最後は今のフレーズ4を発展させた形。同じフレーズが続いたりするので、ハシらないようにリズムにあわせること。当たり前だがするときに基準となるもの(メトロノームやリズム・マシン)のあわせよう。そうしないといつまでたっても上達はできない。より、カッコよく聴かせたいなら、低音弦(4弦から6弦)はブリッジ・ミューとしながらだんだんオフにしていくとよりスリリングなフレーズとなる。やってみてね。