上級理論講座2

vol.2:コード・プログレッション>page.7

vol.2-7 コード・プログレッション

そして、次に代理コードを加えたパターンで考えてみましょう。

(4)代理コードでサウンド変化を その2
代理コードの譜面画像

の裏コードには著書でも書いたとおりリディアン7thを使うといいでしょう。しかし、それ以外を使ってはいけないわけではありません。
行き着く先はCメジャーなので、メジャーへいくスケールなら大丈夫ですよ。


さて、今回はここまでです。
ギタリストのための楽典」を読んだ方には復習的ではありますが、理解したでしょうか?

次回は実際のコード進行を使って、スケールやテンション、アボイドを考えていきたいと思います。もちろん、次の更新は早めにしますので、期待していてくださいね。

(c)2000 MANABU IGETA

Back    Next
copyright(c) 1998-2002 MANABU IGETA ALL RIGHTS RESERVED.