9月に入りました。もう秋ですね。今月からマラソンのための3ヶ月間が始まります。といいながら、ケガして走れなかったりしますが…。走りはじめて足の慣らしていかなくてはなぁ…。

2022年度「個人レッスン」がリニューアルされました。今回、完全対面レッスンの復活。そして、オンライン化も並行させることになりましたので、本年度の「通信レッスン」は受付終了となります。御理解くださいませ。レッスンに関する質問などは、こちらのページのメールアドレスからお気軽にお送りください。

  PHOTOGRAPH >>>  
9月1日(Fender Backstage)

久しぶりにフェンダーバックステージへ。とはいえ、グループ会社のグレッチ関連の仕事で訪ねた。

9月2日(iPhoneとギターVol.7~Brit8000〜Early Metal Collection Ver.2)

先日発表されたAmpliTube for iOSの新しいコレクション「Early Metal Collection」。今回は80年代のアンプの代表・マーシャルJCM800をベースにした「Brit 8000」をピックアップ。新たなキャビネットも紹介します。Early Metalということもあって、1980年のOzzy Osbourne「Crazy Train」のリフ、つい弾いてしまった1984年のVAN HALEN「Panama」バッキングも弾いています。

iPhoneとギターVol.7~Brit8000〜Early Metal Collection Ver.2【井桁学のギターワークショップVol.185 】

9月3日(Off Course 1982・6・30 武道館コンサート40th Anniversary BOX )

Off Course 1982・6・30 武道館コンサート40th Anniversary BOX

2022.8.31 Release


伝説の1982年武道館コンサート豪華BOX。
1982年6月、「1982 OFF COURSE Concert “over”」ツアー・ファイナルとして行われた伝説の日本武道館連続10日間公演。
40年の時を経て、従来リリースされていた映像マスターテープを最先端技術でリマスター、さらにオーディオ・トラックもオリジナル音源からリマスター収録。
リマスタリングした高音質SHM-CDとNHKによるアップコンバートしたDVD&Blu-ray。そして、復刻ツアーパンフレットと田家秀樹氏による解説の他、各種公演資料や写真で構成したブックレット。資料を見るだけでも面白かったです。そして、当時のツアーパンフは初めて見たので、こちらも興味深かったです。

9月4日(MY FIRST STORY『X』)

MY FIRST STORY New Album『X』 2022.8.24 Release
デビューアルバム「MY FIRST STORY」から最新曲「Dreaming of you」までの全89曲の中から
ファンの投票により選ばれた16曲(再録曲有り)に新曲1曲を加えた全17曲。

もう10年前になるの?
1st、2ndの頃だもんな会ったし、バンドスコアのインタビューで全員に話を聞いたっけ。

9月5日(ビヨンセ『ルネッサンス』)

ビヨンセ『ルネッサンス』
2022.7.29 世界配信・輸入盤発売 
グラミー賞の累計 28 回の受賞により“女性アーティストとして最多受賞”の新記録を樹立 世界的スーパースター の6年ぶり7作目の最新作は、全曲ビヨンセがエグゼクティブ・プロデューサーとして参加。「新しいクラブ時代のセレブレーション」と位置付けられた今作は、コロナ禍に我慢を強いられた人々に対して、再び生きる喜びを満喫しようというメッセージが込められた作品。

国内盤は9月中旬ぐらいだそうです。

9月6日(Fender® MH-500 Metalhead)

Fender MH-500 Metalhead。ロックやメタルのよりアグレッシブなスタイルに最適な灼熱のゲインと強烈なローエンドを備えた、現代のダウンチューンされた 7 弦ギタリストに最適なアンプを提供するために設計されたアンプ。
MH-500 MetalheadはMH-412エンクロージャー2基使用時には550W(2Ω)、MH-412エンクロージャー1基使用時には400W(4Ω)。CLEAN 、TIGHT DRIVE、LOOSE DRIVEの3チャンネルプリアンプ、全チャンネルにBOOSTスイッチ糖鎖で、実質6チャンネル構成。DELAY、REVERB、CHORUS、FLANGE、VIBRATONE、NOISE GATE、PHASERとエフェクトを搭載。

9月7日(Kep1er 日本デビュー)

Kep1er「FLY-UP」2022.9.7 Release

日中韓の9人組グローバルガールズグループ・Kep1er。K-POP第4世代のグローバルルーキーが待望の日本デビュー。
「WA DA DA」のMUSIC VIDEOは公開から約3か月で1億回再生を突破。配信では、日本を含めた世界11カ国で全ジャンルのチャート1位を獲得し、K-POPジャンルのチャートでは23カ国で1位を記録。

1.Wing Wing
2.Up! (Japanese ver.)
3.WA DA DA (Japanese ver.)
4.Wing Wing (Instrumental)

9月8日(キース・ジャレット『ボルドー・コンサート』)

キース・ジャレット『ボルドー・コンサート』
2022.9.30 Release
2016年のソロコンサートライブ録音。2018年に2度の脳卒中を発症し、二度と演奏できない可能性が高いことを公言。2017年2月15日にNYカーネギーホールで一夜限りのコンサートを行って以降は一切コンサートを行っていないキース・ジャレットの貴重な記録作品。全13曲、すべてインプロヴィゼーション。

9月9日(Vol.186 地味なトレーニングVol.9〜プリング編Ver.1〜)

帰ってきた地味なトレーニングシリーズ。今回のテーマはプリングを極める。プリングを使ったリフに挑戦する全3回地味トレ。
異弦同音を使った、ちょっとテクニカルな奏法にチャレンジ。基礎トレーニングだとおもってトライしてみてください。
練習するときには必ず歪んだ音、ディストーションサウンドで弾いてください。

Vol.186 地味なトレーニングVol.9〜プリング編Ver.1〜【井桁学のギターワークショップYouTubeVol.186】

9月10日(マクサス『マクサス・デビュー!!』)

マクサス『マクサス・デビュー!!』(1981年)
AORの名盤として有名。マイケル・ランドウのギタープレイはギタリストは必聴。スタジオミュージシャンとしてマイケル・ランドウも研究しましたねぇ…。ルカサーの流れでこちらも研究していきました。
これもレコード廃盤。中古レコード屋で購入して何度もコピーした作品です。98年にCD化されました。
MAXUS/ Jay Gruska(Vo,Key), Robbie Buchanan(Key), Mark Leonard(Bass),Doane Perry(Drums), Michael Landau(Guitar)
GUEST/ Percussion:Paulinho Da Costa, Synthesizers and Percussion: Michael Omartian

9月11日(HOKA ONE ONE MACH 5)

新しいマラソンシューズ。
HOKA ONE ONE MACH 5(マッハ5)。スピードモデルの新作。2022年-2023年のシーズンはコレで挑戦します。

onにするかHOKAにするか。マラソンタイムを伝えて、店員さんにいくつか出してもらう。お店でたくさん試し履きして、店員さんとも相談して決めたモデル。さらにインソールも試したがそれはまた今度にすることに。

9月12日(基礎トレーニング)

プリングを極めるトレーニングをここ何回か撮影して、その最終回を収録。テンポ上げるととてつもなく難しくなる。それは、音量差のばらつき。さらに、ダイナミクスをつけて弾いているので、音ヌケが悪いノートが出てきてしまうこと。これを調整するのがミュート。これが一番難しくて、教えるのも難しいテクニック。何度も何度も歪んだサウンドで練習して慣れていくしかない。かくいう私も、今回のフレーズ、7割り程度の完成度。だから、レコーディングではOKテイクにならないレベル。まだまだ練習が必要です。

9月13日(OZZY OSBOURNE「PATIENT NUMBER 9」)


オジー・オズボーンの新作。ゲストは、ジェフ・ベック、エリック・クラプトン、ザック・ワイルド、トニー・アイオミ(ブラック・サバス)、ダフ・マッケイガン(ガンズ・アンド・ローゼズ)、チャド・スミス(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)など豪華である。
ベックやクラプトンはやはりスタイルは変わらなかった。こういう融合ってあるんだなぁ…。

9月13日(桑原あい ザ・プロジェクト『Making Us Alive』)

桑原あい ザ・プロジェクト『Making Us Alive』
2022.9.28 Release
ジャズピアニスト・桑原あい、デビュー10 周年記念作。 鳥越啓介(Ba)~千住宗臣(Dr)とのレギュラーバンド名義でのトリオ・ライブ作品。自身の代表曲のセルフ・カバーに加えて、クラシック~ジャズ~ロック~ソウルなど、ジャンルを越えた名曲を桑原あいが編曲。

9月15日(iPhoneとギターVol.8~JCA20H【Early Metal Collection Ver3】)

AmpliTube for iOSの「Early Metal Collection」をフィーチャーする第3弾は、Jet City Amplification 333のJCA20Hモデル「JCA20H」をピックアップ。新たに追加されたキャビネットも紹介します。 試奏では、ツマミをいじりながらOzzy Osbourne「Crazy Train」(1980年)、VAN HALEN「Panama」(1984年)、SKID ROW「Youth Gone Wild」(1989年)を弾いています。
iPhoneとギターVol.8~JCA20H【Early Metal Collection Ver3】〜【井桁学のギターワークショップYouTube編Vol.187】

      2022年8月 2022年7月
2022年6月 2022年5月 2022年4月 2022年3月 2022年2月
2022年1月 2021年12月 2021年11月 2021年10月 2021年9月
2021年8月 2021年7月 2021年6月 2021年5月 2021年4月
2021年3月 2021年2月 2021年1月 2020年12月 2020年11月
2020年10月 2020年9月 2020年8月 2020年7月 2020年6月
2020年5月 2020年4月 2020年3月 2020年2月 2020年1月
    HOME>>>    
2019年DIARY

2018年DIARY

2014年DIARY
2013年DIARY
2012年DIARY
2011年DIARY
OLD DIARY>>>
  PHOTOGRAPH >>>