――ところで、バンドはやってないの?
MARTY:ホントにバンドには入りたいけど。バンドがあれば入るけど、待ってる内に僕のソロアルバムを自分で録音して発売して、日本、アメリカ。ヨーロッパでライヴするつもりです。今回のソロ・アルバムは、今までで一番満足できたと思う。レコード会社からの反応が思ったよりずっといい。メジャーのレコード会社がいっぱい気に入ってくれて、ホントにビックリするくらい反応が良い。バンドに入れたら嬉しいけど、ソロの活動でもOK。日本のアーティストとコラボレートするのも良い。アメリカのミュージシャンと考え方を比べたいから、日本のミュージシャンにはすごく興味が深いんですよ。それに日本の音楽の方がずっとアメリカの音楽よりも興味がある。雰囲気が好きだし、音楽のセンスもおもしろい。日本の歌手はちゃんとメロディーを歌うでしょう? あと、日本のプロデュースのやり方も、すごくクリーンでおもしろい。ただ、曲作りに対してはすごい伝統的なんだけど、いろんな音楽との融合が大好き。邦楽のどこか分からないけど、とにかく日本の音楽のどこか入りたい。日本のバンドに入ってもOKだし、日本のアーティストとのコラボレートか、何でもOK。だから最近、何回も日本に来たりしている。
――ソロ・アルバム出してのツアーは初めて?
MARTY:そうですね。やったことない。楽器フェアみたいに、生演奏やクリニックはしたことあるけど。そういうバッキング・トラックと一緒に演奏するのはもちろん、やったことあるけど、バンドで僕のソロ・アルバムの音楽やったことないから、それは楽しみですね。
――それも来年以降に考えてるんだ。ところで最近、日本の音楽で気に入ってるのは?
MARTY:なにもかも好きだよ。でも、つんくがプロデュースした音楽はけっこう不思議(笑)。
――え、何? マーティーはモーニング娘。とか聴いてるの?
MARTY:聴いてるよ(笑)。
――ホントに(笑)?
MARTY:聴いてるし、僕のアメリカ人の友達にも聴かせてる。最初の印象は「何だ、これ」。でも2回目からは「これは天才」。うん、すごいコード進行がおもしろいし、ビートも何回か変わってるのに全然感じない。ホントに流れる感じだよね。例えば松浦亜弥の曲とか。
――知ってるんだ(笑)!?
MARTY:ストレート・ビートじゃないでしょう? それでいて全然ブツ切りしたビートという感じじゃない。とてもいい流れ。技術は信じられないくらい高いのに、ホントに聴きやすい曲が作れるでしょ? 最終的には、それはいい曲といえる。それにメロディーが頭に来るところ、それも不思議なところ。
――そういう研究してる?
MARTY:研究してる、してる。ある程度僕のソロ・アルバムにも影響されてるんだよ。でも、どこにあるか見つけにくいかもしれないけど。そうやって日本のポップスのセッションを覗きたいと思う。入りたいよ。日本のロックでも、B'zやGLAYはとても好き。ロックのやり方は、アメリカのロックと全く違うからそこがおもしろい。ノート・チョイスて、前に言ったけど、ノート・チョイスておもしろいよね。「どうしてそのノートを選びましたか?」と聞きたい(笑)。
――ほかに興味を持っているアーティストはいます?
MARTY:でもポップスなんかではブリグリとか?
――知ってるんだ(笑)!?
MARTY:知ってる。それにhitomiとか。浜崎あゆみも曲が大好きだし、コンビニに入れば、必ず綺麗な音楽がでてくる。それ不思議。アメリカの音楽だったら、10曲のうちに1曲しか好きじゃない。アメリカだと雰囲気だけが大切だけど、日本は全部を大切にしている。アメリカはトレンディーだったら、それだけでヒットになる。でも日本だったらもっといろんなものが入ってる。イメージとか曲作りとか、プレイとか、声の個性とか、歌詞とか。全部が大切だよね。
――今、アメリカの音楽シーンはどんな感じなんですか?

MARTY:うーーーん、新しいニルヴァーナを待ってる、っていう感じ。新しくていい音楽がある。とてもヘルシーな時期ですよ、アメリカは。日本とは比べられないけど、アメリカとしては5年前よりずっといいと思う。ロックでもポップスでもダンスでも。とても良い状態になってきた。
――そうですか。長い時間のインタビュー、ありがとうございました。

 

お知らせ
会員の方にはスペシャル企画として、マーティー・フリードマンからのメッセージ・ ビデオと、このインタビューの一部音声(mp3)が聴けます。近日公開予定です!……。

ALL TEXT:MANABU IGETA
WEB DESIGN:JUNKO BABA
SPECIAL THANKS:
OHNO TOMOICHIRO(BOSS Corporation)
Roland Corporation