フラットの状態だとクランチ・サウンドになるが、歪みつまみをフルテンにすると王道ロック・サウンドの歪みが得られる。設定によってはファズ・サウンドにもなるが、トーン幅が微妙なため、初心者には使い方が難しい。ギターとアンプのマッチングを考えいろいろなセッティングで試すことをすすめる。

 

 音圧がとてもあり、豊かな倍音とツブの大きな歪みが特徴。ファズの良い部分がでたエフェクターといえる。サイケな音楽に向いて、単音などのソロ・フレーズなどに絶大な効果がある。歪みツマミをフルにするとダイナミックなファズ・サウンドが得られる。中域を中心としてバランスのとれた歪み。

 

 コンボタイプのアンプの歪みを彷彿とさせる。フラット状態ではオーヴァードライブに近いが、フルテンにすることでブーストしたディストーション・サウンドが得られる。トーン幅は広く、サスティーンも長い。ポップス、ロック向きのエフェクターだ。全体に歪み成分は抑えられている。

 

 キメが細かい伝統のファズ・サウンドだ。ドライブ幅も非常に広く、ヴィンテージ・ファズからデジタルチックなサウンドでサイケかつインダストリアルよりのサウンドが再現できる。シングルコイル・ピックアップとの相性も良く、倍音とサスティーンはこの上なく心地よい体感が得られる。

 

 ハイゲイン・アンプのようなディストーション・サウンドが特徴で、フラット状態ではシングルコイルとの相性が抜群。歪みの幅はそれほど広くないが、フルテンにした状態だとディストーション+ブースターと同じような長いサスティーンが得られる。ジャンルを選ぶことなく広範囲で使えるだろう。

 

 斬新な形で有名なファズ。つまみもシンプルであるが、幅が広いためサウンド・バリエーションは豊富である。トーンも中域から低域にピークがある。ただ、このエフェクターはある程度ジャンルなどが決まってくるため応用は難しいが、ファズのエフェクト処理を最大限にいかしたサウンドが味わえる。
戻る