7月、梅雨も明け猛暑日続き、台風も上陸。7月前半は先月後半見に行ったライブでの写真からスタートします。そして、中盤は沖縄へ。

ギタリスト、シンガーソングライター、ボーカリスト、クリエイター向けの個人レッスン/通信レッスンは引き続き募集しております。レッスン内容は、ギター演奏、作曲(コンポーズ)、編曲(アレンジ)、打ち込み(プログラミング)、音楽理論、アレンジ、音楽制作(DTM/DAW)などです。レッスンに関する質問などは、こちらのページのメールアドレスからお気軽にお送りください。

7月1日(小田和正さんと…)
朝から暑い日曜日。しかし、電車は寒いという現象で体は疲労する。午前中からジムへ。ランニングのためのウエイトトレーニングをしての山登りマシンで25度50度と斜度をつけてのはや歩き。1000m泳いで、バイクとスパルタンワークアウトでフィニッシュ。スパルタンレースとトライアスロンの練習を兼ねて。山登りの練習で左足首を痛めたようだ。夕方から池袋西武の屋上で外飲み、シャンパンやワイン。先日の小田さんのライブでの写真。
7月1日(角松敏生さんと…)
月曜日。とろけるくらいの暑さ全開。風邪ひいたみたいです…。昨日、プールでもらった感じ。足も痛いわで…。でも、プールでウォーキングから泳いでのカーディオトレ。午後からスタジオワーク。
先日の角松さんのライブ終演後の写真。角松さんと、コーラスとデュエットで参加したコアラモード.の2人と…。

7月3日(コアラモード.の2人と…)

連日の猛暑日。もう解けるような気温で…。外夫歩くのも困難なほど。午後からジムへ。足がまだ痛むので、無理をしない程度に。午後にスタジオを戻ってアレンジ作業。先日の中野サンプラザでの角松さんのライブで、コアラモード.の2人と久しぶりに再会。あんにゅちゃんは今回、コーラスやデュエット曲で角松さんのステージに2日間立っていました。やっぱり、20代のJ人達とならぶと、お父さん感満載になりますね(笑)。
7月4日(Syntronik Galaxy Based on Alesis Andromeda)

台風が上陸しているので、関東も曇り空。午前中に原稿書き。ライブレポートを書く。午後からジムでウォーキングとバイクと15%%斜度のトレッドミル。今日はあまり調子が乗らないよう。夕方からスタジオワーク。今回使ったシンセはSyntronik。

Syntronik Galaxyは、Alesis Andromedaのサウンドをベースにしています。2000年 から201年にかけて生産されたAndromedaは、16ボイスのアナログ。ポリシンセです。1ボイス辺りに2基のオシレーターを搭載し、それぞれのオシレーターは、サブオシレーターも備えていました。加えて複数の波形を切り替え可能で、矩形波ではパルス・ワイズ・モジュレーションも可能でした。
Oberheim OBシリーズ、Sequential Circuits Prophet-5、Roland Jupiterシリーズの精神を受け継ぎ、ユニゾン・モードも搭載していまし。しかしながら、Andromedaの際だった特徴は、2基のフィルターを搭載している点にあります。1基は、Oberheim SEMに似た2ポールのステート・ヴァリアブル・フィルター(状態変数型フィルター)、そしてもう1基は、Moog 904aモジュールに似たトランジスター・ラダー・ロー・パス・フィルターです。
Andromedaは、Alesisの創業者、キース・バールによって設計されたカスタム・オシレーターとフィルターICチップを搭載しています。極めて自由度の高いモジュレーション・ルーティング機能が、Andromedaを、同時期のアナログ・ポリシンセの中でも、最もフレキシブルで多用途に使えるシンセサイザーにしているのです。ナイン・インチ・ネイルズ、DJ ティエスト、クラウス・シュルツ、イエス、そしてペット・ショップ・ボーイズなどのアーティストらによって愛用されています。
総計 7.5 GB 以上のコンテンツ
総計 12,000 以上ものステレオ・サンプル
176 インストゥルメント

7月5日(Review)

台風接近のため、小雨な朝。今日は新譜5枚のレビューのため、聴いては原稿書き。初めて書く媒体。なので、知らないアーティストも半分ぐらいいました。

今日はジムは行きそびれてしまった。明日がっつり行こうを思う。

4枚のアルバムと1枚のシングルのレビューです。

Yasei Collective『stateSment』

jizue『ROOM』

CASIOPEA 3rd『A・KA・RI』

菅田将暉「ロングホープ・フィリア」

蓮沼執太フィル『アントロポセン』

7月6日(スパルタンレースシューズ)
今日はジムDAY。昨日行けなかったし、今日やることを昨日やったので、朝から夕方まで。途中、ラウンジで仕事したりしながら…。そして、今日は角松敏生さんのライブレポート〆切日。結局、ジムのラウンジで仕上げて送信。最近登場したいるシューズ。スパルタンレース用のシューズで、排水機能が装備されているそうです、作りも他のシューズとは違う。
7月7日(ランサー@東新宿)
西日本は大雨で大変なことになっているが、東京は雨は上がっている朝。午前中からジムへ。プールや格闘技、バイク、ビルドアップ走、カーディオからのランサーに参加。途中歩きましたけど、もうヘトヘトでした。
7月8日(ランニングシューズ)
日曜日。昨日の疲れなのか、薬のせいなのか体が重い。午後からジムへ。今日は先日のアンダーアーマーのシークレットセールで購入したシューズ2足のうちの1つをおろす。スパルタンワークアウトとウエイトレーニングと格闘技を。あ、気がつくとまたランニングやスパルタンレースなどのDIARYになってしまった…。
7月9日(サウンドデザイナー)

午前中から原稿書き。本日〆切りのライブレポートを仕上げ。午後からジムへ。プールからのスパルタンレース用のトレイルランからのバイクとスイム。スパルタンとトライアスロンの練習を同時にやっている。夜はなかなかタイミング合わなかったジムの人とご飯。


本日発売サウンドデザイナーでは、試奏記事とインタビュー記事が掲載されています。

7月10日(Review
明日〆切の新譜レビュー。4アーティスト分。

UVERworld『ALL TIME BEST』

ポルノグラフィティ「ブレス」

indigo la End『PULSATE』

SABANNAMAN『ADVENTURE』

 

7月11日(風邪が治らず…)

午前中から耳鼻咽喉科へ。風邪がなかなか治らず、ようやく見つけた医者へ。久しぶりに喉への吸引機治療。そして、驚くほどの薬のよう。急に年寄りにでもなった感じ。

午後からジムで格闘技だけやって事務所へ戻る。

7月12日(iRig Stomp I/O)

朝から調子が思わしくない。

iRig Stomp I/O。先日発売されたサウンドデザイナー誌でも試奏原稿を書きましたが、そのWEB完全版をアップしました。さらに、IKマルチメディアさんのTwitterやFacebookでもアナウンスされています。

写真をクリックすると、WEBの完全版にとびます。

夜はギタリストの大村孝佳さんの取材。

 

今年沖縄7月13日(いざ、沖縄へ)

朝早起きして、リムジンバスで羽田空港へ。8時半の那覇空港行きは満席。今日休めば4連休であり、海の日を絡めた最高の日程である。

空港でレンタカーを借りてからのホテルへ。今回はラグナガーデンホテル。

ライブ会場に歩いて行けるのでとても便利である。

思えば、今年沖縄3回目。1月、3月、7月と。今回も走るための用意はしてきたけど、暑さで走れるのだろうか…。

7月14日(小田和正雄ライブ@沖縄)

沖縄2日目、7時起き。3連休の初日。東京の方が暑いという。珍しく昨日は相当睡眠時間が取れた。朝食はホテルのビュッフェ。そのあと、北谷のゴルフ練習場へ。200球の練習。メインはアプローチ。サンドを中心に。その後隣にあったバッティングセンターへ。ブクロのバッティングセンターがなくなってから全然行っていないので、久しぶり。ここまで当たらないもの?と、空振りやチップばかりでまともなのは2.3球で程度という始末。まるで、走れると思って子供の運動会でお父さんがコケるパターンと一緒。ダメだわ…。


ホテル近くのA&Wへ。もとももハンバーガーを食べないので、A&Wでちゃんと食べるのは初。いつとTシャツ買うぐらいなもので。柔らかいバンズに驚き。こういうものなのねという印象。
ホテルでしばし休憩。プールサイドでオリオンビール。今回は読書しながらではなく音楽を聴きながら…。風が心地いい…。

夕方から今回の仕事であるライブ取材。まずは早めに行ってメンバーたちに挨拶。2002年からの付き合いなのでもう16年。最初に会って挨拶したのも沖縄でした。ライブは言うまでもなく最高のセットリスト。

7月15日(小田和正ライブ@沖縄2日目)

沖縄3日目、2度寝した朝。昨日の白ワインが残っているのか、少し朝食は少なめに。

昼から国際通りでのめざましテレビのイベントを観に行き、またまたA&Wでランチタイム。昨日とは違がうものを注文。ドライブインの店も、沖縄らしい。戻ってのプールで音楽を聴きながらのリラックスタイム。

夕方から小田さんのライブ取材。

7月16日(沖縄最終日はゴルフと熱中症)

朝早く起きて、糸満市のゴルフ場へ。よく行くコースなので勝手知ったるとこ。

しかし、暑さもあってか13ホール終わってダウン。熱中症。カートで横になっていながら5ホールは止めることに。少し寝てちょっと回復だけど気持ち悪い。

あしびなーのアウトレットを散策。あまりの暑さにかき氷。やはり体調が良くないので、休憩。早めに空港へ行き。マッサージからの食事、そこでももどしてしまう始末。

帰りの飛行機は50分の遅れとなり、結果羽田空港に着いたのは24:30。タクシーは長蛇の列。1時間ほどかかりそうなので電話で配車手続きて、25時過ぎに乗れた。帰ってなんだかんだで28時に就寝。24時間起きていたことになる。

7月17日(UVERworld『ALL TIME BEST』)
連休も終わり、仕事を朝から。先日、レコード会社からUVERworldの新譜が送られてきた、つい昨日新譜レビューかいた書いたのだが、初回限定盤なので、LIVE映像つき。今やナンバーワンロックバンドともいえるUVERworld。曲の振り幅、そして歌詞の世界感、女性だけでなく、男性ファンが多いバンドとしても有名である。
7月18日(indigo la End 4th Album『PULSATE』)

連日の酷暑に体が疲れきっている。40度って尋常じゃない。午前中に原稿書き。午後からジムでスパルタンレースの練習で15%傾斜でジョグと格闘技。


indigo la Endのアルバムは最高傑作だ。1曲目から持って行かれて、2曲目、3曲目と、凄すぎる。特に歌詞。


「ハルのいう通り」
バイバイ熱恋よ バイバイ熱恋よ
最果てまで一気に嵩む
たゆたうことなく一気にバイバイ
ためらうことなき恋傀儡
少しだけ泣いた

これはしびれましたね。才能が満ち溢れているというのはこういうこと。米津さんもサカナクションもラッドもそうだけど、予想を上回ると嬉しくなります。

7月19日(角松敏生ライブレポート@中野サンプラザ)

あまりにも暑い…。昨日の医者の薬の副作用か体がだるい。

今日は原稿〆切なので、午前中から缶詰です。

さて、昨日、角松さんのライブレポートがエンタメステーションにてアップされました。

写真をクリックすればサイトにとびばすので、ぜひご覧ください。

 


  PHOTOGRAPH >>>  

    2018年6 2018年5
 2018年4  2018年3
2013年DIARY
2012年DIARY
2011年DIARY
OLD DIARY>>>