まず、最初はAm7とD7の2つのコードだけのバンプ。
 これは、一般的に、Gメジャーのツー・ファイヴととらえて弾くことが多いです。こういった時のカッティング・パターンとして1のようなものがあります。これは、フレーズ的にウラを強調したフレーズです。弾くときに、オルタネイト・ピッキングで、さらにアップ・ピッキングを意識して弾くようにするといいでしょう。この2小節パターンで共通している部分は1拍目です。A音とG音のみの16分符ですが、Am7ではROOTと♭7度(m7、短7度)にあたり、D7では、5度(P5、完全5度)とsus4になります。