5月。ゴールデンウイーク。去年は沖縄にいったり、フェス観に行ったりしましたけど、今年は仕事の関係で大きな予定を入れず。とはいえ、軽井沢に買い物行ったり、ちょっと外に出たり…。今月はiPhoneで音楽を聞くよりもレコードやCDなど座ってゆっくり聴くことが多かったですね。

2022年度「個人レッスン」がリニューアルされました。今回、完全対面レッスンの復活。そして、オンライン化も並行させることになりましたので、本年度の「通信レッスン」は受付終了となります。御理解くださいませ。レッスンに関する質問などは、こちらのページのメールアドレスからお気軽にお送りください。

  PHOTOGRAPH >>>  
5月1日(レコードを聴く)

レコードプレーヤーを購入。

事務所を引っ越しした時にレコードプレーヤーを手放したので、久しぶりにレコード聴くために。
今回はスピーカー付きで、電池で動いて持ち運べて、パソコンにデジタル録音できるものを。
レコードもだいぶ処分しちゃったけど、残した数十枚はあるのでそれを聴く。

5月2日(肉フェス2022@お台場)

肉フェス@お台場。網走ビールの流氷ドラフトと桜桃の雫を飲む。
5月3日(ザ・ビートルズ『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』(1967年))
ビートルズ『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』

初めて自分で買ったレコード。
もちろん、レコードしかない時代です。私にとってビートルズはレコードやそこから録音したカセットテープで何度も聴いたバンドです。

音楽を知っていくたびに、ビートルズの革新的なアイデアやアプローチに驚き、偉大さを何度も知ります。最初はリスナーとして曲の素晴らしさで感動していましたが、初めてビートルズのコピーしてみたとき、バンドでアンサンブルをしたとき、曲を作ったとき、アレンジしたとき、彼らの音楽のすごさを知っていきます。
そして、レコーディングやミックスも革新的であり先駆者でした。初めてスタジオでレコーディングしたとき、ミックスをしたとき、自分の音楽の経験値が増えるたびに彼らのすごさを感じていく…。ミュージシャンなら誰もがそう感じるとは思いますけど。今でも驚きと発見がありますからね。とにかくすごいバンドです。

5月4日(軽井沢でショッピング)
休日。軽井沢へショッピング。合間にお酒を飲みながら。昼間から飲むと休みだなぁと感じます。
5月5日(Wurly Model 120)

ウーリッツァー。Wurly Model 120は、1950年代に発売されたポータブル・エレクトリック・ピアノ、Wurlitzer Model 120をベースにしています。

以下、WEBより引用。

Wurlitzer社のエレクトリック・ピアノは、金属製のリードをハンマーで叩き、電磁ピックアップを使って独特の音色を奏でます。

Model 120は、6V6真空管を2本使用したクラスABプッシュプル・アンプによる、クラシックなチューブ・トーンが特徴です。Wurlitzer 200Aとは好対照を為す、ウォームな音色が魅力のモデルです。

レイ・チャールズは、「What I'd Say」や「Unchain My Heart」で、Wurlitzer Model 120を効果的に使用しています。本ライブラリーでは、1959年に製造された、ミッドセンチュリー・モダンの雰囲気を漂わせるビンテージ品から最良の1台を厳選してサンプリングし、アナログの温かみのある音色とソウルフルなダイナミクスを余すところなく再現しています。

5月6日(iPhoneとギターVol.3〜『LEAD』アンプをチェック ? iRig HD 2)
iPhoneとギターの第3弾。今回はギターアンプを1つ紹介してツマミをいじってみます。アンプの特徴や各ツマミの効果を知っていきましょう。今回紹介するギターアンプはマーシャルJCM800をベースにした「LEAD」。オーバードライブサウンドからクリーンサウンドまで幅広い音作りが得意で、ロックやポップスといったジャンルでのバッキングやギターソロなどで愛用されているアンプです。
iPhoneとギターVol.3〜『LEAD』アンプをチェック ? iRig HD 2【井桁学のギターワークショップYouTube編Vol.168】
5月7日(チキンシャック『PRIME TIME』(1991年)

チキンシャックの唯一のライブアルバム。1991.7.13&14、六本木ピットインにての収録。
土岐英史(as,ss)、山岸潤史(g)、続木徹(key)、Bobby Watson(b)、沼澤尚(d)、Maxayne Lewis,Wornell Jones(vo)

ソウルフルでセクシーなサウンドに磨きをかけているフュージョン〜ソウル・ミュージック界の人気ユニット。

土岐さんと山岸氏のスタープレイヤーを擁し、元Rufusのボビー・ワトソン、そしてファンキーなピアノが印象的な続木氏の4人がこの時代のチキンシャック。
今や超有名のドラマー沼澤さんはサポート。日本に帰国して初の仕事がチキンシャックらしいです。この頃から沼澤さんのドラムが好きで、このあとシングライクトーキングのサポートもやっていました。
もう廃盤らしいですけど、このアルバムは好きで耳をリセットしたいときに聴くCDです。

5月8日(宇多田ヒカル『DEEP RIVER』アナログ盤)

このアナログ盤のサンプルが送られたのがもう20年前。
2枚組のレコードで1度しか針落としていないけど、久しぶりにCDよりもいい高音質のレコードで3rdアルバムを聴く。

久しぶりにレコードを聴くと音の良さとダイレクトな音像に驚きます。

宇多田ヒカル『DEEP RIVER 』(2002)

5月9日(伝説のアンプMesa/Boogie Mark IIC+)
Mesa/Boogie Mark IIC+。
1984年だけの発売で、絶対数が少ない伝説のギターアンプ。

実機のアンプを使ったことがあるのはMarkIIIやMarkIV世代の私。
なので、Mesa/Boogie公認のプラグイン、AmpliTube Mesa/Boogie 2に収録のこのモデルで初めて音を知るわけで。

これいいわー。

アンサンブルに混ざった時にいい音とわかる。アンプ単体だとミッドがちょっとブーミーな感じがしてましたが、リードでのソロのヌケなんて感動しましたよ。レコーディングしてわかる凄さ。

メタリカやドリームシアターのサウンドといえば想像つきますかね。
5月10日(エレガット入院)
エレガット。
昔はよくステージで使ったエレガット。
久しぶりにガットギターでも弾こうかとギターケースから出してみると、中からカラカラ音がする。エレクトリック回路の何かが外れたらしく、シールドつないでもアンプから音が出ない。
修理のため楽器屋へ。
5月11日(THE YELLOW MONKEY 30周年記念作品「SPRING TOUR “NAKED”」)

THE YELLOW MONKEYの30周年記念作品、4枚組のBOX「SPRING TOUR “NAKED”」。2004年のバンド解散前、最後のツアーとなった2000年の「SPRING TOUR」の最終日、横浜アリーナ公演を完全収録したBlu-rayを含む4枚組BOX初回生産限定盤。

今から22年前のライブ。

これ観に行ったよなぁと思い、探してみると…。あったあった、当時のセットリスト。そして、4月15日の大阪公演のセットリストもあったので、ライブレポートと機材取材で行ったんだろうなぁ…たぶん。

本日発売。

DISC1は、2000年5月10日に開催されたツアー最終日横浜アリーナ公演を完全収録。さらにツアー終了直後の2000年5月15日に日本大学文理学部で行われたゲリラライブ全3曲も完全収録。
DISC2は2000年に発売された、インタビュー映像も含まれたツアー・ドキュメンタリー作品“オリジナル”「SPRING TOUR」にアップコンバートを施して再収録。
DISC3・DISC4には横浜アリーナ公演のライブ音源を収録したCD。

5月12日(MODO DRUMの使い方Vol.4〜試奏レビューMODO DRUM 1.5 Ver.5〈Metal〉)

MODO DRUMの使い方Vol.4は、MODO DRUM 1.5に新しく収録されたキット、8ピースの「Metal」です。ドラムにとって大切なシェルマテリアルやピースの口径や動の深さ、シンバルの口径なども紹介。また、MODO DRUMならではの機能の1つ『PLAY STYLE』を紹介。素材や打点やテクニックなどでの音の違いをチェック。 

MODO DRUMの使い方Vol.4〜試奏レビューMODO DRUM 1.5 Ver.5〈Metal〉【井桁学のギターワークショップYouTube編Vol.169】

【チャプター】
0:21 8ピースキットのMETAL
1:12 シェルマテリアル(胴の素材)
1:39 ピースの紹介
2:16 シンバル類の紹介
2:42 MODO DRUMならでは機能「PLAY STYLE」

5月13日(iPod発売終了)

iPod発売終了。2001年の初代の発売から約20年でその歴史に幕を閉じる。

いくつ買ったんだろう。新しいの買うたびに古いのあげていっちゃたから、今残っているのは3台だけ。
どれもかなり昔のもので、ジムで使っていたiPod nano 16GB(2010年 第6世代)、目覚まし時計となっているiPod touch 32GB(2009年 第3世代)、うちの弟子からプレゼントされたiPod classic 30GB(2006年 第5世代)。

5月14日(YouTube撮影)
久しぶりにあるシリーズものを撮影。今回はエフェクトをフィーチャー。写真にあるように、ワウ、コンプ、フェイザー、フランジャーの4つのエフェクト。
5月15日(『TOSHIKI KADOMATSU Performance 2022“THE DANCE OF LIFE”』初日・川口)

角松敏生さんの全国ツアー初日@埼玉・川口
『TOSHIKI KADOMATSU Performance 2022“THE DANCE OF LIFE”』


今年発売のオリジナルアルバムからの先行配信として『MILAD #1』をリリース。来週配信第2弾『MILAD #2』が予定されている。
ということで、ライブで初めて曲の完成形が分かるというツアー初日。
今後の動向を知るためにも初日からおじゃましました。
あんな曲やあのカバーも、というセットリスト。いやぁ、ダンサンブルなライブで楽しくて踊りたくなっちゃった。あっという間のライブでした。
終演後、角松さんに挨拶。大阪Billboard以来。ギターの話やカバー曲のことなどを聞きました。
角松さんのロングヘアも5月いっぱい。記念に写真。
今回、Fender Custum Shop製のストラトキャスターも新しく登場していますよー。
カッティングだけでなくリードの音がとてもいい音でした。

      2022年3月 2022年2月
2022年1月 2021年12月 2021年11月 2021年10月 2021年9月
2021年8月 2021年7月 2021年6月 2021年5月 2021年4月
2021年3月 2021年2月 2021年1月 2020年12月 2020年11月
2020年10月 2020年9月 2020年8月 2020年7月 2020年6月
2020年5月 2020年4月 2020年3月 2020年2月 2020年1月
    HOME>>>    
2019年DIARY

2018年DIARY

2014年DIARY
2013年DIARY
2012年DIARY
2011年DIARY
OLD DIARY>>>
  PHOTOGRAPH >>>