これは、スライドやチョーキング、プリング、ハンマリングなどで、同じフレーズニュアンスを変えて弾く。(譜面5

これが、のちのちアドリヴ・プレイに不可欠になるアイディアになってくる。