続いてはテヌートとスタッカートを使い分けたカッティング。音を短く切る(スタッカート)と音を目一杯伸ばす(テヌート)である。最初の1,2小節目はスタッカートのカッティング。表記上は付点8分音符だが、スタッカートがつくことで、16分音符の感覚になるのだ。この音を切っているのは、左手の力加減ひとつだ。コードを押さえている左手の力を抜けば音が切れる。3,4小節目はテヌートなので、付点8分音符をしっかりのばしておくこと。テヌートとスタッカートのメリハリがつくようにするとよい。(譜面をクリックすると拡大画面が見られます)