10月1日より緊急事態宣言が解除。外に飲みに行けそうですが、20時ラストオーダー21時閉店という、まん延防止等重点措置と同じ。少しずつ少しずつ。。

ギタリスト、シンガーソングライター、ボーカリスト、クリエイター向けの個人レッスン/通信レッスンは引き続き募集しております。レッスン内容は、ギター演奏、作曲(コンポーズ)、編曲(アレンジ)、打ち込み(プログラミング)、音楽理論、アレンジ、音楽制作(DTM/DAW)などです。レッスンに関する質問などは、こちらのページのメールアドレスからお気軽にお送りください。

  PHOTOGRAPH >>>  
10月1日(AmpliTube X-GEAR Software Version試奏レビュー Vol.2 〜X-VIBE Ver.1)

モジュレーション系のマルチエフェクター、AmpliTube X-VIBEのソフトウエア版。搭載されている16のアルゴリズムから今回はコーラスをピックアップ。ギタリスト/ミュージックトレーナーの井桁学が試奏してのサウンドやツマミを紹介し、音がどう変化するのかも解説していく。

AmpliTube X-GEAR Software Version試奏レビュー Vol.2 〜X-VIBE Ver.1【井桁学のギターワークショップYouTube編Vol.139】

10月2日(SUPER BEAVER)
昨日はソニーミュージックにてSUPER BEAVERの取材。メンバーに会うのははじめましての状態。あるアーティストのファンクラブ用の取材。なので、彼らの音源については話はまったく聞かず、あるテーマに対してのみいろいろ話を聞きました。こちらはまた発表できるタイミングでアナウンスいたします。
10月3日(緊急事態宣言が解除されて外飲み)

緊急事態宣言が解除された翌日の夜、久しぶりに行きつけの焼肉屋へ。4月にいれておいたボトルを飲みに久しぶりに。常連の店をメインにこれから少しずついくつもり。

 

このシャンパンは緊急事態宣言解除日に記念にあけたモエ。

モエ・エ・シャンドン ネクター・アンペリアル・ロゼ・ドライ


華やかな夜を演出するモエ・エ・シャンドンの新作ロゼ。ピノ・ノワールを多めにブレンドした芳醇で活気のあるドゥミ・セック。

なんと、ボトル底のスイッチで光るんです。

MOET&CHANDON NECTAR IMPERIAL NIR

10月4日(MUCCとBUCK-TICKの配信ライブ)
昨日は17時半からMUCCの延期になっていたツアーファイナルの茨城公演のライブをみる。ドラムのSATOちがこのライヴを持って脱退することもあって。デビューから知っているバンドのライブを観た。そして20時からBUCK-TICKの配信ライブ。
10月5日(ベスト・オブ・昭和 日本のジャズ黄金時代 〜スウィング・ビバップ・ビッグバンド〜)

2021.10.20発売
の「ベスト・オブ・昭和 日本のジャズ黄金時代 〜スウィング・ビバップ・ビッグバンド〜」

戦前から残る貴重な音源、戦後のジャズブームの名演を収録したシリーズ。


南里文雄(tp)、松本英彦(sax)、原信夫、ジョージ川口(Dr)、小野満(Ba)、薗田憲一(tb)、秋吉敏子(pf),
北村英治(cl)といったレジェンドの方々です。

いやぁ、勉強になりました。

10月6日(ルパン三世 PART6 オリジナル・サウンドトラック1)

2021年11月3日(水)発売
ルパン三世 PART6 オリジナル・サウンドトラック1『LUPIN THE THIRD PART6〜LONDON』
Yuji Ohno & Lupintic Six

まだジャケットしか情報解禁ではないので、楽曲に関しては語れませんが、あの誰もが口ずさめる有名なメインテーマのアレンジがまた新しくリビルドされています。
10/9からPART6は放送開始です。

今回のシリーズ構成:大倉崇裕さんは知り合いなので、とても楽しみ。劇場版コナンは2本脚本やっているし、最近では「死神さん」などで有名。どんな仕上がりになっているのか…。

10月7日(AmpliTube X-GEAR Software Version試奏レビュー Vol.3 〜X-VIBE Ver.2)

モジュレーション系のマルチエフェクター、AmpliTube X-VIBEのソフトウエア版のコーラスをピックアップ。第2弾は、ファクトリープリセットを紹介。ギタリスト/ミュージックトレーナーの井桁学が試奏してのファクトリープリセットの紹介。そして、プリセットのはどういうものでどう扱うのが適しているのかも解説していく。

AmpliTube X-GEAR Software Version試奏レビュー Vol.3 〜X-VIBE Ver.2【井桁学のギターワークショップYouTube編Vol.140】

10月8日(船橋屋)

天ぷら船橋屋本店。なんと1月22日ぶりの来店。
3回ぐらい行こうと思ったが満員で諦め、そのままGWの酒提供なしの緊急事態宣言へ突入。

月1来店が常だったので、9ヶ月ぶりにはびっくりである。ようやく外でお酒が飲めるようになりましたね。

10月9日(アーティンのエレアコ、修理不能)

アコギが戻ってきた。

マーティン日本総代理店のブクロのクロサワ楽器アコースティック館へ。
退院というか、修理不能で引き取りに。

リペア担当者からの連絡では、原因はプリアンプの故障。同じプリアンプがディスコンのため、取付可能な別のピックアップを探すため、アメリカのマーティン社に問い合わせるも在庫なし。フィッシュマン作っていないのかぁ(涙)。残念。

もちろん、アコースティックギターとしては使える。レコーディングではマイク録音すればいい。
ただ、エレアコとして、ライブで使ったり、ライン録音するには別のピックアップを取り付けるしかない。

あ!ピックアップあった。ということを思い出した。
iRig Acoustic Stage。

これウクレレを録音するときに使っていたもの。そうだ、これを使えばレコーディングでもライブでもライン接続可能だ。ということで、このピックアップがこれからアコギとウクレレ、マーティン専用のピックアップとなった。
エレアコ復活!

10月10日(coba『30th Anniversary Best』)

2021.11.3発売
アコーディオニスト&作曲家・cobaのデビュー30 周年記念プレミアムベストアルバム。 TVやCMでお馴染みの曲や未発表曲など、自らが選曲したCD3枚組全51 テイク。

アコーディオンの音色って、もの悲しく聞こえたり、暖かく聞こえたり、明るく聞こえたりするのは、なぜだろう。それは呼吸をする楽器だから。ジャバラで空気を送り込んで音に艶を作る。そんな魅力が詰まったアコーディオンを自在に操り、感情を音に伝えるレジェンドのアコーディオニスト&作曲家・coba のデビュー30 周年記念オールタイムベスト。
曲ごとに音色や強弱など表情がすべて違うアコーディオン魅力満載。

10月11日(Univox Uni-Vibe)

AmpliTube X-VIBEの中のアルゴリズム、「60-VIBE」は、
Univox Uni-Vibeをベースにしたアルゴリズム。
このアルゴリズムでは、2つの動作モード(コーラス/ビブラート)が利用できます。コーラス・モードは、1969年に登場したコーラス/ロータリー・スピーカー・シミュレーターを再現し、特徴的なうねりの効果を生み出します。また、このアルゴリズムではスピード・コントロール機能も利用できます。

10月12日(T-RackS TASCAM Tape Collection)

T-RackS TASCAM Tape Collectionには、TASCAMによって公式に認証された4機種のモデルが収録されています。

本日リリースされたT-RackS TASCAM Tape Collectionをインストール。

伝説的なTASCAMのアナログ・レコーダー4機種を再現した、ブランド公認ソフトウェアです。
来週のミックスで使ってみよっと。

 

10月13日(Solina String Ensemble Keyboard)
ここ数日、コーラスに使っているX-VIBE。そのアルゴリズムにある「CHORUS-1」は、
Solina String Ensemble Keyboardのコーラス・エフェクトをベースにしたアルゴリズム。これもいい音。
10月14日(Roland RSシリーズのコーラス・エフェクト)

本日、AmpliTube X-VIBEを使用。時コーラスエフェクトとして優秀なので、ついつい使ってします。今回使ったのは、AmpliTube-X-VIBEの中のアルゴリズムの「CHORUS-X」。


Roland RSシリーズのコーラス・エフェクトをベースにしたアルゴリズム。
世界中のギタリストに愛用された、ローランドのシンセサイザーRSシリーズのコーラスをベースにした汎用性の高いエフェクトです。

10月15日(もさを「恋色」)

もさを「恋色」

「ぎゅっと。」で一躍有名になりましたね。

この曲好きだわ〜。
転調がすごい。Bメロはびっくり。そっちいく?って感じ。
90年代のJ-POPなAメロと80年代のアイドルのサビがミックスされている。
なんだっけ、このサビのメロの展開。なんの曲だったっけ…。好きだわぁ〜。いい曲です。

        2021年9月
2021年8月 2021年7月 2021年6月 2021年5月 2021年4月
2021年3月 2021年2月 2021年1月 2020年12月 2020年11月
2020年10月 2020年9月 2020年8月 2020年7月 2020年6月
2020年5月 2020年4月 2020年3月 2020年2月 2020年1月
    HOME>>>    
2019年DIARY

2018年DIARY

2014年DIARY
2013年DIARY
2012年DIARY
2011年DIARY
OLD DIARY>>>
  PHOTOGRAPH >>>