVol.7〜カッティングでのHigh Gainサウンド〈featuring BIAS AMP 2 Elite Ver.6〉【井桁学のギターワークショップYouTube編Vol. 199 】

12月2日(今日から沖縄へ。燕郷房〜リバーサイド琉炭)

今日から沖縄へ。4:45起き。サッカーを観ると前半で0-1で負けていた。後半、まさか勝つとは驚き。勇気もらったわ。


リムジンで羽田空港へ。朝食は空港の丸亀製麺。そして、ラウンジへ。朝ビールを一杯だけ。今回プレミアムクラスへアップグレードできなかったので、普通席で。那覇空港到着後、ゆいレールで移動。乗るの5年ぶり。車ではない移動も珍しい。

昼は燕郷房。前回も食べた四川料理店。四川坦々麺とライス。辛くて口から火吹くわ。白ごはんが甘くて、ご飯で辛さを抑えて繰り返し。汗びっしょりで、風呂上がり状態。

ランチ後、国際通りへ。修学旅行生だらけ。りらくる国際通り店へ。今日は最終調整でマッサージ。毎週ペアストレッチですが、今日は沖縄なので、事前に予約した90分コース。青学駅伝チームのコースもあったのて、いろいろセラピストと相談して、足ツボと全身を。うつ伏せでは何度か寝てしまい自分のイビキで起きること4回。昨日睡眠少ないからね。
右側が張っているようだ。夜お風呂でケアしなくては。

夜は1人になったので、いつもの店へ。1人飯大っ嫌いなので、知ってる店へ。ここは8月にきた以来。オーナーと話しして。1人だとハーフメニューがあるから便利。珍しく、刺身と日本酒・鍋島を飲んで、あとは石垣島のいつもの泡盛。
最高だな、ぼっち飯。

12月3日(ランナー受付と土砂降りの雨)
午前中からランナー受付へ。長蛇の列に驚く。1時間以上かかるかと思ったら、30分で済んでよかった。その後、あしびなーへ行くも、土砂降り。いや台風並みの風と雨。これ、明日だったら絶対にやめてるわ。夕方には雨もやみ、夜は鉄板焼の店へ。
12月4日(NAHAマラソン)

NAHAマラソン2022 完走
26℃を超える夏日の中、途中どしゃ降りもあり、10キロ地点でココロ折れかかりました。
完走できないかもとハーフ時点で思いましたが、諦めずに制限時間ギリギリでゴールできました。
タイムはNAHAマラソン2017よりも1時間以上オーバー。
マラソンで初めて歩きました。しかも100回以上。
暑さで体力が持たず、30キロ、35キロでは目がチカチカしだす貧血症状も出てしまい、後半は足の痛みから走っては痛くて止まっての繰り返しでした。
なんとか完走できてメダルももらえ、オリオンビールとオリオンレモンチューハイで乾杯。

3年ぶりの開催となるNAHAマラソン。
完走者は8076人、完走率は67.68%。
私のフルマラソンは5年前のここから始まりました。
次は来年1月の新宿ハーフマラソン。国立競技場から始まります。

12月5日(琉球カリンバ)
カリンバを購入。高良レコードオリジナルの琉球音階のカリンバ。マホガニーとコアがあったのだが、コアを選択。さらに、木目のきれいなものを選んた
12月6日(WAVES Berzerk Distortion(バーゼルクディストーション))

Berzerk Distortion(バーゼルクディストーション)

ワイルドで混乱したクリエイティブなディストーションに最適なプラグインをインストール。

以下、WAVESのサイトより引用。
ワイルド、クレイジー、クリエイティブなディストーションのための強力なプラグイン。
全10種類オリジナルのディストーション波形、アドバンスドフィードバック、ピッチ、ダイナミクス、サイドチェイン、M/Sプロセッシングなど、さまざまな実験に使いやすい機能に加え「Go Berzerk!(ゴー バーサーク!)」ボタンで予測不可能、クレイジーなランダムディストーションを作り出すこともできます。 新しいビートを作るとき、シンセのメロディーで遊んでいるとき、その場で曲のアイディアをまとめなければならないとき。制作を前に進める「インスピレーション」が欲しくなることがあるでしょう。WAVES Berzerk Distortionはそんな思いを叶えるツールとして開発しました。

12月7日(Syntronik 2 用のシンセ「Syntronik Synth-X」)

拡張音源をインストール。
80年代初頭に製造されたイタリアのモンスター・ポリシンセ「Elka Synthex」をベースにした、Syntronik 2 用のシンセ「Syntronik Synth-X」。パッド、スイープ、リード、ベース、SFX などの多岐に渡るサウンドが収録。オリジナルの Synthex は、現在は市場で $10,000 以上の値段で取引されている伝説のビンテージシンセ。

製品内容:9.46 GB を超えるコンテンツ容量、103 種類のプリセット、47 種類の Wave セット。

12月8日(TONEX 試奏レビューVol.5 ToneNETをチェック)
TONEXの試奏レビュー第5弾は、TONEX ToneNETを紹介。IK Multimediaのオンライン・トーン・シェアリング・ソーシャル・プラットフォームであるToneNET。いったいToneNETは何ができるのか? 

TONEX 試奏レビューVol.5 ToneNETをチェック【井桁学のギターワークショップYouTube編Vol.200】
【チャプター】
0:22 TONEX ToneNETとは
2:42 プロがアップしているToneNETプリセット
4:20 ToneNETプリセットはWEBブラウザーからも閲覧可能
6:29 AmpliTubeプリセットも閲覧可能

12月9日(角松敏生)

年末恒例の中野サンプラザホール2Days。

TOSHIKI KADOMATSU Performance Close out 2022 & Ring in The New Season

ここでの角松さんのライブ、何回見たんだろう。ちょうどいいキャパで見やすくて音がいいホールでしたが、来年閉館。

今回はさようならサンプラザ公演的なセットリスト。
MILADのdancerも登場して、ついついdanceに興奮してくる。知ってるステップ多いし、久しぶりに踊りたいなぁって思った。

終演後、角松さんと。
挨拶が1番になったこともあり、お互い笑いながらの写真。ギターのナイル・ロジャース・モデルのストラトの話をしながら。角松さんに「(記事)書いてよー」って言われるのですが、角松さんが忙しすぎて取材日出なかったんですけどね、今年のアルバム。なので、来年やりましょうと話して終わりました。

12月10日(聖飢魔U期間再延長再集結「35++執念の大黒ミサツアー」)

聖飢魔U期間再延長再集結「35++執念の大黒ミサツアー」@東京ガーデンシアター。
全国ツアーの東京公演。ようやく本当のライブです(涙)。

思えば35周年は2020年。
コロナで、当初はホール・ツアーとアリーナ・ツアー含む全国15の大黒ミサ公演を予定していたが、コロナで“ヴィデオ黒ミサ&生トークツアー『特別給付悪魔』”に変更。国際フォーラムに観に行きました。

2021年に35周年再集結活動の続行でヴィデオ&変異生黒ミサツアー『悪チン集団接種』で、16年ぶりにエース清水長官がヴィデオ黒ミサの一部で参加。東京ガーデンホールに観に行きましたが、そこでのアコースティックライブは、プレイやMCmの含め、ある意味とても貴重なものでした。

そして、2022年-2023年。ようやく通常のライブセットでの全国ツアー。

2022.12.10 有明・東京ガーデンシアター
ラストの曲は泣けるなぁ…。

23年ぶりのアルバム『BLOODIEST』を発売。ちなみにアナログレコードも発売されています。まるで信者のように全形態持っている(笑)。

次は2023年2月15日(水)代々木第一体育館の追加公演だ。

12月11日(yonawo全国ツアーファイナル@恵比寿ザ・ガーデンホー)
yonawo全国ツアーファイナル@恵比寿ザ・ガーデンホール。スタンディングで超満員のホールライブ久しぶりに観ましたね。LIVEレポートまとめなければ。情報解禁になったときにまた改めて。ここ20代のころステージ立ったことある気がする。それ以来かなぁ来るの。LIVE3日間連チャン終了。
2022.12.11 恵比寿ザ・ガーデンホール
12月12日(Hitmaker: Reggaeton from SampleTank 4拡張音源 )

音楽制作モード。拡張音源で使っているHitmaker: Reggaeton
SampleTank 4拡張音源。以下、WEBより引用。

速攻トラック制作対応の、レゲトン・サウンド、グルーブ集
- レゲエとプエルトリコの音楽を組み合わせ、全世界で大ヒットとなっているレゲトン対応の素材を提供
- ドラムキット、アナログ・シンセ、ギター、ピアノ、ベース、ストリング、ボーカル、MIDIグルーブ。

12月13日(T-RackS The Farm Stone Room発売)

T-??RackS The Farm Stone Room は、フィル・コリンズが在籍する、プログレッシブ・ロック・バンドのジェネシスは、ホーム・スタジオであるイギリスの「フィッシャー・レーン・ファーム」でその魔法を再現するため、あの象徴的なドラム・サウンドを生み出した「タウンハウス・スタジオ」と同じスペックのストーン・ルームを建設します。残念なことに、現在この2つのスタジオは存在しませんが、IKはこの残響を永久に手に入れることができなくなる前に、フィッシャー・レーン・ファームを独占的に取材する許可を取り、ソフトウェア上で再現しました。

12月14日(吉俣良『映画「Dr.コトー診療所」オリジナルサウンドトラック』)

吉俣良『映画「Dr.コトー診療所」オリジナルサウンドトラック』
2022.12.14 Release

大人気のTVドラマ『Dr.コトー診療所』。シーズン1の2003年、シーズン2の2006年以来、16年ぶりの続編が映画で復活。今回、中島みゆきの名曲「銀の龍の背に乗って」の主題歌を収録したオリジナルサウンドトラックとして発売。音楽は劇伴作家として有名な吉俣 良。数々の名シーンを支えるサウンドが蘇る。
広い草原を感じさせるストリングスが流れ、その中を緩やかな三線からのメロディが響く〈ふがらっさ2022〉は聞き馴染みのあるテーマソング。このメロディを聴くだけで、青い空や海、山といった南国の自然が目の前に現れる。
こちらも聞き馴染みがあり、シーンを回想してしまいそうな〈Titoli di COTO〉。風景や景色が見える南国情緒溢れる楽曲や、心情描写の曲など美しいインストサウンドばかりだ。

12月15日(はじめてのアンプセッティングVol.8〜カッティングでのHigh Gainサウンド)

ヴァーチャル・アンプ・デザイナー、Positive GridのBIAS AMP 2の第7弾はHi Gainのカテゴリーからアンプをピックアップ。今回はSoldano® SLO-100をベースにした「SLO 100」をセレクト。アンプの特徴、どんなハイゲインサウンドなのか、そしてGAIN設定でのクランチやクリーン、トーンツマミの効きなど、紹介します。

はじめてのアンプセッティングVol.8〜カッティングでのHigh Gainサウンド〈featuring BIAS AMP 2 Elite Ver.7〉【井桁学のギター ワークショップVol.201 】

個人レッスンは1月10日からになりますので、よろしくおねがいします。2022年もありがとうございました。

12月16日(Salsa Percussion Loops)
昨日(12/15)発売されたサルサ・パーカッション・ライブラリー、Salsa Percussion Loops。使わせていただくことになり、早速インストール。
ティンバレス、コンガ、キックとスネア付きのティンバレス、ボンゴ、ハンド・ベル、ギロなど、サルサに必要なすべてのリズム楽器やループが収録されています。グラミー賞にもノミネートされた、キューバのプロデューサー Alex Rivas によって制作されています。
12月17日()

SPARTAN RACE TRIFECTAのメダル。
Trifecta(トライフェクタ)とは1年間にSPRINT / SUPER / BEASTのすべてを完走することで達成。

最初は始めて2年後の2019年に達成。千葉のSUPER、福島のSPRINT、新潟のBEAST。そして2020年はVIRTUL RACEで達成。
で、もはや長距離のULTRAしか興味ないから海外レースしかなくてなかなか参加できない。

12月18日(NATIVE INSTRUMENTSのHypha)
NATIVE INSTRUMENTSのHypha
2023年1月16日まで期間限定無償提供。同社のソフトサンプラーKontakt 7または無償のKontakt 7 Player上で動作し、Mac/Windowsに対応。
Hyphaは、自然界から着想を得てデザインされた、アコースティックとエレクトリックのハイブリッドなサウンドが特徴。8つのエフェクト、さまざまなチューニングシステム、ランダマイズオプション、鍵盤を1回弾くだけで完全なコード進行に変えることができるパフォーマンスモードなど搭載している。
12月19日(IFAワールドカップ カタール2022決勝)

FIFAワールドカップ カタール2022決勝

アルゼンチン3―3(PK4―2)フランス

歴史に残る試合。この試合リアルタイムで観られたことに感謝。

アルゼンチンがフランスを3―3で迎えたPK戦で下し、36年ぶりとなる優勝。FWメッシが2ゴールを挙げ、大会MVPを獲得。

敗れたフランスのエムバペはハットトリックで、初の得点王。

いやぁ、すごい試合だった。どっちが勝ってもおかしくないよなぁ…。

最終順位
日本9位
こちらも立派です。

12月20日(山中千尋『Today Is Another Day』)
明日発売、山中千尋『Today Is Another Day』
2022.12.21 Releaseニューヨークを拠点に世界を駆ける、日本が誇るジャズ・ピアニスト山中千尋。本作は、実に 2 年半振りとなる全編ニューヨークでの新録 音で届けられる、待望のニュー・アルバムだ。
●美しいテーマが印象的な本人書き下ろしの新曲「Today Is Another Day」と「Old Days」、キース・ジャレットの名曲「So Tender」、財 津和夫による「切手のないおくりもの」など、バラエティに富んだ楽曲をセレクト。ピアノ・トリオ編成で、山中の真骨頂でもあるエネルギッシ ュかつリリカルなプレイを存分に楽しむことができる。 ●本作のバックを支えるのは、山中のアフター・アワーズ・トリオとしても長年活躍を続ける脇義典(b)、アビー・リンカーン作品への参加やデ ューク・エリントン・オーケストラとしての活動も知られるジェニファー・ヴィンセント(b)、そして 2001 年に発表された山中の CD デビュー 作『リヴィング・ウィズアウト・フライデイ』にも参加した盟友ラフラエ・オリヴィア・サイ(ds)。
12月21日(Tabby Dance:A|A|S Ultra Analog and AAS Player sound bank )

Tabby Dance
A|A|S Ultra Analog and AAS Player sound bank

AAS毎年恒例の1製品無料ダウンロード。今回はEDMサウンドコレクションをセレクト。

Tabby Dance は、バイブスとスタイルの優れた 100 の最先端の EDM サウンドのコレクションです。以下WEBサイトからの引用。

Tabby Danceでは、専属のサウンドデザイナーであるChristian Laffitteが、広大なエレクトロニックダンスミュージックの世界をスタイルと内容でカバーする最先端のサウンドコレクションを提案します。80年代から21世紀まで、Tabby DanceはBig Room、Techno、Progressive & Future House、Electro、PSY Trance、Futurepop、Dub、TrapなどのEDMサブジャンルの広い範囲をカバーします。ベース、キー、パッド、アルペジオ、プラック、キック、スネアの幅広いセレクションで、Tabby Danceは100の高品質なEDMの定番とオリジナルのサウンドの専門的なコレクションを作り上げています。さらに、各サウンドに強力なマクロを作成し、プロデューサーがオートメーションを完全に制御できるようにすることに特別な注意が払われています。最初のキックから最後のマクロ・オートメーションまで、この完全なEDMサウンド・ソリューションは、ダンスフロアに良いバイブスをもたらすのに役立ちます。

12月22日(The Code Volume 1: Urban DNA Kits)
R&B 、ヒップホップ・ミュージックに最適なSampleTank 4 用の拡張音源「The Code Volume 1: Urban DNA Kits」の試奏レビュー。2 種類のプレイバック・アルゴリズムを持つ 30 種類のコンストラクション・キットで構成された合計 60 種類のプリセット。432 種類のオーディオ・ループ(432 種類のサンプル)、1.4 GB を超えるコンテンツ容量。

The Code Volume 1: Urban DNA Kits試奏レビュー【井桁学のギターワークショップYouTube編Vol.202 】

【チャプター】
0:39 The Code Volume 1: Urban DNA Kits
1:58 収録ライブラリーの解説
2:45 各コンストラクションキットについて
3:08 コンストラクションキットの再生
7:04 8つのマクロノブでエフェクトがかけられる

12月23日(新シリーズYouTube撮影)
アコギと鍵盤を使って説明しました。ということは、どんな内容かは、なんとなく予想できそう。ついにあの内容が新シリーズとなってYouTubeで展開されます。
12月24日(クリスマスツリー@立教大学)
12月25日(クリスマスツリー@立教小学校)
12月26日(Filter MS-20)
Arturiaが新作プラグイン、「Filter MS-20」を発表。通常価格:99ドルの有償プラグインですが、2023年1月2日までの期間限定無料ダウンロード。いわゆるKORGのMS-20を元に開発されたフィルター/ディストーション・プラグイン。早速ダウンロードして、使ってみたいと思います。
12月27日(Diezel VH4。)

Diezel VH4。
有名な完全独立4チャンネルアンプヘッド。
1994年に登場以来、分厚く暴力的な重低音と歪みが特徴の100Wのアンプヘッドです。メタリカのジェイムズ・ヘットフィールド (Vo/Gt) の使用によって世界的に有名になり、ハイゲイン・アンプヘッドの代表格の一つとなっています。

モダンハイゲインアンプとして有名なのですが、実はクリーンの音の良さはプロギタリストに定評があり、あえてこのアンプのクリーンを使うということも多いんですよね。
個人的にはこのクリーンチャンネルとクランチチャンネルの音はレコーディングでよく使っています。そして、ディストーションやウルトラハイゲインはたまに、リードで使うこともありますが、リードはSoldano SLO-100の方が多かったりします。

12月28日(小曽根真 & Park Street Kids feat.北村英治『PARK STREET KIDS』)

小曽根真 & Park Street Kids feat.北村英治『PARK STREET KIDS』2022.12.28 Release

小曽根真が自身のルーツ、ディキシーを辿るスペシャルプロジェクト
レジェンド北村英治ら"PARK STREET KIDS"とともに奏でる
音楽と人生の素晴らしさと幸せに溢れるディキシー・グルーヴ

小曽根真が幼いころ心を奪われ、ジャズを志すきっかけとなった音楽、ディキシーランド・ジャズ。ジャズからクラシックまで縦横無尽に飛び回る世界的ピアニストとなった今でも変わらず心に灯る、そのルーツを辿るスペシャル・プロジェクト「Original Park Street Kids(元祖 公園道りの若者たち)」。渋谷公園通りにある老舗ジャズクラブ「BODY&SOUL」で開催されたライヴ・レコーディング盤が登場!
フロントメンバーには、ディキシーランド・ジャズ界を代表するトランペット奏者・中川喜弘と、その音楽を聴いて育ったトロンボーン奏者・中川英二郎。そして、スペシャル・フィーチャリング・ゲストとして、小曽根が音楽だけでなく人生の師としても仰ぐクラリネット奏者・北村英治が参加する。本物のディキシーランド・ジャズにして、ノスタルジーにとどまらない、今現在の音楽と人生の素晴らしさと幸せに溢れるライヴ空間を余すことなく収録。

1. Mississippi Rag
2. Do You Know What I Mean to Miss New Orleans
3. Blues My Naughty Sweetie Gives to Me
4. Memories of You
5. Life is Beautiful
6. Sun Flower (ひまわり)
7. Tiger Rag
8. Bourbon Street Parade
9. Body and Soul

小曽根真(pf)
中川喜弘(tp)
中川英二郎(tb)
中村健吾(b)
高橋信之介(ds)
featuring special guest : 北村英治(cl)

12月29日(Special Vol.2 ギターカッティングシリーズ全20回公開!)
著書「ギターカッティングの鬼」をベースにしたカッティング講座、今までアップした20回分を公開。初級編、中級編、上級編とあります。2022年の締めくくりにまとめさせていただきました。
12月30日(今月のお酒たち)
今月のお酒たち。
12月31日(COUNTDOWN JAPAN 2223)
午前中に大掃除。午後から仕事して、夕方、幕張へ。COUNTDOWN JAPAN 2223へ。
2022年11月 2022年10月 2022年9月 2022年8月 2022年7月
2022年6月 2022年5月 2022年4月 2022年3月 2022年2月
2022年1月 2021年12月 2021年11月 2021年10月 2021年9月
2021年8月 2021年7月 2021年6月 2021年5月 2021年4月
2021年3月 2021年2月 2021年1月 2020年12月 2020年11月
2020年10月 2020年9月 2020年8月 2020年7月 2020年6月
2020年5月 2020年4月 2020年3月 2020年2月 2020年1月
    HOME>>>    
2019年DIARY

2018年DIARY

2014年DIARY
2013年DIARY
2012年DIARY
2011年DIARY
OLD DIARY>>>