あけましておめでとうございます。2018年がスタート。正月から沖縄へ。ゴルフを2日間、そしてハーフマラソンをしてきました。仕事は9日から始まりました。個人レッスンや通信レッスン、アーティストレッスンなど、各種レッスンもスタートしていきます。沖縄でのハーフマラソン以降、8日の初ジムから、1日10キロランをマストにしています。そして、今月末の新宿シティハーフマラソンに向けてトレーニング開始です。

ギタリスト、シンガーソングライター、ボーカリスト、クリエイター向けの個人レッスン/通信レッスンは引き続き募集しております。レッスン内容は、ギター演奏、作曲(コンポーズ)、編曲(アレンジ)、打ち込み(プログラミング)、音楽理論、アレンジ、音楽制作(DTM/DAW)などです。レッスンに関する質問などは、こちらのページのメールアドレスからお気軽にお送りください。

1月1日〜3日(2018年スタート!)

2018年が始まりました。

正月は午前中から佐野のアウトレットへ。夜は宴会。

2日は、氏神様にお参り。午後から実家へ挨拶。夜は川口で宴会。連チャンのおせち。シャンパンに芋焼酎な夜。

3日は、午前中からゴルフ練習へ行くも強風のため中止という。二日酔い気味なので帰って迎え酒にする。正月だもの。

恒例の箱根駅伝を見ながらの芋焼酎ソーダ割り。一寝入りしてから池袋の街を散策。

1月4日(今日から沖縄)

朝5時起きで羽田空港へ。今日から沖縄4Days。

11:50那覇空港到着。

1ヶ月ぶりの沖縄。

昨年夏に来たホテル、サザンビーチホテル&リゾート。前回同様プレミアムフロアでラウンジで酒を飲むことができるスペシャルな部屋。

1月5日(2018年初ゴルフは6ホールで中止)

5時起き予定だが、2時から1時間おきに起きている。6時半に朝食を食べてからゴルフ場へ。守礼カントリークラブ。途中雨がすごくなり6ホール目で土砂降り。スパルタンレースやっていた私はそれでも続けると思ったのだが、続々と中止する組み。後ろの新潟来た男性4名に押し出される形で終わる。山の中のゴルフ場なのですべて自動電動カートのため、私たちも途中で終わりにして、風呂に入る。風呂に入ったのだは10時半。終わってホテルへ戻って、ラウンジで酒を飲む。本を読みながら至福の時間を過ごす。

1月6日(2018年初ラン@沖縄)

昨日は14時ぐらいから飲みだしたので、かなりの二日酔い。朝、星野仙一さんの訃報。会ったことがあるので、余計に悲しい。70歳でとは、早すぎる。昨年野球の殿堂入りしたばかりなのに、とにかく残念だ。


午後は2018年初ラン。ホテルからひめゆりの塔まで走ってのハーフマラソン。ひめゆりの塔では、献花してのお参りした。ホテルへ戻ってラウンジで酒を飲みながら読書。

1月7日(ゴルフ@PALM HILLS GOLF RESORT CLUB)
2度目のパームヒルズゴルフリゾートクラブ。あいにくの雨だが、レインコートを買っての参戦なので心強い。スタート時間を早めてもらい。なんとか18ホール4時間50分で回れた。那覇空港でいつもの回転寿司屋でワインと日本酒を飲んで羽田空港へ。
1月8日(初ジム)

成人の日。昼からジムでラン。1時間ペース走。その後バイクからのインターバル走。その後タバタプロトコルのレッスン。数年前は死ぬほどキツかったけど、全然心拍が大丈夫なのは、マラソンのおかげだろう。

楽曲スケッチで使ったギター録音。Logic Pro XのAmp Designer。

1月9日(仕事始め)

2018年の仕事始め。個人レッスン&通信レッスン。Logic Pro XとGarageBandでのレッスン。

午後からジムでウエイトとラン10キロ。

夜は新宿のホルモン屋。いつものところが仕入れなしということで休業だったので、別のホルモン屋で芋焼酎。

1月10日(Review)

今日は午前中からレッスン関連の作業でスタジオに缶詰。

午後は新譜レビュー。今回はベストアルバムの赤い公園『赤飯』、KFK『ラブソングフォーディストピアシティトーキョー』、BAND-MAID『WORLD DOMINATION』の3枚。すべてアルバムなので結構曲数が多い。


まずは赤い公園。2012年のメジャーデビューから最新作までをメンバー自身がセレクトしたベストアルバム。2010年の結成から2017年8月31日に脱退したボーカルの佐藤千明が在籍した期間の第1期赤い公園の集大成。聴くほどにジャンルレスなバンドだと実感。今後どうなるのかが楽しみである。

次にバンド名をカフカからKFK(ケーエフケー)に改名してのファーストアルバム。とはいえ、バンド結成10年目の実力派バンド。ロックやエレクトロ、ヒップホップ、R&B、ソウルなど渾然一体となったサウンドが特徴。

メイド服を纏い世界征服を目標に掲げる女性5人組ハードロックバンド、BAND-MAIDの2ndアルバム。2013年に結成し、昨年はワールドワンマンツアーも行っている国内外に人気のバンド。

1月11日(Syntronik Minimod)

午前中から池袋のジムへ。2ヶ月ぶり。下半身の筋トレと10キロのペース走でフィニッシュ。

午後から個人レッスン。ギタリストからみるシンセ系フレーズの考察をメインに3時間。レコーディングしていると定番のシンセ音から久しぶりに使うシンセまで解説。続いて、クリーンやクランチ、オーバードライブ、ディストーションなどギターサウンドとのマッチングやバランスなどもレコーディングとミックスをしながら解説した。

今回使ったシンセはSyntronik Minimod。Minimoog Model D、Modular Moog、そしてMoog Voyagerをモデルにしています。以下、WEBより引用。

“Moogシンセサイザー”を象徴するModular Moogは、製品として生産された歴史上最初の電圧制御タ式のミュージック・シンセサイザーです。オシレーター、フィルター、VCA、ミキサー、そしてスプリング・リヴァーブに至るまで、複数の独立したモジュールで構成された、まさしく純粋な「モジュラー」・タイプの楽器でした。そうしたモジュールを自由に組み合わせることで、カスタマイズ可能な楽器として多くのミュージシャンたちに愛用されました。
Minimoogのオリジナル実機は、Moogのモジュールを予めパッチングした、ポータブルなシンセサイザーとして設計されました。豊かなサウンドを生み出す3基のオシレーターの出力は、ノイズ・ジェネレーターからの出力と共にミックスされ、古典的なMoog 4ポール・トランジスター・ラダー・ロー・パス・フィルターへと送られます。そして、シンセ・ベース、シンセ・リード、そしてホイッスル・サウンドに至るまで、例えばリック・ウェイクマンのアルバム《ヘンリー8世と6人の妻》収録の〈キャサリン・パー〉で聴ける印象深いシンセ・リードのような、豊かで最良のサウンドを生み出してくれます。
ボブ・モーグが、Minimoogの設計思想を21世紀に具現化した機種がVoygerです。70年代のMinimoog Model Dとよく似たオーディオ回路を備えながらも、LFOのルーティングがより自由で、モジュレーションの可能性が広がり、プログラムもプリセット可能になりました。そして、MIDIにも対応しています。
Minimoogは、長い年月に渡り、リック・ウェイクマン、チック・コリア、ディペッシュ・モード、タンジェリン・ドリーム、ジャン・ミッシェル・ジャール、ジョージ・デューク、ラッシュ、TOTO、キース・エマーソン、イエス、ヴァンゲリス、ピンク・フロイド、ジョー・ザヴィヌル、ハービー・ハンコックといった、名だたるミュージシャン達に愛用されてきました。
総計 2 GB 以上のコンテンツ
総計 5,000 以上ものステレオ・サンプル
143 インストゥルメント

1月12日(T-RackS 5)

午前中はスタジオワーク。トラックメイク。午後からビルドアップ走10キロ。ラストのキロ4分半はキツかった。スタジオに戻ってトラックダウンとマスタリングなどはT-Racks5を使う。 以下、WEBより引用。

T-Racks 5は、アルバム単位のDDP書き出しにも対応。
T-RackS 5のスタンドアローン版では、複数の曲を読み込んで、各曲の調整をした後、アルバム曲順に沿って曲間、フェード、トラックID、ISRCコード、CDテキストなどのメタデータを記述して、各曲をWAV、AIF書き出しするだけでなく、アルバム全体Wav Cueファイル、DDPイメージなどのフォーマットで書き出し可能です。

1月13日(2018年初のランサー@東新宿)

土曜日。午後からジムへ。LSDとインターバル走をやってからの今年初のランサーに参加。その後もキツキツのトレーニングでへろへろです。今週はもうすでに70キロ超え。

1月14日(今月末の新宿シティハーフマラソン)

日曜日。午前中はゴルフ練習。午後からジムへ。ウエイトトレーニングしてからのラン10キロ。

今月末の新宿シティハーフマラソンのゼッケンが送られてきた。

1月15日(サウンドデザイナー)

今日は取材日。だが、まだ時間が出ていないという珍しい状態。10時過ぎにようやく16時と決定。しかし昼頃にリスケに変更という感じに驚く。10時半に16時スタートとの連絡が入る。LOUDNESSの高崎晃さんへ取材。実に8年ぶりに会う。午前中はその準備。

しかし、昼にレコーディング取りこぼしがあるとのことで今日は中止でリスケとのこと。

ということで、行けないはずだったジムへ行って、ウエイトとラン10キロ。

そういえば、サウンドデザイナーの見本誌が届いていました。今月もいろいろやっています。

 

  PHOTOGRAPH >>>  

       
2013年DIARY
2012年DIARY
2011年DIARY
OLD DIARY>>>