さて、今度は8小節のコード進行にカッティング・パターンを考えてみよう。Key=Eのコード進行。コードをただ押さえてカッティングするのも1つだが、もう少しクリエイティブに考えてみると、トップノードの移動を少なくしたり、効果的に高域を強調させるのが一般的なカッティング・パターンとなる。少し、理論的なことを話そう。Key=Eにおいて、I△7-I7-IV△7-IVm7が4小節間。トニックのI△7からIVへ行くためのセカンダリー・ドミナントのI7となる。そして、行った先はIVはサブドミナント。IVm7はサブドミナント・マイナーだ。そして、またI(on3rd)-♭IIIdim7-IIm7-IIm7(onV)となる。まぁ、一般的なコード進行の一つで、8小節の循環コードである。(譜面をクリックすると拡大画面が見られます)


さて、同じリズム・パターンで単純なカッティング・パターンとなるとこうなる。コード通しの連結を考え、さらにトップ・ノートをあまり動かさないようにしたパターンになっている。ブラッシングと実音のメリハリをつけ、特に実音での弦のヒットは確実にすることが必要だ。主に1〜3弦の省略コードを弾いているのに注目。ルートを省略したり、コード構成音でベースが弾きやすい音を省略することはとても多い。8小節目のコードはB7の感覚でポジションをとっている。(譜面をクリックすると拡大画面が見られます)