今回はソロ・ワークに関して解説していきましょう。まずは、指ならしとしてフレーズ1。これは、わざとストレッチになっている。人差し指、中指、小指をつかっているパターン。3連のリズムにあうようにすること。注意することは指をバタつかせないことだ。そこを意識して弾くと速弾きにも対応できる左手が鍛えられる。 (譜面1)