7月後半はバケーションで、ハワイへ。今回はゴルフとビーチでの読書といつも通りのオフ。来月、ハワイでスパルタンレースが開催ということを知る。しかもウルトラビースト。参加したかったが、すでにソールドアウト。来年、参加したい。さて、個人レッスン/通信レッスンの受講を考えているかたは、レッスンページからメールにて質問など問い合わせください。

ギタリスト、シンガーソングライター、ボーカリスト、クリエイター向けの個人レッスン/通信レッスンは引き続き募集しております。レッスン内容は、ギター演奏、作曲(コンポーズ)、編曲(アレンジ)、打ち込み(プログラミング)、音楽理論、アレンジ、音楽制作(DTM/DAW)などです。レッスンに関する質問などは、こちらのページのメールアドレスからお気軽にお送りください。

  PHOTOGRAPH >>>  

7月16日(Sandbag Carry@AIZU SPARTAN RACE SPRINT)

午前中から献血。中々タイミングが合わず、先日、携帯の留守電に献血のお願いのメッセージが届いていたので、ようやく400ml献血。留守電では成分献血を依頼されていましたが、それはまた2ヶ月後にする予定。

終わって、池袋の街で買い物。マラソン用の骨伝導イヤホンが故障したので修理依頼したり、池袋の街を何度もいったりきたりして買い物終了。

今日、スパルタンレースの無料写真が公開された。今回はマルチリグ、キャッスルラン、サンドバッグの3点。

7月17日(HAWAIIへ)

今日はジムへ行ってラストトレーニング。

成田空港へ。今回は、ゴルフバックもあったので、リムジンバスで。ANAのラウンジでお酒を飲んで、シャワーを浴びてと、プレミアムラウンジで楽しみながら。

映画を観ながら、ハワイへ…。


7月18日(HAWAII 1日目)

ハワイへ到着。今回は、アウトリガリーフへ3拍宿泊。荷物をホテルに預けて、初日は恒例のワイケレアウトレットへ。

いつものブランドのいつものやつを買って、いつもの韓国屋台でカルビを食べて、戻ってホテルにチェックイン。夕方からボエジャー47クラブ・ラウンジでワイン三昧。酔い過ぎたのか、その軽食だけでベットで爆睡。

7月19日(HAWAII 2日目)

ハワイ二日目。2時半に目覚めるも、寝て起きると腰が痛い。明らかに寝すぎである。
ラウンジで朝食。午前中は、ホテルのプールサイドで読書。昼間、アウトリガーワイキキの1階にあるDUKE'S WAIKIKIへ。ハワイのコーディネーター、リンダさんとランチ。リーフと違い、アウトリガーはモアナサーフライダーの隣なので、ワイキキビーチが目の前。ビールや白ワインを飲みながら、ベイビーバックリブ。白ワインは最近ピノグリージョがお気に入り。

7月20日(HAWAIIへ)

HAWAII時間19日

ハワイ3日目はゴルフ。ロイヤルクニアという、去年行ったカントリークラブ。

7月21日(HAWAIIへ)

HAWAII時間20日

ハワイ4日目。ここのホテルは今日で終わり。チェックアウトして、観光へ。今回はKCCファーマーズマーケットへ行ってからのノースショア。いつものサーフ&シーや松本シェイブアイスなどハレイワタウンを散策。
夜はブルーノートハワイでライブを観る。

7月22日(HAWAIIへ)

HAWAII時間21日

朝からゴルフでハワイプリンスへ。景色がいいコース。ロストも多かったが、楽しめた。終わってホテルのプールで読書。

7月23日(HAWAIIへ)

HAWAII時間22日.

午前中にホテルのプールサイドで読書。今回はワイキキ中心に宿泊しているので、いろいろなところへ行きやすい.ランチはウルフギャングでハッピーアワー。シャンパンと赤ワイン、ステーキなどを食べる。夜はラーメン。

7月24日(帰国)

HAWAII時間23日。ホテルをチェックアウトしてタクシーにて空港へ。

成田空港到着。リムジンタクシーにて家路へ。

HAWAII最終日。朝にビーチへ散歩。タクシーで空港へ。今回ビジネスクラスであり、ANAのHONUに搭乗なので、ANAラウンジから直接入れる。朝食はラウンジでベジタブルカレー。ご飯を食べてから、赤ワインとソーダを飲む。搭乗して、映画を楽しみながら、赤ワイン三昧。ステーキはもちろんのこと、チーズやドライフルーツなどをツマミに8時間半ほど飲み続けて日本へ。

帰国。蒸し暑い東京。梅雨明けしたのか?と感じたほど。空港でWi-Fiルーターを返却して、リムジンバスで池袋へ。荷物の整理ができたところで、力尽きて、ベッドへ。19時だが、ご飯も食べずに就寝。

7月25日(Review)

起きたのは3時半。完全な時差ぼけの中、たまっている仕事をやる。夕方、一段落ついたのでジムへ。1週間ぶり。池袋のジムでマシンでウェイトやってバイク。今回の新譜レビュー。まだ残りはあるが、今日はここまで。東京スカパラダイスオーケストラ「リボン feat.桜井和寿(Mr.Children)」、神保彰『JIMBO THE BEST-KANREKI-』、平原綾香『はじめまして』、ランディ・ウォルドマン『スーパー・ヒーローズ』、久石譲『Spirited Away Suite』、八王子P『GRAPHIC』の6作品。

7月26日(AfterShokz TITANIUM)

4時半起き。まだ時差ボケなのか…。早起きしたので、仕事。先日修理に出したイヤホンが戻ってきた。新品との交換という。AfterShokz TITANIUM 骨伝導ワイヤレスヘッドホン 。

AfterShokz TITANIUMは特許取得済みの骨伝導技術とBluetoothワイヤレス接続により、耳を塞がずに快適に音楽を楽しめる骨伝導ワイヤレスヘッドホンです。

■耳を塞がない骨伝導ヘッドホン
本製品は、特許取得済みの骨伝導技術により、耳を塞がずに音楽を楽しむことができます。
耳をふさがないので環境音を聞き取ることができ、車や歩行者の接近に気がつくことができます。

■疲れにくいOpenFit™ デザイン
本製品は、これまでのイヤホンと異なり耳を塞がずに使用できます。
圧迫感や閉塞感が少ないので、長時間使用しても疲れにくく長時間でも快適に使用できます。
また、エクササイズなどの場合でも、耳が蒸れにくく心地よく使用できます。

■柔軟性と耐久性に優れたタイタニウムヘッドバンド
ヘッドバンド部分には、優れた柔軟性と繰り返し使用できる耐久性を兼ね備えた、チタニウムを採用。
チタニウムバンドは、ラバーコーティング処理されており肌触りも快適です。
また、丈夫なだけではなく、本体全部で約36グラムという超軽量に設計されています。

■PremiumPitch+™ 技術を採用したプレミアムサウンド
骨伝導ヘッドホンでありながら、広いダイナミックレンジと芳醇な低音を楽しむことができます。
PremiumPitch+™技術により、一般的なヘッドホンと同等のサウンドを実現しています。

■エクササイズも存分に楽しめるIP55防汗設計
製品には、IP55の防水規格を取得しており、エクササイズで汗をかいたり、小雨などにあっても安心して使用できます。

■Bluetooth 4.1 でマルチポイント接続も対応
マルチポイント接続に対応しており、複数のスマートフォンとペアリングが可能で電話の着信時にどのデバイスへの切り替えが可能です。

■iPhoneでバッテリー残量を確認
本製品は最大約6時間の連続再生が可能です。
バッテリーの残量をiPhoneの画面上で確認することができるので、視覚的にバッテリー残量を簡単に把握することができます。


7月27日(SURFACE LIVE TOUR 2019「ON 〜two as one〜」@恵比寿LIQUIDROOM)

6時半起き。少しずつ時差ボケ解消か。今日は夕方からSURFACEのライブ。11年ぶりのオリジナルアルバム。そして全国ツアーの初日。11年ぶりのツアー。そのツアー初日の恵比寿LIQUIDROOM。久しぶりだなぁ…、この場所。
バンドが変わっていたので、音がタイトになって、タテノリのビートが強調された印象でしたね。今までのSURFACEらしい横のグルーブのバンドアンサンブルも好きでしたが、攻撃的なタイトなビートもカッコよかったです。

7月28日(約1ヶ月ぶりのランサー)

6時半起き。雨模様だが、ランサーの時間は止み、1ヶ月ぶりの参加へ。湿度が高く、暑い。気持ち悪く環境化でのラン。5キロだけ走って終了。終わって、ウエイトやカーディオ、マーシャルなど久しぶりのガッツリトレーニング。

7月29日(月刊エレクトーン)

ようやく梅雨明け。解けるような暑さ。外にいたらまずい気温だ。今月発売中の月刊エレクトーンの見本誌が送られてきた。今回はCASIOPEA 3rdのインタビュー記事と鷹野雅史さんのライブレポートが掲載されています。

7月30日(リハーサル)

今日も暑い朝。外に出るとひとたまりも無いほど。午前中からジムでトレーニング。バイクとマーシャルアーツのみ。まだ筋肉痛がとれていないので、キツいキツい。午後事務所に戻って、今日のリハの準備。夜は渋谷のスタジオへ。10月にやるライブにゲスト出演するための1回目のリハ。ただ、全然練習する時間がとれなかったので、ジャムセッション的に参加。今回はフェイザーとワウが大活躍の予定。

7月31日(今月後半のお酒達…)

午前中からジムへ。昼に戻ってきて、仕事の〆切がようやく落ち着いたので、ようやくバンドの練習に入る。というか、譜面書きからスタート。今月後半のお酒たち…。

  PHOTOGRAPH >>>  
      2019年7 2019年6
2019年5 2019年4 2019年3 2019年2 2019年1
         
HOME>>>

2018年DIARY

2014年DIARY
2013年DIARY
2012年DIARY
2011年DIARY
OLD DIARY>>>