7月後半、危険なくらいな暑さ。40度超えって。4年ぶり香川県へ。暑すぎて、走れないし、神輿も担げないほど。ちゃくちゃくとスパルタンレースの練習をしているが、12月に仙台のスタジアムで開催される。たぶん行くんだろうなぁ…。

ギタリスト、シンガーソングライター、ボーカリスト、クリエイター向けの個人レッスン/通信レッスンは引き続き募集しております。レッスン内容は、ギター演奏、作曲(コンポーズ)、編曲(アレンジ)、打ち込み(プログラミング)、音楽理論、アレンジ、音楽制作(DTM/DAW)などです。レッスンに関する質問などは、こちらのページのメールアドレスからお気軽にお送りください。

7月19日(角松敏生ライブレポート@中野サンプラザ)

あまりにも暑い…。昨日の医者の薬の副作用か体がだるい。

今日は原稿〆切なので、午前中から缶詰です。

さて、昨日、角松さんのライブレポートがエンタメステーションにてアップされました。

写真をクリックすればサイトにとびばすので、ぜひご覧ください。

 

7月20日(Tom Lord-Alge)

トム・ロード・アルジ、T-RackS 5新作プリセット100種以上を公開されました。
T-RackS 5単体モジュールで使える、グラミー賞エンジニアのノウハウが詰まったシグニチャー・プリセット。
前回ドラムやボーカルなど、各トラック用のプリセットを作成してくれたトム・ロード・アルジ。そんな彼が今回は、T-RackS 5単体モジュール用の100種類以上のプリセットを作成。今回はボーカルはもちろんのこと、ドラムの各キット単体のためのプリセットやミックス・バスに至るまで、様々な楽器のために入念にデザインされており、簡単かつ即座にプロフェッショナル・サウンドを得ることができます。

トム・ロード・アルジは、トータルで3度のグラミー賞を受賞したミキシング・エンジニアです。メジャー・プロジェクトとしては、スティーブ・ウィンウッドのアルバム「Back In The High Life」が挙げられます。この作品を含め、トムはスティーブ・ウィンウッドのアルバムで、2度のベスト・エンジニア賞を受賞します。そして1999年。サンタナのアルバム「Supernatural」で3度目のグラミー賞を受賞します。その他にも、ピーター・ガブリエル、コールドプレイ、デイヴ・マシューズ・バンド、ウィーザー、ローリング・ストーンズ、U2、P!nk、マリリン・マンソン、Blink 182、ONE OK ROCKなど数えきれないほどのアーティストの作品に、彼のミキシングにおける熟練の経験とクリエイティビティで貢献しています。

7月21日(真夏のランニングサークル)

暑い朝。午前中からジムへ。格闘技からのストレッチ、プールからのランサー。真夏のランサーはかなりこたえる。戸山公演まで行ってのランニングと途中、スパルタンレースの練習も兼ねて。とにかく、暑くて、通常3周走るのも2周で終了。やはり暑い時に走るのはかなり厳しい…。夜は仲のいいジムの人とご飯。

7月22日(月刊エレクトーン)

日曜日。暑い。午前中から急用が入る。午後からジムへ行こうかと思って荷物持って出たが、やめておく。とても外出ちゃダメな気温。

コードブルー2ndシーズンを5枚借りてきたので、今日中に10話見る。そして、疲れる…。

さて、今回執筆した新しい月刊エレクトーン。

7月23日(Beats Series Instrument Collection Nanotube)

今日も相変わらず暑く、外は危険。午前中からいつものルーティン作業。個人レッスンと通信レッスン。オケの打ち込みのBeats Series Instrument Collectionを使う。午後からジムへ。外へ出るだけでとけそう…。プールからのウエイトトレーニングとバイクとランでフィニッシュ。

Beats Series Instrument Collection Nanotube

8種類のコンストラクション・キット、12種類のドラム・キット、MIDIパターン、オーディオ・ループ、ワンショットなど、未来的サウンドのEDMトラック制作のためのコレクション。
Beatsシリーズは、流行の先端を行くグルーヴ制作のための即戦力となるオーディオ・ループとMIDIパターンを収録した4タイトルからなるSampleTank 3用拡張サウンド・ライブラリーのラインアップです。オーディオ・ループとMIDIパターンを組み合わせることで、より自由度の高いエレクトロニック・ダンス・ミュージックのトラック制作が可能になります。

7月24日(AmpliTube)

少しだけ和らいだ暑さの朝。昨日の40度超えとは異常すぎる。午前中レッスン関連の作業。午後はジムで1時間ほどカーディオとウエイト。事務所に戻って個人レッスンでギターサウンドメイキング。AmpliTudeで音作り。夜はジムで2本レッスンを受けてくる白ワインな夜。行きつけの店で飲んでいたらゲリラ豪雨になったので、止むまで飲む。ついついボトル2本…。湿気がすごい25時。

7月25日(SPARTAN RACE @SENDAI STADIUM)

今日の朝は涼しいと感じるほど。いやいや暑いんだけど、40度だった日の朝の気温ではないということだけ。やはり、筋肉痛。午前中からレッスンでスタジオ缶詰。午後からジムでマーシャルだけ。午後からスタジオワーク。

スパルタンレースが次回、仙台で開催。アジア初のスタジアムで開催決定。

7月26日(今月のお酒たち…)

今日も涼しく感じる朝。午前中から個人レッスンと通信レッスン。午後から氷川台のジムへ。トレッドミルでランニング。今月のお酒達です。

7月27日(Go! Go! GUITAR)

昨日よりも涼しく感じる朝。それでも30度ぐらいなので暑いはず。ジムでトレーニング。夕方からスタジオ缶詰。今日届いたGo! Go! Guitar。。

7月28日(香川県へ 金刀比羅宮〜高松〜さぬき市野外音楽広場テアトロン)

朝からリムジンで羽田空港へ。台風の影響もあったので心配したが、なんとか大丈夫そう。ラウンジで朝食をとりながらビールと焼酎の水割り。

高松空港は4年ぶり。まずは、金比羅山へお参り。石段はきついけど、暑くないのが良かった。高松のホテルへ向かい。タクシーでさぬき市役所へ。ここからバスで志度へと向かう。タクシーの運転手が道を間違えるという、信じられないことが起こる。さぬき市役所までと言って、だいたい30分ぐらいと言われて、30分経ってもつかないのでグーグルマップで調べると、まだ28分もかかると表示され、場所も全然近くない。このままだとバスの発車時間に間に合わないかもしれない。30分と言っていたのに1時間かって、ギリギリさぬき市役所へ到着。そこから、また30分ほどかけて、さぬき市野外音楽広場テアトロンへ。小田さんのツアーでは2年前のツアーでは行かなかったので、4年ぶりである。ここのロケーションは最高。小豆島など瀬戸内海をみながらのライブ。夕日もキレイで。そして最後の花火も最高だった。

7月29日(台風一過からの栗林公園へ)

起きるとちょうど香川県に台風が来ている。どのみち今日はオフ。ホテルで待機。9時頃まで雨と風ですごい。11時ごろには雨も止んだので、商店街へ。何キロもアーケードになっているので、とっても便利。昼はうどん。ひやかけ小とじゃこ天。

そのまま歩いて栗林公園へ。公園内を約2時間ほど歩いて。また歩いて高松丸亀町商店街へ。15時から祭りがあるので、チケットを買って生ビールからのレモンサワー2杯。枝豆やソーセージ、鳥にんにく焼きなどで1時間ほど飲む。

高松駅まで歩いてお土産を購入。

夜は高松ホテル近くの徳島ラーメンの店で餃子とライスのセット。この麺王という店、美味しかった。食べ終えて信号待ちしていたら店の人が替玉or味玉orソフトドリンクの無料券を渡される。うーん、次来るの何年後だろう…。ホテルへ戻って風呂入ってからの部屋飲みは白ワイン。

7月30日(高松から東京へ)

朝から高松空港へ。ラウンジでオレンジジュース。プレミアムクラスなので、シャンパンからスタート。朝食は和食で赤ワインに。羽田空港について、そのままジムでプール1時間ほど。戻って、溜まっている仕事。スタジオに缶詰。

7月31日(散歩@要町から椎名町の千早長崎コース)

朝から散歩を1時間。豊島区のジョギング&ウォーキングマップからの要町から椎名町の千早長崎コース。近所だけど住宅街なので道に迷いながらも少し遠回りしてコースに戻る。

午後からジムで1時間ほど、ボクシングとウエイトトレーニング。夕方からギターレコーディング。


  PHOTOGRAPH >>>  

  2018年7 2018年6 2018年5
 2018年4  2018年3
2013年DIARY
2012年DIARY
2011年DIARY
OLD DIARY>>>