4月25日〜5月11日まで、3度目の緊急事態宣言がが発令されました。今回は飲食店のお酒提供がなしに。そして、デパートや映画館なども休業。ジムも休業になったのは痛かったなぁ…。なので、ゴルフを1年3ヶ月ぶりにプレー。

ギタリスト、シンガーソングライター、ボーカリスト、クリエイター向けの個人レッスン/通信レッスンは引き続き募集しております。レッスン内容は、ギター演奏、作曲(コンポーズ)、編曲(アレンジ)、打ち込み(プログラミング)、音楽理論、アレンジ、音楽制作(DTM/DAW)などです。レッスンに関する質問などは、こちらのページのメールアドレスからお気軽にお送りください。

  PHOTOGRAPH >>>  
4月16日(アレックス・スコルニック From AmpliTube5 Preset)

AmpliTube5の追加プリセットは、スラッシュメタル・バンド「テスタメント」のリード・ギターとして、さらにはジャズ/フュージョンの奏者としても評価の高いアレックス・スコルニックです!

4月17日(ウクレレでレコーディング)

久しぶりにウクレレを弾く。

ギターで弾くストロークパートをこれで。

あれ、意外とウクレレの方がコード押さえるの難しくなっちゃった

 

4月18日(桑原あいさんインタビュー)

ジャズ・ピアニスト、桑原あいさんのアルバム『Opera』のインタビュー記事が掲載されています。

初のソロピアノアルバム。iTunes Storeのジャズ・チャートで早くも1位を獲得。

幼少からエレクトーンをはじめコンクールで全国1位獲得し、オリジナルでも1位を獲得。その後、ピアノへ転向して、演奏方法の違いで悩み、独自の体で弾くスタイルを確立。指先ではなく、手、手釘、腕、肩とつながっている先の肩甲骨で弾くそうです。
スティーヴ・ガッド(Dr)やウィル・リー(Ba)とトリオで演奏しているほどの実力派。
このアルバムは名盤ですよ。
リフを再構築した斬新な「リヴィン・オン・プレイヤー」や忌野清志郎さんの歌い回しで弾いた「デイドリーム・ビリーヴァー」など有名曲もカバー。
とはいえ、圧巻はM1「ニュー・シネマ・パラダイス」。泣けます。そして、「レオノーラ愛のテーマ」もおすすめ。

1.ニュー・シネマ・パラダイス (エンニオ・モリコーネ)
2.リヴィン・オン・ア・プレイヤー (ボン・ジョヴィ) シシド・カフカ 選曲
3.レオノーラの愛のテーマ (アストル・ピアソラ)
4.ロロ (エグベルト・ジスモンチ)
5.ワルツ・フォー・デビイ (ビル・エヴァンス) 立川志の輔 選曲
6.星影のエール (GReeeeN) 山崎育三郎 選曲
7.ゴーイング・トゥ・ア・タウン (ルーファス・ウェインライト)
8.ミスハップス・ハプニング (クアンティック) 社長(SOIL&”PIMP”SESSIONS) 選曲
9.エヴリシング・マスト・チェンジ (クインシー・ジョーンズ)  平野啓一郎 選曲
10.ザ・バック (桑原あい)
11.デイドリーム・ビリーヴァー (ザ・モンキーズ)

 

4月19日(指弾きに挑戦!Ver.5〜 II-Vにチャンレジ2~)

指弾き(フィンガーピッキング)に挑戦する第5弾。
II-Vにチャレンジする2回目。今回は6弦ROOTのII-Vを弾く。
基本的なコードフォームとベース音を弾くようなときに使えるフォームなどをギタリスト/ミュージックトレーナーの井桁学が解説。
応用系として、テンションノートを入れるコードフォームも紹介。ボサ・ノヴァやジャズなどでよく使われるコードフォームです。慣れるまで難しいかもしれませんが、チャンレジしてみましょう!

指弾きに挑戦!Ver.5〜 II-Vにチャンレジ2~
【井桁学のギターワークショップVol.114】

 

4月20日(Calmeraインタビュー)

2019年の11枚目のアルバム以来の取材。結成 15 周年に放つ、豪華アーティスト達が集結した 12 枚目のフルアルバム。 オジリナル、カバー、ボーカリストとのコラボ、この3本柱でより濃密な楽曲15曲を収録。前作も最高にかっこよかったけど、今回も最高傑作である。

4月21日(撮影完了!)

昨日撮影したコピーシリーズVol.6のVer.1。指弾きシリーズでアルペジオとストロークを。超初心者向けの内容。とりあえず、編集はまだ先かな。

4月22日(ヴィニー・ムーア AmpliTube 5プリセット)

UFOやアリス・クーパー・バンドへの参加で実績のある、ネオクラシカル系ギタリスト、ヴィニー・ムーアのAmpliTube5の本人プリセットがダウンロードで無料公開。

4月23日(試奏レビューシリーズ iLoud Micro Monitor Ver.2〜接続してみた)

iLoud Micro M onitorの試奏レビュー第2弾。世界最小クラスのリファレンス・ モニター・システム、iLoud Micro Monitor限定版のホワイトカラーモデルを使っての試奏レビュー。
第2弾は接続しての音楽制作/音楽鑑賞などそれぞれのシーンでのサウンドチェックをギタリスト/ミュージックトレーナーの井桁学が解説。
長くなっていましたので、チャプターを見ながらゆっくり御覧ください。
第1弾「箱を開けてみた」は以下の試奏レビューシリーズのバックナンバーより御覧ください。
ブラックカラーモデルは、WEB「井桁学のギターワークショップ」で試奏レビュー済。

試奏レビューシリーズ iLoud Micro Monitor Ver.2〜接続してみた【井桁学のギターワークショップYouTube編Vol.115 】

4月24日(明日から緊急事態宣言です…)

明日から酒類を提供するお店は休業とのことで、ラストにブクロのいつもの焼肉屋へ、酒を飲みながら肉を喰らう。こんなこともできなくなるとは…。店長に聞いたら、酒を出さないで時短営業するという。大変だよ、まったく。

4月25日(3度目の緊急事態宣言)

私の通っているジムは明日から休業とのこと。

ということで、今日で東京のジムはラスト。

マーシャルアーツとダンスだけをやりに王子へ。サンドバッグではなく、アクアバッグに思いっきりパンチをしてやった。グローブの中の手が痛くなるほどね。とりあえず2週間はできないからね、そんな恨みもこめて(笑)。思いっきりやってきた。

4月26日(旅立ちます)

今回はウクレレを持って。1年3ヶ月ぶりに旅立ちます

4月27日(ウクレレ)

海沿いでウクレレをプレイ。心地よい風とウクレレの音がマッチ。

4月28日(ウクレレ)4

今日もウクレレをプレイ。

4月29日(Ace from Skunk Anansie )

AmpliTube5 の追加プリセットは、英国ロンドンのロック・バンド、スカンク・アナンシーのギタリスト、エース本人によるものが公開されました。

4月30日(今月のお酒達)

今月のお酒達。今月もお店での飲みは少ないのんですが。いいワインを店に持ち込んだりして飲みました。

2021年3月 2021年2月 2021年1月 2020年12月 2020年11月
2020年10月 2020年9月 2020年8月 2020年7月 2020年6月
2020年5月 2020年4月 2020年3月 2020年2月 2020年1月
    HOME>>>    
2019年DIARY

2018年DIARY

2014年DIARY
2013年DIARY
2012年DIARY
2011年DIARY
OLD DIARY>>>
  PHOTOGRAPH >>>