2020年1月です。正月は沖縄へ。3月に行われるSPARTAN RACE@沖縄美らSUNビーチでの練習と下見を兼ねて。というのは話半分で(笑)。今年は、海外でのスパルタンレースやトライアスロン、ウルトラマラソンもやりながら、ゴルフやスキー、神輿などのためにもトレーニングが続きます。

ギタリスト、シンガーソングライター、ボーカリスト、クリエイター向けの個人レッスン/通信レッスンは引き続き募集しております。レッスン内容は、ギター演奏、作曲(コンポーズ)、編曲(アレンジ)、打ち込み(プログラミング)、音楽理論、アレンジ、音楽制作(DTM/DAW)などです。レッスンに関する質問などは、こちらのページのメールアドレスからお気軽にお送りください。

  PHOTOGRAPH >>>  
2020年1月1日(令和2年正月 沖縄へ)

5:30起き。タクシーで移動してリムジンで羽田空港へ。空港はものすごい人。プレミアムクラスでも行列ができている。

ラウンジでほうじ茶と朝食。いつもは朝ピールだが、運転があるので我慢。

沖縄到着し、レンタカーであしびなーへ。昼食は沖縄そばセットとジューシー。アウトレットでいろいろ買ってから、ザ・サザンリンクス・ゴルフ・リゾート・ホテルへ。明日プレーするゴルフ場のホテルでゆっくりとしながらも練習をする。
1月2日(沖縄@ザ・サザンリンクス・ゴルフ・リゾート)

朝からゴルフだが、プレイ前にちょっとだけ練習。

海沿いのゴルフ場。天気もいいしロケーションは最高。ベストスコアでフィニッシュ。風呂に入ってから那覇市のホテルへ移動。

夜はホテル近くのいきつけのお店で泡盛と一緒に…。

1月3日(波上宮でお参りからのパームヒルズゴルフリゾートへ)

午前中に、波上宮へ。

ここは昨日のお店で教えてもらった神社。ホテルから徒歩15分なので、お参りにいく。3日とはいえ、結構な人数。

おみくじをひくと、今年も大吉。

去年の正月の氏神様の神社も大吉。

香川県のこんぴらさんでのおみくじも大吉。

幸運が続く予感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昼からゴルフでパームヒルズへ移動。ここは何度も来ている場所。

スタートは午後なので、練習してから。

5月のGWにも一緒にやった沖縄のイベンターさんと一緒に回る。

スコアはいまいち伸び悩み、残念。

ホテルへ戻って昨日のお店へ。最後にはボトルをキープ。今度は3月のスパルタンレースだ。

1月4日(SPARTAN RACE 2020)

沖縄最終日。ホテルをチェックアウト。一応、3月のスパルタンレースでのホテル予約も確認しておく。問題なし。次は3月である。

午前中にレンタカーを返却してからの空港でチェックイン。これまた人数がすごい。プレミアムチェックインだからまだましですが、これ普通にチェックインすると1時間はかかるだろう。チェックインをすませ、フードコートで白ワイン。その後、いつもの寿司屋で日本酒。羽田空港に戻って、蕎麦屋で日本酒、浦霞の聞き酒セットとかつ煮とざるそば。リムジンバスとタクシーで帰宅。疲れ果てて10時には就寝。

1月5日(YouTubeアップ)

令和2年最初のYouTubeをアップ。今回はオルタネイトピッキング。

今日はランサーやジムは行けず、昼から西国分寺にて新年会。

1月6日(今年初の献血からトレーニングしての仕事始め…)

今年初の献血。成分献血で予約したが、ヘモグロビンの数値がクリアされたので、久しぶりの400ml全摘。いつも高単位で血小板をとるので1時間はかかるところ、5分。冬なのにはやいと看護師さんからほめられる。終わってジムへ。ウエイトしっかりやってバイクとプール。事務所で仕事始め…。レコーディングへ向けて、トラックメイク。MODO DRUMとMODO BASSでリズムトラック作り。

1月7日(iRig Micro Amp試奏中…全3回の撮影完了)
筋肉痛の朝。昨日のウエイトが効いたようだ。6時半起きで。朝から仕事。朝はとてもはかどる、スコアを書いて、浄書など。YouTube 撮影。ついにiRig Micro Ampは撮影終了。
1月8日(YouTubeアップ)

本日、iRig Micro Ampのレビュー記事vol.1をアップ。全3回に分けて紹介します。ということで、WEBより引用です。


iRIg Micro Amp Vol.1【iRig Micro Ampを開けてみた】

IKマルチメディアのギターアンプ、 iRIg Micro Ampの試奏レビュー。全3回に分けて、ギタリスト/ミュージックトレーナーの井桁学が紹介。Vol.1は箱を開けてみてからの紹介編。初めてギターアンプを使う人にもおすすめの内容です。

1月9日(IKマルチメディア)

まだまだ絶賛筋肉痛。午前中から氷川台にジムでマーシャルアーツからのウエイトトレーニング。午後は撮影とレコーディング。

IKマルチメディアさんのSNSで、昨日アップした私のYouTubeの動画が共有されました。ありがとうございます。

すでに3回分の撮影済みで、今月中にすべてアップしていきます。

1月10日(Fulltone Collectionfor AmpliTube for Mac/PC)

午前中からスタジオワーク。今日のレッスンではギターのリードサウンドにOCDを使用。フルトーンは好きでライブでもレコーディングでもよく使っています。ピッキングのダイナミクスがキレイに表現できる歪みであり、タッチで音の太さなど音質を変えられるのがいいところです。

1月11日(KORG M1)

筋肉痛の朝。午前中からマーシャルアーツなど。レッスン用のトラックメイク。今回はコルグの音源を使用。やはりM1はワークステーションの代名詞である。以下、WEBより引用。

1988年に発売され、80年代末〜90年代前半のサウンドを決定づけた元祖ミュージック・ワークステーション・シンセサイザー「M1」。 

いち早く取り入れたワークステーション思想はもとより、PCM 波形とデジタル・エフェクターによる ai(advanced integrated)シンセシス・システムは完成されたプログラム/コンビネーション・サウンドを提供。PCM 音源でありながら、サウンドのリアリティのみならず、独特の響き、キャラクターをもったサウンドが、コルグのボイシング・テクノロジーの高さを知らしめました。「M1 Piano」というサウンドを確立したピアノ音色をはじめ、M1 でなければ出せない独特なサウンドと質感から、今なお世界中のミュージシャン/クリエイターに支持されています。

ソフトウェアでは、フィルター・レゾナンス、VDAモジュレーション、マスター・エフェクト・パートを合計18系統にパワーアップ。さらに、全19種類の M1 用 PCM ROM カードに加え、M1 の内蔵 PCM を拡張して発売された M1EX のサウンドと、M1 を進化させて登場した T シリーズのサウンドを追加。3,300のサウンド、34枚のカードを網羅した膨大なサウンドを搭載しています。

1月12日(1ヶ月ぶりのランサーと新年会)

ハワイいったり、仕事だったり、沖縄行ったり、新年会だったりで、全然参加できませんでしたが、1ヶ月ぶりのランサーに参加。久しぶりに走ったので、心肺機能が弱まっているなと思う。もうフルマラソンはないが、10キロ程度のマラソンやスパルタンレースはあるので練習しなければ…。

夜は新年会で焼肉 鶯谷園。から上野に移動してのカラオケ。毎度のコース。

1月13日(YouTubeアップ)

二日酔いな朝。相当気持ち悪い。午後からジムへ。バイクとマーシャルアーツをやる。やり終えてようやくお酒が抜けた感じ。

1月14日(KORG WAVESTATION)

昨日はほぼほぼ休肝日。12時に寝て6時に起きる、調子のよい朝。朝からレッスン関連のトラックメイク。午前中にジムへイン。フリーウエイトを1時間きっちりやって、バイクからのマーシャルアーツでフィニッシュ。午後からスタジオでレコーディング作業。KORGのWAVESTATIONを使ってみる。以下、WEBより引用。

1990年発売の、複数波形の合成/連結により新たなサウンドを生み出せるアドバンスト・ベクター・シンセシス・システムを搭載したシンセサイザー「WAVESTATION」。 

ジョイスティックによる4つのオシレーターのミックス/モーフィング機能、波形を順番に並べてリズムやメロディのシーケンス・パターンを組めるウェーブ・シーケンスなどの他にはない画期的な機能に加え、サウンド部は WAVESTATION の全 PCM を搭載し、オリジナル設計時の回路図を解析して細部のパラメーターまでソフトウェアで完全再現しています。ソフトウェアでは、WAVESTATION、WAVESTATION EX、WAVESTATION A/D、WAVESTATION SR というシリーズ全モデルをカバーする膨大なプリセットや波形、7種類のオプション PCM/プログラム・カードを搭載。トータル1,500を超える内蔵プリセット・サウンドとともに、大量に追加された PCM 波形とウェーブ・シーケンスがより多彩な音作りを提供します。

1月15日(YouTube撮影@supported byギタリストのための楽典)

私の時代の成人式だった日。あれからどれぐらい経ったか……、それは、心に留めておくだけにしておこっと…。午前中から、ジムでヨガ。昨日追い込んだので、コンディショニングメイン。戻って、事務所でスタジオワーク。

先日撮影したYouTubeでは、理論的な内容も解説いたしました。こちらは、「supported byギタリストのための楽典」として、紹介していきます…。お楽しみに。

\
  PHOTOGRAPH >>>  
      2019年12月 2019年11月
2019年10月 2019年9月 2019年8月 2019年7 2019年6月
2019年5月 2019年4 2019年3 2019年2 2019年1
         
HOME>>>

2018年DIARY

2014年DIARY
2013年DIARY
2012年DIARY
2011年DIARY
OLD DIARY>>>